スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
コーヒー道
coffee2.jpg

コーヒーを手で淹れる。
コーヒーメーカーで、でなくて。
そういうのが、ちょっと楽しい最近。

あ、コーヒーを淹れるときは、椅子に座ってちゃダメね、ダメダメ。
カウンターにちゃんと立ってね、おコーヒー様と向き合う。
どこぞの喫茶店のマスター気取りで、真剣を装い、
わたしの鼻の穴めがけてほわほわと立ち上がってくる香りを楽しむのだ。

茶道があるなら、珈琲道、ってことば、あってもいい。
温度やら蒸らし方やら。
道具も、ナントカ式とかチョメチョメ式とか、あれこれあるんだね。

そういうのが、この本に書いてあったよ。
少し勉強を。

coffee3.jpg

わたしの、淹れるときは立つべし!論、は書いてなかったけど、
絶対に大事なことやと思うなぁ。
あ、載せてもいいよ・笑

おっとっと、絶対に、言うてしまった。

「絶対」「普通」という言葉を使わない。
絶対などないし、万人にとっての普通もまた、存在しません。


そう、松浦弥太郎本に書いてあったんだった。いかん。
にしてもこのコーヒー本。
写真が美しくて、わかりやすい本だった。
素敵なひとのコーヒー道具ものぞけるし。

今は、お湯を細く注げるポットがほしいんだよなぁ。
自分の台所に、ずっと前から在ったように、すっと馴染んでくれるようなポット。



関連記事
スポンサーサイト
02/27 00:17 | 「住」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。