スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
on-doc.に行く
on-doc.jpg

原田知世チャン、伊藤ゴローさん、ふたりの朗読と歌の会、
「on-doc.(オンドク)」ツアー。

信頼すべき高感度アンテナの持ち主、大学友Mから、
東京でライブがあるよ、の情報。
11月の半ば、品川の教会。
もちろん、行きましたとも。

もう、言うまでもなく、うっとりほれぼれの時間。
(と言いつつ、前半の朗読の時、
 知世チャンの透明ボイスと、
 ゴローさんのしっとりギターに心地よくなりすぎ、
 Mもわたしも途中、寝た、うかつにも・笑)

後半の歌。
FINE、ノスタルジア、くちなしの丘…
拍手のみのアンコールに応えて、時をかける少女。
時をかける少女は、10代のわたし、フラッシュバックで涙ぽろり。
くちなしの丘、ノスタルジアは、
なんというか、わたしの心も体も喜んで、沁み入って、高揚して。






ゴローさんのギターも、曲によって、
音色、表情、見える風景…、
きれいに弾き分けられていて、
ふわりと別世界にいざなってくれる。

ライブの風景はこんな感じで。
この画像はスタッフさん?が撮ったものかな、
一番後ろのほうからステージを眺む画。
ステージ、右が知世チャン、左にゴローさん。
品川教会のGLORIA CHAPEL、
前後20列ほどある席、わたしたちは17列目に。
わたしと友Mの後頭部らしきもの、みっけ。


*photo*
on-doc.のプチパンフをそっと置きましたのは、
色合いにひとめぼれ、TWEEDMILLのストール。
ほぼ毎日、はおってお出かけ。ルン!


そしてこっからは、ビッグオマケバナシ。
ライブ終了、席を立ち、
楽しくて興奮しすぎで、なんでその話をしていたか忘れたけど、
わたしがMに「マザーウォーター」のDVDを観たって話をしていた、まさにその目の前を、
小林聡美チャンが横切る!という…。(感涙)
しかも、その後ろには、
光石研サン、もたいまさこサンがいらっしゃった、という…。(歓喜)

すごくない?
すごくなくなくない?

映画にうといわたしがほとんど観ている、PRADISE CAFE系映画…
そのテッパン出演のビッグ3、勢ぞろいだよーーーっ!(叫)
しかも、おさんかた出演のマザーウォーターの話をしている、
まさにそのさなかにだよー!
すてきシンクロ!

すきなひと、すきなおとに触れに行ったら、
思いがけず、ベツのすきなひとたちにソウグウ…。
たった数時間のうちに、訪れて満たされた濃厚な幸福。


関連記事
スポンサーサイト
12/01 00:01 | 「読」「観」「聴」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。