スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
まぼろしハワイ
まぼろしハワイ

一昨日は奈良へ、日帰り診察の1日。
手術が少し早まったので、詳しい検査のため。
往復の電車の中で読もうと、よしもとばななさんの本を1冊。

「まぼろしハワイ」。
泣けました。
なんでこんなに泣けるのか、というくらいに、涙が出て、鼻水も出て、
平日の静かな車内で、病院の待合室で、ぐしゅぐしゅ、やってました。
ハワイのやさしい風が、私にも吹いたのかな。

ばななさん、あとがきでは、この作品を5年もかけて書いた、と。
なんかうなずけました。伝わってきました。
とても丁寧だったもの、細やかな表現が。

私って、
時々、もんのすごく神々しいような、清いような、
目に見えないチカラや道理に触れたくなるかと思えば、
時々、もんのすごく現実的で、俗っぽいものや煩悩の類に触れたくなる…。
いつも、この波が交互にやってくるのだけど、
このまぼろしハワイは、私にちょうどいい具合に両方のものが中和していて、
読み終わった時には、
もう、どちらかに傾かなくたっていいし、傾いたっていいし、
なんの理屈もなく、その時その時の感情を味わいきれば、ニンゲン、それでよし…
みたいな気もちになっていました。

もしかして、神の世界と現実を心地よく融合させていく難しさで、
ばななさんは5年費やしたのかも、なぁんてね。
多分違うような気ぃする、いつもの知ったかたったったーの知ったかぶり(笑)

さて、おかげ様で術前のいろいろな検査は無事終わり、
3時頃に会計を済ませて、駅へ。
ゴハン食べるひまもなかったので、おなかはぐー。
中年オンナがひとりでゴハン食べても自然に馴染むような、
欲を言えば、ちょっとしたcafeでもないかしらん、と探すけど、
あいにく見当たらない…。
いわゆる昔ながらの喫茶店もあったけど、常連さんらしき人が、
ママさんと馴れ合いの雰囲気で談笑しているのが、
開け放したドアから見えたので、尻込み…。

ではでは、駅構内にある店で、おそばをすすることにしよう、と。
カウンターしかない、イスありの立ち食いそば、スタンドバーみたいな雰囲気。
隣ではサラリーマン風のおじさんが、
おでんを食べながら、おかんしたお酒でいっぱいやってました。
「ひとりでおそば、なんて、しょっちゅうですわ、慣れてるの、ほほほ」
みたいな、フツーな顔、装って入ったけど、実は内心どきどき。

こういうのんが、いつか平気になって、
こうやって、強いオバチャンになっていくんだろか。
サービスエリアのおトイレ、混んでたら、
「ちょーっとごめんなさいねー」って、
男便所のおっきー方で用を足せるようになっちゃうんだろか(笑)

はて。
41にして、ちょっと「ひとりそばや」したくらいで、
こんなふうにあれこれ思う私の感覚は、
フツーなのか、それとも、箱入りレベルなのか。
いずれにしても、今まで夫に守ってきてもらっているってことなんだろうなぁ…。
あぁ、守られてきていることに感謝だなぁ。
今回こういう経験ができたことにも感謝だなぁ。

11月になったら、3週間弱、ひとり離れて奈良で入院、も待っていて。
子どもは夫の実家に世話になります。
慣れない子どもらの世話をしてくれる、おとーさん、おかーさん。
待ってくれている子どもたち。
いつも以上の親の役目と、子どもの役目と、夫の役目に
エネルギーを消耗するだろう夫。
お世話かけちゃう職場やまわりの方々にも、より一層、感謝です。


関連記事
スポンサーサイト
10/25 16:41 | 「読」「観」「聴」 | CM:10 | TB:0
*鈴さんへ*

ばななさん…
やや冷たい雰囲気、って、少しわかる、わかる。
鋭い、っていうか、容赦ない、っていうか?
ばななさんも、お子さんを持って子育てすることで、
初期の頃よりも変わってきているのかもしれないですよね。
(出た、知ったかちゃん!・笑 
 …しかしまぁ、エラソーにぃ!)
鈴さんの感想も、ききたぁい♪
(あぁん、近かったら、いくらもお貸しするのにぃっ!)
是非、きかせてねー^^

入院…
いろいろ、温かい、泣けることばをありがとう。
なんだろう…ことばのチカラってすごいね。
本当に、治そう、治してやるーって気になるもの、
こうして、鈴さんやみんなに励ましてもらうと。

