スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
きづき
中学廊下

画像は、なんてことない学校の渡り廊下。長女の中学の。
でも、私には、少し思い入れがある眺め。
娘が通う中学は、私たち夫婦の母校でもあって、
この間、文化祭で学校をまわったら、この廊下のこのポイントで
もんのすごい懐かしさがこみあげてきました。

あれは多分、私が中1の終わり。
放課後の部活の時間、野球部がトレーニングで内周を走っていました。
この渡り廊下の向こうからこちらに走ってくるユニフォーム姿の夫を、
このアングルで初めて見たのでした。
小学校は別だったので、私は夫のことを知らなくて、
(もちろん、夫も私を知らなかったと思うけど)
友達に「あの子が○クン(夫の苗字)だよ」と教えてもらって、
「へぇ~」と思ったわけで。

「へぇ~」な互いの距離はそのままで3年過ぎ、
たまたま同じ高校へ進み、いろんなことを話すようになって。
いつしかパートナーとなり、おかげさんで楽しい今があるのですが、
とあることが起き、深い話をたくさんしたのは、この間のことでした。
(一日の報告やいろんな情報交換や、おばかな会話はよくすれど、
 今回のは、繊細でデリケートな問題。
 いつになく静かなふたりのトーンは、末娘を心配させてしまったようで、
 2階で話し込む私たちのそばを、ぴたっと離れようとしません(笑)
 「大丈夫だよ」「大丈夫よ」と私たちがにっこりすると、
 安心したのか階下へ。)

あれこれ話し、互いに聞き合ううちに、自分が見えてきます。
なるほど、なるほど。そうだったか、そうだったね。

そしてやっぱり思うのは、
今回起きたことは私たちにふたりにとっての大事な大事な修行。
悪気は毛頭ないけれど、よそ様に間違った振る舞いをしていた、
そんな自分たちをあらためさせてくれる「痛み」でした。
ごめんなさい。

神様、仏様は、ちゃあんと私たちに気づきの機会を与えてくださりました。
ありがたいです。

気づき、は、夫についてもありました。
互いの内面の深いとこにまでぐぐっと踏み込む話で、
夫のこと、よぉくわかっているつもりだったけど、
それは「つもり」だったことにも、気づけました。

夫が属する社会。小さなもの、大きなもの。
私には想像、共感しかできない、夫の闘いや充実感。
そんな幾多の波をのりこえ、夫は変化とか進化とか成長とか、している…。

私は妻として、そんな夫を…、いえ、どんな夫も…、
これからも見守らせてもらおう、と。

変化しているのは、きっとお互い様。
仕事を再開し、日々いろんなものを見聞きし、
影響を受けている私も変わったし、これからもそうなのだろうけど。
だから、ことばを交わしていこう。
喜びも、悲しみも、互いに相容れないことも、
ちゃんとことばを交わしていこう、
相手をわかっているつもり、にならんようにしていこう。
そしてそれは、夫婦だけでなく、近しい人との間でも。

全てが繋がって、全てに意味がある、と。
…全てに感謝です。ありがとう。


関連記事
スポンサーサイト
09/18 01:50 | 「想」 | CM:14 | TB:0
*けいちゅんさんへ*

この記事を、精一杯のことばを尽くして書き上げて思ったのは、
正直に自分を解放するって、やっぱりいいなぁ、ってこと。
(だから、ココはやめられない・笑)
その後、ありがたいことに皆さんからコメントを頂いて思ったのは、
皆さんのコメントのことばの深さや、
私の新たな気づきを引き出してくれるような皆さんの思い、
それは、私の稚拙な記事を超えて、
ひとつの興味深いよみものになっている、ということ。
…うん、そう。そうなんです。そうなんですよ。
(ひとり、書きながらうなずいています・笑)

そして、このこと↑に、気づかせてくれたのは、けいちゅんさん!
あぁ、すごい。すごいことですよ。感動です。
みんな、みんな、繋がっています。
そこを発見できて、私こそが「胸がきゅぅ~っ」です。
けいちゅんさん、ありがとう。

桃色の溜息、ってことばもいいですね。
こぼれる、ってことばもいい。
ほーっと味わわせてもらいました^^
あぁ、もぅ。。
桃色の溜息だけがこぼれていきます

megさんのことばと
皆さんのことばに
なんだか、なにもいえず
胸がきゅぅ~ってなるんです

*ちゅんさんへ*

中学では一度も同じクラスにならなかったので(高校も、だけど)、
話す機会さえもなかったのが、
中学卒業の春休みに道でばったり会って、
その時初めてしゃべったんですよ。で、同じ高校ってわかって。
中学の廊下は、多少作り変えられていましたが、
無意識にこの場所を発見することができたことは、
何か意味があるのかもしれないなぁ、と思います。
「はじまり」を意味するこの場所…。
このご縁に感謝して、傲慢な妻にならないようにしなきゃ、ね(笑)

