スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
おっとにかんしゃ
20070415224400.jpg

友のblogで、
だんなさんの誕生日の日に綴った感謝の言葉がとても素敵で印象的でした。
だんなさんは、夜中起き出してお子に布団をかけてあげるのだけど、
その後、自分にもかけてくれている、と。
そして友はだんなさんに語りかけるように
「そのことをちゃんと知っているよ」と書いています。
みじかい文章の中に、ポエジーを感じるというか、
ごくごく近い存在と交わす静かな愛情というか。
感動してしまいました。

私も、だなぁ。私もなんだよ、ほんとありがたいの、夫。
例えば…いやいや友みたいにうまくさらりと書けないな、やめとこ。
何か薄っぺらくなりそう。安っぽくなりそう。
ただ単に私がダメダメ妻、極悪妻なだけじゃん、って
そういう話かもしれないから(笑)

こーんな、まぬけでおっぺけぺーな私を大事にしてくれて、
私はちゃんと夫にお返しできているんだろうか。
夫本人に、じゃなくても、心穏やかにいられることで、
子どもたちや周りの皆さんに、何かおすそわけができているだろうか。
優しいパワーを、いいエネルギーを、もらってるけれど、
うまく循環させているだろうか。
…とにかく感謝。こんな振り返りの機会をくれた、友にも感謝で。


*photo*
楽しい名前です、「山びこ洋品店」。
名前の由来はなんだろ。どんな洋服を売っているんだろ。
この日はお休みで残念。
じゃ、お店が開いていたら
「ごめん下さい、なんで『山びこ』なんですか?」と
聞きにいくのかって、そういうことではないけどお休みなのがとても残念。


関連記事
スポンサーサイト
04/15 23:42 | 「想」 | CM:8 | TB:0
*ちゅんさんへ*

>夫との会話でふと、めずらしく夫の愛情を感じて
>涙ぐんでしまった出来事がありまして、

うわぁ。伝わってくるよ、ちゅんさんの気持ち。
私まで今、じんときちゃった。ちょっと涙ぐんじゃった。

>ちょっとあらゆる人への感謝を今一度、と思わずにいられなくなりました。

自分の中で誰かに感謝の気持ちがわいたり、
誰かが誰かに感謝している気持ちに共感したりすると、
連鎖反応が起きる、っていうのあるよね。
私も、ちゅんさんのコメントから、
うれしい気持ち、あったかな気持ち、やさしい気持ち、をもらって、
自分の中の感謝の思いを増幅してもらったよう。
こういう「感謝の気持ち、思い出し合いっこ」みたいなの、
できてうれしいよ、ちゅんさんとも。

絢香の「三日月」に
「今度いつ会えるんだろう それまでの電池は
 抱きしめながら言った あなたの愛してるの一言」
ってあるけど、まさに愛情をもらえると充電されるよね^^
私もそういう人間になりたいな…。
*鈴さんへ*

ねぇ…ミッキィのお布団かけの話、じんわり泣ける感じですねぇ。
keyさんのコメントも、すごいですよね。
言葉にはチカラがあるものだということを実感してしまう…。
ミッキィの話も、とっても短い文章ながら、ものすごく心に残り、
keyさんとはお会いしたことがないながら、
keyさんの鋭く豊かな感性がびんびん伝わってくる。
そして鈴さんも。
ほんとにあったかーーーいですよ、鈴さんの言葉の温度。
心地のよい遠赤外線、って感じです(笑)

鈴さんの今のチャレンジ、素敵ー!がんばれー!と思いながら、
いつもblog読ませてもらってます♪
何か自分が、自分の環境が変化し、動いている時って
家族の助けなしにはできないものですものね。
私なんかも、ちょっとですが始めた仕事の気疲れもありますが、
夫と何気ない話をすることで心が和まされ、助かっています。
子どもを通してのママ同士のおつきあいもあちこちであって、
飲み会などで夜、出させてもらうこともあって、
シンデレラタイムをとうに過ぎているというのに、
寝ないで待っててくれて車でお迎えまで来てくれて…。
おっと!(だじゃれかっ)
私の奔放悪妻ぶりを全部暴露しちゃいそう!(笑)

