スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
こどく
ひとつ前でちょこっとぼやかせてもらって…
すぅっと寄り添ってくれる人たちの優しさに触れられて、
とても助けられました。

「そっと」
「さりげなく」
どちらも私のめざしたいところ。
いいお手本、ありがたかったです。

もやもやとした混沌の中で、いろいろ考えたこと。

私は、孤独と戦っていたのではないかと思いました。
家で、仕事で、いろんなところで、こーんなに助けてもらって、
こーんなに寄り添ってもらっているのに、
孤独を感じるだなんてケシカランのだけど、
たくさんの手を借りても、どれだけ助けてもらえても、
最後はひとり。ひとりで立つ。

逆に言えば、ひとりでしっかり歩むがために、
みんなにパワーをもらい、そっと手を貸してもらい、
背中を押してもらっている、ってそういうことなのでしょうが、
今回は、私ってひとりなんだ、にフォーカスしてしまっていました。

例えば、こんなイメージ。

私が、サークル(円)の中心にいて。
ただひとり、いて。
そのサークルのラインの外側から、みんなは応援してくれたり、
コトバをかけてくれたり、見守ってくれたりしている。
ラインからかなり離れた位置から、の人もいれば、
ラインのギリギリから、声高に声援を送ってくれる人もいて、
いろんな半径で愛をもらう私。
でも、みんな、そのラインを超えては私に近づいてはこれない。
私は、サークルの中心で、周りの皆からのココロを感じながら、
ひとりで励み、ひとり泣き、ひとり省み、ひとり祈り、ひとり微笑む。

…あぁ、言い得て妙ってやつかも。
私の中の「自分と自分以外の人との関係性」は、
まさにこのイメージのような気がします。

私も、誰かのサークルの周りに立つ時、
「ラインの外側」というスタンスを守って、
それ以上踏み込んではいかないようにしているような気がします。
いっとう近くて、いっとう寄り添える夫との間にさえも、
ラインは存在しているように思います。

私自身がみんなに壁をつくっていて、
私も、みんなの壁をこわすことはしない…。
私って、人との距離感はそういう感じなのだと思います。
出てはいけないラインを守る、クソ真面目なヤツ。

とはいえ、不真面目の楽しさや快感も知り得ているので、
時には、「ラインを超えてはいけません」のルールを守らずに、
ぺろっと舌を出して、ラインを超えて相手に近づいていっちゃうような、
そんな熱い思いや交わりも大いにアリ!とも、思っているのです。

今回の孤独感、
おかげ様で乗り越えられそうだけど(ありがとうございます…)、
本当は、ルール違反しちゃえ、的に泣ける距離で
さびしい時はさびしいと叫んで、
悲しい時は悲しいとちゃんと泣いてもよかったのだろうと思う私です。




職場のデスクにグリーンを欲しがっていた夫に
サプライズでプチプレゼントしたのは、入籍記念日のこと。
無事生えてきた、そうです(笑)



関連記事
スポンサーサイト
07/04 23:42 | 「想」 | CM:2 | TB:0
*ナマステさんへ*

こんちは!ナマステさん♪

人と人との間にある線…
今回は私のクソ真面目度を実感しました。
どうにも動けない固さ、頑固さ。
もう少し柔らかく生きていけるといいのかもしれないです^^

>それ以来生と死の線を考えるようになったの。

寝ていて、飛び起きて、自分の命について思うなんて、
ナマステさんの体験、すごいですね~。
ナマステさんの中の何かの「目覚め」だったのかも…。
私も、少し前だけど、自分の足にこぶみたいなものができて、
お医者に行って単に打撲のひどいものだとわかるまでの数日、
自分の死をものすごく間近に感じ、
安穏と暮らせる日々に限りがあることを実感しました。

>「生きてるだけで丸儲け」

です!です!そうですね。…あぁそうだよー。ほんとうに。
(さんまちゃん、さすが!)
普段はね、忘れそうになってしまうけれど、
そこにちゃんと回帰したい、そう思います、心から。

NHKの「生命誕生」のビデオ…
へぇ~^^ いいかもしれませんね。なるほど。
機会があったら見てみよう!
(私には、今、文化・芸術面のサプリメントが必要と思っていて、
 今日の午後にでもGEOに行こうと思っていたところ。)

>生きてる間に一杯悩もうね。

うん!!(にっこりうなずいてます。)
そうやって骨太になって、本当に命が尽きる瞬間に
味わい深い人生だったと思えたらいいですよね。

…いろいろありがとう、ナマステさん♪
おはようmegさん
人と人との間にある線・・・て判断するのが
難しいですよね。
先日私は寝ていてハッと飛び起きた・・・
「私って後30年も生きていないのかも?」
って思ったらドキドキ、ワクワク、寂しく、
悲しくてどうしょうもなかった。それから「あと30年」
(順調に生きて)が頭から離れない・・・。
それ以来生と死の線を考えるようになったの。

「生きてるだけで丸儲け」(これって『さんま』さんが
いつも言ってる)もうこの言葉に尽きるな!!
そうしたら何だか心が落ち着いちゃって。

落ち込んだときNHKの「生命誕生」のビデオを見ます
「あー私の人生は生まれる前にスイッチが入っているんだ」
って・・・そうすると「何だ、あんまり考えても、なる様にしかならないんだ」ってところに行き着く・・・
(超単純人間です)

いくつになっても自己嫌悪に陥ったり
反省したり、悲しんだり、喜んだり
の毎日です。

生きてる間に一杯悩もうね。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/52-6119a603
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。