スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
テマヒマ展


テマヒマ展に行けたのは7月のはじめのこと。
もともと手間と時間をかけられたものは、
その価値どおりに美しく在って当然なのですが、
それらの美が更にアートの域に引き上げられて、
研ぎ澄まされた美しさを放つ展示は、ものすごく見応えがありました。

例えば、
整列するうるめたちが、お麩たちが、はさみが、落とす濃く美しい影。
職人さんの手の艶やかさと深み。
りんご箱の釘打ちや、リンゴ剪定鋏の鋼打ちの、軽快なリズム音。

すべてがすべてに芸術で、
見惚れ、聴き惚れ、随分と長居したのでした。

コチラの今村玲子さんというライターさんの展示レポート、
 会場の雰囲気がよく味わえます。)


関連記事
スポンサーサイト
08/16 14:52 | 「読」「観」「聴」 | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。