スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
受験でおもうこと・2
s nyushi3

受験そのものがどうとかこうとかはおいておいて、
受験って大変だけど、ちょっといい。

今年はダブル、複数形で受験ズの我が家、長女と長男。
それなりの忙しさで駆け抜けながらも、
3年前の子の受験・初体験の時に感じたいいコトみっつ、
今回も味わっていました。

ひとつは、彼ら自身が自分で自分の歩く道を決めること。
こうしてことばにすると、簡単なことで当たり前のことのようだけど、
決めるまでに迷って、自分に問うて、
目標を定めていくことは、大事なことで必要なこと。
悶々としている間の貴重な時間も、
決めてまっすぐにそこに向かおうとする真剣なまなざしも、
とってもいいです。

ふたつめにいいのは、
挑む彼らの後ろから、ハードにソフトにサポートして応援して、
家族でぎゅぎゅぎゅっとつながる一体感。
自分の時代の受験と比べてしまえば、
過保護さに疑問、億劫なことも多いのですけれど。
彼らを甲子園で闘う選手に例えれば、わたしらの位置は、
アルプススタンドでメガホン大声援の部員というより、
監督というより、
ベンチの控え選手の近さ。
(代わって出場したい気もち、なのです。
 とはいえ、絶対に出場しないし、できないですけれど。)

みっつめにいいのが、
どんな結果になろうと、強く望まない結果になろうと、
その子その子、まるごと引き受ける決意を、親としてあらためてできること。
ご縁のあった道を歩む彼らを、にっこりと眺めて見守り続けるよ、
という覚悟をあらたにできること。

そんなこんなで、ふたりはこの春から大学生と高校生。オメデトウ。
わたしたちにも経験と喜びとをアリガトウ。

*photo*
ひとあし先に行き先が決まった長女がこしらえた御守for長男。


関連記事
スポンサーサイト
04/05 07:13 | 「子」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。