>megさん、私↓皆さんのコメント拝見して、少し泣けてしまいました。
>ヘンですよね。自分へのコメントではないのに・・・。

私こそ、ここを読んで泣きそうになりました。
鈴さんのやさしい感性を想って。
鈴さんの人柄を想って。

>どなたのコメントも「心の底からの深くて丁寧な言葉」

…ですよね。まさに、まさに。
私、驚いていたところです、実は。
ここにコメントを寄せてくださる方、
それぞれの立場で、それぞれに紡いで下さったことば。
勿論、鈴さんも含めて、それぞれが少しずつ角度が違うのに、
みんな同じ、心にしみる温かさ。
みんなどれもやさしい温度で同じように温かいのに、
その種類はそれぞれ!!
エールのことばを頂く、受け手本人として、とても貴重な体験です。
誰かを応援したり、励ましたりする時は、
相手がどういうことばをかけてほしいか、を考えるよりも、
自分なりの立場で、何を伝えたいか、を大事にしていきたいな、
なんて、思わせてもらいました^^
ここの皆さんのように。

>努力出来る時に、いっぱい努力すれば、
>努力出来ない時には、いっぱい感謝して
>全て休んでしまっていいと思うんです。

(心から素直に)はい!^^
ストン、と気が楽になりました。
ほんとうですよね。「完全休養」、めざします。
今回の入院で、何に心を傾け、何にエネルギーを投じることが必要か、を、
しっかり忘れずに過ごしたいです。
そうして治療に集中できることにいっぱい感謝しながら…。

>奈良のお隣から、応援しています。

心強ぉぉぉいっ!!!
物理的な距離って、感じることはできないものだろうに、
でも、不思議、奈良へ行くと、鈴さんが近くなんだな、って思う…。
うん、お隣で、がんばってるからねー^^
3週間ほど、よろしくねー!(笑)
megさん、こんにちは。

「まぼろしハワイ」
絶対読もうと思いました。megさんの感想を聞いて。
読む前からドキドキします。
ばななさんの、やや冷たい雰囲気の文章
(こう感じるのは私だけかな?)
でも、必ず何か希望の残るお話、大好きです。
最近読んでなかったけど、megさんのお話で
一気に”ばなな熱”が上がってきました。
「5年もかけた」なんて聞いたら読まずに居られませんね。
早速、図書館で予約します。

3週間の入院・・・
きっといろんな準備でお忙しいことと思います。
megさん、私↓皆さんのコメント拝見して、少し泣けてしまいました。
ヘンですよね。自分へのコメントではないのに・・・。
でも、どなたのコメントも「心の底からの深くて丁寧な言葉」だと
読んでいるだけで、そう伝わってきて・・・。
megさんのお人柄が、こんなに素敵な人を集めるのだと思います。

入院中、きっとご家族のこと、仕事のことなど、
身体以外のことへの心労もあるかと思います。
でも、どうか3週間は「完全休養」して下さいね。
努力出来る時に、いっぱい努力すれば、
努力出来ない時には、いっぱい感謝して
全て休んでしまっていいと思うんです。

通常では無い3週間は大変だと思うのですが、
megさん、ご家族皆様にとって、
穏やかなクリスマス&お正月がやってきますようにと
心からお祈りしています。

お体、良くなりますように・・・。
奈良のお隣から、応援しています。

*keyさんへ*

>なんだか胸にぎゅっとくる日記でした。
>なんかね、megさんの心の情景が、迫ってきて。

私の稚拙な文章から、行間から、
私が本当に書きたいキモチを読みとってくれて、感じとってくれて…
keyさんって、何か特別なチカラをもっているんじゃないかとさえ、
思ってしまいます。
感じてくれる、受け取ってくれただけでも、十分にありがたくて。
それだけで癒される感じ。
いつもありがとうね。

>megさんも皆さんを支えているんです。

そうだと嬉しい。
他の人が私と同じ立場にいる時は、
第三者としてそういってあげられるのに、
当事者になると、そこに思いをかけられない。
そこを受け容れにくいのが、私のウィークポイント、
というか、その第三者、当事者で思うことのキモチの矛盾を
解消した方が「より生き易い」ような気がするので、
私のなかなか終わらない宿題、だなぁ。
(あらら、話がそれてしまったねぇ^^;)

keyさん、私、
きっときっと、良くなるからね!!!!!!!!!
約束。
そういう強い気持ちを持たせてくれる、
keyさんの深く温かい祈りとことばに、感謝、です^^
ありがとうね。
*sleepingさんへ*