>今後、子供たちが大きくなったらどうなるんだろう、って思うこともしばしば^^;

夫婦の関係…。
いろんな状況でどうしても変わっていくものですものねぇ。
うちは今、小さなターニングポイント、のような気がします。
子ども自身には、そんなに手をかけなくてもよくなったけど、
いろんなお役目、お手伝いその他で土日がものすごく忙しかったり…。
ちゃんと向き合って、伝えて、理解して…を、
互いに意識できたらいいなぁ、と思います^^
それぞれの夫婦のスタイルがあると思いますが、
私もちゅんさんのように、

>自分の気持ちを声に出して、表情に出すって本当に大事

だと思うので、努力していきたいなぁ!
…よしっお互い、がんばるかっ!ね、ちゅんさん(笑)
ちゅんさん、ありがとね♪
megさんご夫婦ってそんなに長いお付き合いだったんですね~~~すごいーー!!!
そしてご夫婦の母校に子供たちがまた通うとは!
校舎も変わってないんですね・・・なんか、とっても素敵なお話♪

自分の気持ちを声に出して、表情に出すって本当に大事ですね~~~。
夫婦って、だんだんと恋人時代のような緊張感がなくなってきて、幸せな平凡な毎日が続くと、会話もだんだん減ってきて・・・
今後、子供たちが大きくなったらどうなるんだろう、って思うこともしばしば^^;
mwgさん夫婦のように、お互いの思いを素直に静かに話し合える関係がとてもまぶしいです。

ちゃんとことばを交わすって、夫婦だからこそ大事なことですよね。小さなことから、私にもできることだわ。
ありがとう、megさん。わたしもがんばるね♪
*sleepingさんへ*

何度も読んでくれて、ありがとう~。
微妙な内容なので、どうしてもはっきりすっきりは書けなくて、
きっとわかりにくかっただろうに、ありがとね、sleepingさん^^

>人っていくつになっても成長してるものなんですね。

そうなんですよねー。
みんな、いろんな出会いや、出来事があって、
感じたり考えたりしながら、変化していくんでしょうね。
私も、今回の問題で成長できればいいな…
あぁ、したいです、成長!

>人に対しては、よほど観察していないと気づきにくい。

確かにぃ^^
こどもとか、いっぱいサインを出してくれて、
とってもわかりやすいし、嬉しいですよねー♪
(私も、コタ君の成長は楽しみですもン^^)
身近な人の、上がり下がり、変化、成長、
気づかなくても問題はないのだろうけど、
肌で感じる程度に察知することが、潤滑油、みたいなものかなぁ、
なーんて思ったりして。

>イントロのエピソード、微笑ましい♪
>ニッコリしながら読みました。

なぜだかあの時の「へぇ~」は覚えていて、
その時の映像が思い浮かぶんですよー、不思議ですよねぇ^^
夫の方はぼんやりとだけ、みたいで、よかったぁとほっとしてます。
なんでか、っていえばそれは、この当時の私、
ヘルメットみたいなショートカットだったから~(笑)
*鈴さんへ*

>グーンと深い「心の世界」

…私も書くのをとっても迷いました。
が、やっぱり書かずにはいられない、心の内でした。
どうしても表現が抽象的になってしまうし、
コメントしにくい内容だっていうのに、
鈴さんも、そして他の皆さんも、
「それぞれに感じてくださったことば」をココで綴ってくださる…
なんてありがたいことだろう、と強く強く感じます。
私は、皆さんのことばに感動したり、励まされたり、
新たな気づきをもらったり…
鈴さんや皆さんの力を借りて、
どんどん「浄化」させてもらえるような気がしています。
ほんとにほんとにありがとうね。

>神様が「気付きの機会」を与えて下さっても、
>今の私なら、「ふーん」と分かったような気分だけで
>流してしまうかも知れない・・・

鈴さんなら、そんなこたぁ、ないっ!ないですよぉ!
きっと、きっと!(自信満々)
それは私ですよ、私。
慢心してわかったつもりで「ふーん」と流してばかりで、
「つもり」ではなく、ちゃんとわからなければいけない宿題が
溜まってしまって、ここにきて補習を受けているところ(笑)