>まずは「ありがとう」って、伝えてみようかなぁ。

そうですよねぇ。先ずはそこ!ですよねぇ。
それこそ「ありがとう」の「言葉のチカラ」、ですよねぇ。
よし、私も!^^
*ミッキィへ*

ごめん、勝手に書いてー!すまない!!
一応名前は伏せたのに、結局登場してもらっちゃったねー!
あのお布団かけ直しの話、ミッキィんところで読ませてもらってから
ずっと私の中に後味よく残っててね、いい話だなーって。
思い出し思い出し何度か味わわせてもらって、
自分に投影したり、とりこんだりしているうちに
こみあげるてくるものがあって、思わず記事にしちゃったよ。

そういえば、ミッキィ、前にだんなさんのことを書く時
「ダー」って書いてたでしょ。
あれ、好きだったんだよねー♪読むたびに気持ちがほんわかしたよ。
GO!GO!感謝セール!!(笑)

ゴミ捨て問題、詳しいとこまではわかってないのにゴメンだけど、
何かあってひと山超えると、理解していたつもりの相手の価値観の、
(ナノレベルとはいわないけど)細かな細かな部分を
感じられたりするものじゃない?
で、自分のこだわりも見えてくる、というか。
だから今となってはよかったよねー。
(全て必然なんですよーby太一。)

>じゃないと旦那様、あんなにいい顔にならないと思う。

うそー!夫、いい顔してたの?
私には、久々にミッキィに会うことで緊張しているように見えた(笑)

前に、前世を聞ける機会があって、夫とは一度は縁あって結ばれたけど、
私の心臓が弱くて子供ができないことは、
跡継ぎを必要とする夫の両親の意にそぐわず添い遂げられなかったようだ、
って記事を書いたけど、それを聞いたら、
スコーンと腑におち、納得してしまったんだよね。
その内容が書いてあるメール読みながら、大声をあげて泣いたんだよね。
不思議な体験だったよ。
(今でも読み返すとじわーっとくるけど、あんなには泣かないな。)
で、それを聞けてからは、まずます夫との縁を大事にしよう、って。
こんな私と共に生きていこうと思ってくれているだけでもありがたいよ。
私、自分のことは好きだけれど、
じゃ、他の人より魅力あるかって言ったら、それは自信ないから、
本当にありがたいや。
そして、何よりミッキィ!いい話、ありがとーーー♪♪♪
*keyさんへ*

夫という呼び方…。
私、主人、というより、ダンナ、というより、夫と呼びたい…、
時々は、うちのひと、なんて呼ぶけど、やっぱり夫と呼びたい…、
そして私は、女房、より、かみさん、より、家内、より、
妻、と呼ばれたい、そんな感じです^^
この変なこだわりは、なんでしょうね。
説明しがたいけど、同級生夫婦だから?説明になってない?(笑)
なんだか、そういう力関係でありたい、という願望のような、
そういう感じです、多分。
夫のことを人様に話す場合は夫と呼びたいという気持ちが、
つまりは、そういう対等な繋がり方をしていたいという願望が、
文章に表れてしまうほど、私はこだわっているような気がします。
が、だからと言って、感じとられてしまうほど、
夫、と呼ぶことが特異なことではないように思うので、
keyさんが私のこだわりを感じとってくれたことに、ビックリ!
keyさん、鋭い!さすが…!

そして、keyさん、来年ご結婚なんですねぇ♪♪♪
うれしいです、私も^^ウキウキしちゃうなぁ。わぁい♪♪
しかも中学の同級生さんと…ますますうれしくてうれしくて♪
私こそ超・親近感ですよぉ!