おそば屋さんのドキドキ…
主婦してると、そういう体験、なかなかないよねぇ。
だからね、なんかドキドキしてる自分、平気を装う自分が
今回は面白かったなぁ。
でも、こういうのが平気になって、別段面白がることもなくなるのかなぁ、
それも、なんだか嫌だなぁ、って、ね。
オバチャンはオバチャンでも、
いつも、なんにでもドキドキ、ワクワクしていたいなー!(笑)

吉本ばななさん…
sleepingさんも、ばななさんファン?
微細な心の動きを澄み渡るようにクリアに伝えられる能力は、
深い悲しみ、厳しい体験、をしてきているからなのか、
それとも、鋭く豊かな感性の賜物か…。
この作品の中でも、
「うわ、この感情を、こんなふうなことばで表現するんだぁ、すごっ!」
と思うような描写がいくつもあって、そこにも感動したよ。

ばななさんの作品は、私も久々に手にとったの。で、正解だったよ^^
今の私に受け取るものが多かった作品だったなぁ。
sleepingさんは、ばななさんの「デッドエンドの思い出」、読んだ?
私はまだで、友達が貸してくれたんだけど、その本の帯に、
「これまで書いた作品の中で、いちばん好きです。
 これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。
 -よしもとばなな」
ってあってね。あぁ、読むのが楽しみ♪ 

>子育て真っ最中に3週間、こんな時間があるっていうのも、
>悪くない、神様のいたずらかも。

お、鋭い、sleepingさん。
いろいろ段取りをしていかなくちゃいけないのは大変だけど、
今回の入院を、ちょっとした「ゆっくり時間」と、
とらえているところもあるの。
そうとらえる方が、前向きな時間になりそうだし、
遠くで取り越し苦労の心配に心を砕くのも、何か違う気がするし。
これを家族や世話をかける皆さんの前で
にこにことクチにするのは違うと思うので、それはしないけど、
そうやって、自分の中でベクトルをコントロールしてみたいな、って。

もうここまできたら、というか、今の状況では、
周りの方々に甘えるしかないので、思い切り頼って、
足がよくなったら、今度はお返しできるようにしたい、そう思うよ^^

あったかいことばをいっぱいありがとね。
sleepingさんも、季節の変わり目だし、ご自愛をーっ♪
こんばんは。
なんだか胸にぎゅっとくる日記でした。
なんかね、megさんの心の情景が、迫ってきて。

megさんを支える家族は、megさんも皆さんを支えているんです。
繋ぐ手が見えるくらい。
お身体良くなります様に。心から。
祈り届きますように!!!!!!!!!
megさんの言葉は、魔法みたいだね。
この本の感想、吉本ばななさんが読んだら、とても嬉しいんじゃ
ないかな~。
私も、久々に彼女の作品を読んでみたくなりました。

もうすぐ手術なんですね。
子育て真っ最中に3週間、こんな時間があるっていうのも、
悪くない、神様のいたずらかも。
ご主人、ご両親、お子さんたちと、お互いに愛しさとかありがたみが、
少し離れることで、より一層心に刻まれるのではないかしら^^。

おそば屋さんのドキドキ、分かりますぅ。
私もそういうところ、megさんに似てるので、それが「フツー」なのか
分からないよー。どうなんだろうね。
*ちゃいちゃんへ*

「まぼろしハワイ」読んだよぉ。
ちゃいちゃん、情報早いねぇ^^さすがだわー!

>やっぱり読んでみたいなぁって気になりました。多分帰国後でしょうけど楽しみです。

ならば!
帰国前でも帰国後でも、私のでよければ喜んでお届けするよー^^
大丈夫、コーヒーもこぼしてないし(笑)
開いたまま居眠りして、ページ折り曲げちゃってないし(笑)

ちゃいちゃんがこの本を読みたい、って思う気持ちに、
勝手にじーんときてるよ。
是非読後の感想、きかせてほしいなぁ。
私とは違った目線での思い、楽しみ。

手術日…
そうなの、決まったの。いよいよ。
ちゃいちゃんにもあれこれ、いろいろお世話になって…。
私の足のために、本当にありがとうね。

あぁ、ちゃいちゃん、思うの…。
私の足、私のために、本当にいろんな人が快く世話をしてくれて、
やさしく労わってくれて、心を配ってくれて。
泣けるほど、ありがたいです。