>隣に居る夫の顔をマジマジとながめてしまいました。
>「いまどんなことを考えているかな・・・」と。

だんなさん、喜んで照れてませんでしたかぁ?(笑)
なんか、想像してこちらまで幸せに♪
(私もやってみようかな・笑)
うちは、がっちり協力体制で臨んできた子育ても一段落して、
トシを重ねて体力も衰えて、それぞれの社会的立場も変わってきて…
っていう波がここ数年できているので、
多分、夫婦のもたれ具合、押し引き具合、
みたいなんの変わり目なのかもしれないです。
…うん、そんな感じがします。
でも、この新たな波で、思ったのとはどっか違うところに
流されてしまわないよう、少し心を配ることが大事なのかな、
…って、ここ(変わり目の話)は今、
鈴さんに話しかけながら思ったこと^^
またひとつ、そうかも…なこと、気づけました。
鈴さん、ほんとにありがとね♪
megさん、こんばんは~。
この記事、何度も読んでかみしめてました。

うまく表現できないのですが、megさんご夫妻って
本当に素敵なカップルだなぁって。

人っていくつになっても成長してるものなんですね。
当たり前のことだし、自分については少し実感してるのに、
人に対しては、よほど観察していないと気づきにくい。

こどもの成長はしっかり観察してるんですけどね(笑)

PS
イントロのエピソード、微笑ましい♪
ニッコリしながら読みました。
megさん、こんばんは。

megさんの言葉と、コメントにあった皆さんの言葉に
グーンと深い「心の世界」に連れて行っていただいた様な感じがしています。

私だったら、ここまで深く考えられなかったと思います。
神様が「気付きの機会」を与えて下さっても、
今の私なら、「ふーん」と分かったような気分だけで
流してしまうかも知れない・・・怖いことですけど。
megさんが、表現するのが難しい心の内を、
とても丁寧に思いを込めて文章にして下さったお陰で、
また「ハッ」とさせられています。

隣に居る夫の顔をマジマジとながめてしまいました。
「いまどんなことを考えているかな・・・」と。
自分が「わかっているつもり」で居ることに気付かされます。
もっともっとこんな風に真っ直ぐ見つめて行かなければいけないと、そう気付かされます。


>相手をわかっているつもり、にならんようにしていこう。
 そしてそれは、夫婦だけでなく、近しい人との間でも。

megさん、大切なことをここで文字にしてくれて
本当にありがとうございます。



*keyさんへ*

>同じ時間を見て、共有して、言葉を超える意思疎通が確かにあって、互いの存在を超える大きなものは他にないけれど、自分の本音をさらけ出せなければ、42年連れ添っただけの“夫”と“嫁”の配役でしかないのだと感じました。

うわぁ…。
ずんと、重く鈍く響くことばです。
でも、とても腑に落ちることばです。

自分の本音をさらけ出す、かぁ…。
今回は、夫の表向きの人格を剥いて剥いて剥いた先に出てくる人格、
のようなもの、を見させてもらえる機会でした。
夫は、私と近い人間、と思っていたけど、意外と違う、とか、
(思ってた以上に)このひと、本当に正直なひとだ、とか、
その他いろいろ、あらためて、
夫のパーソナリティーの深い部分を知ることができた、というか。
(お互いサンなのかもしれないけど。)

つまりは、その問題への対処の仕方が、
夫と私ではいつになく少し食い違ったのだけど、
それは、私自身も変化するように、
夫も日々変化しているからだろうと理解しました。

そして、私とは違う夫の考えを、良い、もなく、悪い、もなく、
そのまま、ありのまま受け止めよう、と思いました。
夫は夫で、私は私で、当たり前ながら別の人格で。
でも、いつも寄り添ってはいたい。
それが記事の中の
「私は妻として、そんな夫を…、いえ、どんな夫も…、
 これからも見守らせてもらおう、と。 」
のことばになりました。
そして、たくさんの長いことばを交わすのも大事だけど、
「ありがとう」のことばを伝えること、態度で表すこと、
忙しくても決して怠らないでおこう…押忍!誓うぞ(笑)

