スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
京都へ2
京都ひと泊旅のふつかめに、
福井の友ふたりとおちあって京都の町を歩いたのは、
10月の終わりごろのこと。
もうひとつき経つのかぁ。
忘れないように、というか、
忘れたくない、のきもちで、記録。

******

待ち合わせの京都駅、ぃやっほいー!と再会。
先ずはプリクラ@トゥーヤングなファッションビル。
おめめぱっちり、美白された自分たちにテンション上ガル。
そぼ降る雨などへいちゃらで、京の街を傘さし散歩。

鴨川に平行して流れる高瀬川のさくらもみじを
眺めながら向かったのは、Kawa Cafe
雨の河原をのぞむ席で、beerとランチ。
しゃべって、ボケて、ツッコンで、笑って、またしゃべって。
「こんなふうに川をゆったり眺めていつまででもここに留まっていたいね」
と思えたやさしい時間。

kyoto2.jpg



カフェを出たら、のぞく晴れ間。
すごいぞ、2.5人分の晴れオンナパワー。
橋の上、しばし鴨川を眺む。

kyoto3.jpg



向かった「寿ビルデイング」のmina perhonen
Lisa Larson展もやっていた。長居。

kyoto5.jpg



あじき路地へ。
京の町屋の味わい。しっとり。
落ち着く焦げ茶感。

kyoto6.jpg


六波羅蜜寺で平清盛像などを拝み、
京都タワーをバックに写真も撮り、八橋も買い、
京都に来ました、的なこともちゃんとやる。
そして電車の時間まで駅でお茶、またしゃべる。

予めの下調べのおかげで、
もったいないような大きな時間の無駄がなくて、
むしろ在ったほうがよいような
ゆるりとしたちっちゃくて楽しい無駄が、一日のそこここに。
ちょうどいい塩梅。

ありがと、ふたり。
ありがと、留守番の家族。
ありがと、京都。


関連記事
スポンサーサイト
11/29 16:24 | 「日々」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。