>みんなの気持ちが同じ方向にむいているっていうか、通じてるって言うか・・・・・だからきっと大丈夫ですね。

じーーーん(泣)しみるなぁ、本当に。
私も、足を早くちゃんと治して、
誰かのためにやさしく心を配れて、
その人と同じ方向を見て、「待ってるよ」って言ってあげられるよう、
今回がんばろうと思うよ。

>頑張って♪必ずいい結果が待ってますよ。

うん。なんか本当にそんな気がしてきた。すごい。
ちゃいちゃん、どうもありがとう!!
*nonさんへ*

>いっつも頭でいろいろ考えちゃう私は背景ばかり気にしていて

あぁ、「背景」かぁ。
nonさん、私も同じタイプなのでわかりますぅー。

この間の記事の「タクシーのチップ話の人」に
「あなたは、美しい風景が目の前に広がっているのに、
 それを楽しまずに読書しているタイプかもしれないね」
と言ってもらったんです。
よく言えばマジメ、ってことなんだろうけど、
「自分をもっと解放してあげるといいよ」と言われて。
…nonさんは、どんな感じ?
この本の主人公、登場人物たちは、悲しければおいおい泣いて、
とっても素直に感情を表しているのです。
自分の感情に自由なんです。
とても刺激をうけました^^

その場、その場の細かいことじゃなく、
主となること、本当に大事なものをちゃんと見つめて味わう…
今からでも遅くないものね、私もやってみよ^^

入院…
非日常の生活でもあるし、
カラダのどこかがよくない状況なのだし、不安定な要素が揃い踏み。
感謝に遠くなってしまうことがあっても不思議ではないもんね。

>終わってみたらみんなそれぞれ新しい体験と発見があって改めて感謝しあえる事も多いに違いありません!!

このことば、とってもいいなぁ。
「それぞれ」ってことばに救われるなぁ。
私だけじゃなく、それぞれ…。
私の位置だとこの、それぞれの体験、発見、っていう視点が
もてないもの。
結果オーライになるためにも、ちゃんと足を治すためにがんばらないとね^^
本当に心強い励ましのことば。ありがとうね、nonさん!
「まぼろしハワイ」読んだのね。私も読んで見たいとちょうど思っていた本です。でも、こっちではすぐには無理そうで・・・・・。megさんのお言葉から、やっぱり読んでみたいなぁって気になりました。多分帰国後でしょうけど楽しみです。

それから。。。。手術日決まったようですね。お家から離れて3週間の入院生活。色々考えちゃうよねぇ。でもmegさんのすごいとこは、自分のことじゃなくて留守中のお子ちゃまのことやご主人そしておとーさん、おかーさんetc...と周りのことを先に考えてしまうトコ。で、さらにいっつもそこに感謝の気持ちがあるってこと。その感謝がちゃんと通じてるから、ご主人もおこちゃまもみんなみんながmegさんを応援して、待っていてくれるんですよね。
 みんなの気持ちが同じ方向にむいているっていうか、通じてるって言うか・・・・・だからきっと大丈夫ですね。頑張って♪必ずいい結果が待ってますよ。

>なんの理屈もなく、その時その時の感情を味わいきれば、ニンゲン、それでよし…
本当にそうだ!!と、目から鱗がボロボロ・・・
いっつも頭でいろいろ考えちゃう私は背景ばかり気にしていてその時の感情を味わいきるなんて思いもつかなかったです。
これからはいいこともそうでないことも、味わいつくしてみようと思います♪

>11月になったら、3週間弱、ひとり離れて奈良で入院・・・
それはそれはいろんな思いを抱えていらっしゃる頃ですね。
入院経験者?ですから、ものすごくわかります!!
でも、私はmegさんのように入院前から周りのみんなに感謝などできていなかったダメダメ人間でしたの(涙)
あれこれ心配なこともあるかと思いますが、終わってみたらみんなそれぞれ新しい体験と発見があって改めて感謝しあえる事も多いに違いありません!!
私もそうでしたから、megさんはなおさらだと思います!!

フレ~フレ~\(^o^)/

お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/78-b8edff54
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。