>“夫”である責任、“嫁”である自覚…言い出すと陳腐ですが、その見えない心がけに思いやること。変わらぬ感謝の真髄があるように思います。

これまた深い!keyさんのことばから、
結婚して、相手の親族と結ばれていくご縁にも、
“夫”である責任、“嫁”である自覚があってこそ、と思いました^^

>ワタシ自身、今夫婦の練習中です。

おっしゃー!お互い、がんばろねー、keyさん^^
ありがとうね、keyさん♪
*nonさんへ*

いやいや、素敵かどうかはわかりませんが…(照)
でも、長く、永く、仲良くやっていきたい、と
まじめに思っています^^

私ね、一度結婚前に、夫と距離をおいていた期間が1年半ほどあって、
(↑よくあるパターン?・笑)
その間も、ごはん食べたりとか、ちょくちょく会ってはいたのだけど、
距離が戻った時に、変わっていた夫に気づいたんですよ。
「あぁ、オトコノコからオトコになったなー」
「しっかりしたなー」って。
今思えばおこがましいし、偉そうな感情ですよね…(笑)

今回は、その時のような感情の種類ではないけれど、
でも「ひとって変わってるんだな」って思ったんです。
あたりまえだけど…。

以前の場合は、少し離れていたから、
その変化は明らかに思えたのだけど、
こうして一緒に同じゴハンを食べて、同じテレビを見て、
お互いの仕事や子育てや思うことを話して…ってやってても、
気づけない変化があるんだ、って、私の努力不足だって、
そう思いました。
なんでもかんでも知っていたい、とは思わないですが(笑)
ポイント、ポイントでちゃんとことばを交わして、
相手をケアすることが大事なんだと反省しています…。

>大丈夫、megさんご夫婦なら、間違いなく!!私が保障します!!^^

なんて、なんて、なんて、心強い!!
本当にありがたいよぉー、nonさん(泣)
誰も裁かずに、しっかり自分の誠意を尽くす。
なかなかできないですが、nonさんの応援で、がんばれそうです^^
ありがとっ!
*ナマステさんへ*

ありがとう、ナマステさん!
私こそ、うまく書けていないのです…。
それなのに、読んでもらって、その上何かを感じてくれて、
しかも、それをコメに残してくれて…。

今回は、調子にのっていた、というか、
どこかあぐらをかいていた、というか。
多分、忙しさで、文字通り「心を亡くしていた」のだと思います。
細やかに、その相手の人のことを思いやる心を亡くし、
相手の気持ちを想像する心を亡くしていたのだと思います。
早く忘れて楽になりたいとは思うけど、
忘れてはいけない、痛みはしっかり味わわなきゃ、とも思っています。

夫のことも、わかったつもりになっていて、
今回はいろんなこと、ホントに反省なんですよ。
ねー、ほんと、心は亡くしちゃあいけませんねー^^

>何だか涙・・・・

うれしかったです、純粋に。
ナマステさんがどんなことを思って涙されたか…というよりも、
ちょっと自分の痛みにくじけて泣きたい私と同時に、
それがどんな涙であろうとも、涙するような気持ちでいてくれる、
そのことが嬉しかったです。
ヒトって弱い、というか、自分って弱いものです…。

あらら、自分よがりなお返事になっちゃった^^;
ごめんね、ナマステさん。
ありがとう、ナマステさん。
こんばんは。

最近観た映画の台詞で、定年退職し、42年連れ添っている奥さんのことを、『わたしはたまに夜中に目覚めて、隣で眠っている、このしわしわの婆さんは一体誰だと思う時がある』と、胸のうちを手紙に書き綴るシーンがあります。

同じ時間を見て、共有して、言葉を超える意思疎通が確かにあって、互いの存在を超える大きなものは他にないけれど、自分の本音をさらけ出せなければ、42年連れ添っただけの“夫”と“嫁”の配役でしかないのだと感じました。

心の交わりが、ただの配役から本物へ変わるのだと、megさんの今回の日記を読んで思いました。
ワタシ自身、今夫婦の練習中です。
“夫”である責任、“嫁”である自覚…言い出すと陳腐ですが、その見えない心がけに思いやること。変わらぬ感謝の真髄があるように思います。
いつもながら素敵なご夫婦です^^
長い期間ずっと一緒にいながら、またお互いの新しい一面に気づける・・・一緒にいろんな局面を乗り越えようとする信頼関係がとてもうらやましく感じます。
大丈夫、megさんご夫婦なら、間違いなく!!私が保障します!!^^
・・・・・・
何だか涙・・・・
最近私が忘れていた・・・何か・・を
呼び戻してくれたの。
私のようにもうおばちゃんの域に達すると
怖い者、物が無くなり
繊細さに欠けてしまう自分自身に
嫌気がさすことがあります。
う~ん ありがとう megさん。
上手く書けずに、ごめんなさい。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/72-8eead3cf
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。