喧嘩…。
今も若輩で「青い」私が、更に青臭く、真っ青だった20歳過ぎ、
私も我が強く、寂しがり屋で甘えてばかりな割に生意気だったし、
些細なことで沢山ぶつかりました。
それで一度お互い離れていたことがあるんです。
つき合う前の「友達」に戻って、互いのことを相談しあうし、
ご飯食べたりはするけど、「恋人」ではない時期が1年半ほど。
あの1年半は、私が私を見つめ、夫の存在を見つめなおすために、
大事な時間だったと強く思っています。
それからぱったりと、喧嘩にならなくなって…。
思いや意見が違うことは勿論あって、議論は時々します。
…keyさんところはどんな感じかな?

keyさん、私、ココがあってほんとによかったと
あらためて今思うよ。
私がココで正直に感謝の気持ちを書けること、
そしてkeyさんにその気持ちをわかってもらえること。
keyさんに「進む方向はそれでいいんだよ」と、
ポンと肩をたたいてもらったような、そんな気持ちです、今。
ありがとね。

春!春はいいですね。
おかげ様でいつもの年よりゆったりとした気分で
春を過ごしていますが、keyさんは更に、かな♪
お互い春を楽しみましょうね!
ほんとに、気持ちがあったかくなって、
自分もちょっとあらゆる人への感謝を今一度、と思わずにいられなくなりました。

ちょうどおとつい、
夫との会話でふと、めずらしく夫の愛情を感じて
涙ぐんでしまった出来事がありまして、
そのせいか、状況は全く違うけど、
[ごくごく近い存在と交わす静かな愛情]っていうmegさんの表現にビビッときちゃいました。

そう、静かな愛情なんですよーーー。
それがすごくうれしいんですよ~~ね、ね♪


あー、何てあったかくて優しいお話。
megさんの記事も、ミッキィさんとkeyさんのコメントも
あったかくて、表現しづらいけど
何となく幸せで泣ける気分です。

偶然にも、ちょうど私も最近助けられっぱなしの夫に
感謝の気持ちがドォォーっとわいてきたところなんです。
でも、具体的にその感謝を伝えたり、何か返したりなんて
全然出来て無くて、ただ「ありがたいー」と思っているだけ。
勝手なもんです。私もオッペケペーです。

私のしなきゃいけないことは・・・?
と、日々考えながら、
まずは「ありがとう」って、伝えてみようかなぁ。

megさん、今日もステキなお話をありがとうございます。
meg赤面しながら読んでしまった。
megこそいつも感謝を前面に惜しみなく出してる、そんな気がしてならないよ。
旦那様にも伝わってるはず。じゃないと旦那様、あんなにいい顔にならないと思う。
こないだ会ったばかりなのでこれは予想じゃなく実感よ。
私もゴミ捨て問題ではママ友にまで旦那を毒舌しまくったしなー。
自分ではぬるま湯につかりすぎててわからないことが友達から「そんな人いないよ、大切にしなよ」と
言われ、そうなの?じゃ、大切にしようと気付いたりしています。
それじゃ遅いし旦那も可哀想だよね。もちょっと感謝セールしたほうがいいよねぇ。
春を如何お過ごしでしょうか。こんばんは。

megさんがここに書き記す‘夫’の文字から、不思議と愛情を感じます。同じ文字、同じ言葉なのに話し手や書く人によって印象が違い、その文字(誰かを指す言葉。例えば‘あなた’とか‘○○さん’とかも)にはちゃんと想いがこもるものなんですね。


いつも仲良しな印象で、喧嘩とかしないのかなぁ?とか(笑)興味ありますよ(笑)
ワタシ自身、付き合い始めて10年近くたつ恋人と来年辺りに結婚しようかと話をしています。ワタシ達も中学同級生カップルです(笑)なので勝手に親近感を感じていました。

megさんの幸せオーラや、深い深い愛情も、旦那様と合わさって化学反応の様にすごい力になっているんだと思います。
ワタシが初めてこのブログに出会った時、megさんは旦那様の事を書かれていて、ワタシはそれを読んで泣いたんです。

偶然たどり着いたブログだったのだけど、ワタシの信じたいキラキラした愛情や気持ちがたくさん詰まっていましたよ。

お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/35-eb7e6d79
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。