スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ぶんがくのちから
20070301181244.jpg

昨日は2月の終わりの日。
仕事が始まって1ヶ月が経ちました。
今週の月、火、水の3日の出勤をこなし終えた昨日、
仕事場からの帰りの車の中で、
言い知れぬ充実感をひとりかみしめていました。
(毎日終日勤務でがんばるみなさん、甘ちゃんなこと言ってゴメン!)
 
今年度最後の子どもの参観、PTA総会の日でもあり、
(長女は小学校を卒業なので)3人の参観をまわるのも、
学校の役員業もこれでひと段落だと思ったら、
ますます達成感のような、ひとくぎり感のようなものがこみあげてきて、
どういうワケか活字に触れたくなり、本屋へ。
子どもらを私の実家に預けてあったのをいいことに。

選んだのは、山本文緒の「絶対泣かない」。
「専業主婦から看護士、秘書、エスティシャンまでの15の職業のなかで、
 自立と夢を追い求める女たちの人知れぬ心のたたかいを描いた、
 元気の出る小説集」と、説明されていました。
《非現実でありながらも、そう遠くはない場所》へ
トリップできそうな気がして、手にとったのでした。

本屋さんを後にし、ミスドへ。
家ではないどこかで本を読む…そういう気分でした。
(たまに、そういうことがしたくなります。)
抹茶チョコのオールドファッション(期間限定だそう)とカフェオレ、
ミスドってこんなに美味しかったかな、と思いました。
おしゃれサン気取りで、ボサノバが流れるようなcafeで本を読む…
ってことも考えたのだけど、何しろ今日の気分はミスドだったのでした。
いろんなカップルやいろんなグループやいろんなひとりの人が混在する
雑多な雰囲気の中に、自分の身を溶け込ませたい、というのか。

期末試験で勉強し合いっこする男子高校生たちの隣の席での読書は
意外にすすみ、フラワーデザイナー、体育教師、デパート店員、
漫画家、営業部員、専業主婦、と6人の女性に会いました。
…みぃんながんばってるんだな。

そうそう、その翌日、つまり今日の午後、
この日の読書にプチシンクロがありました。
学校の図書ボランティアの講習会に出たのですが、
講師の先生がおっしゃったコトバ。
「人間は、暮らしの中でいろんな理不尽な思いを抱えます。
 でも、(読み聞かせを含め)本を読むことで、自分の心を物語の中に
 解き放って、その抱えたものをリセットできる。
 これこそが、文学のチカラだと思います。
 文学が人間にもたらす、大きな働きのひとつなのです。」

抱えたのはたまたま理不尽な思いではないにしても、
6つのストーリーの中に、心を解き放つ体験を昨日したばかり私に、
このコトバはドンピシャリ響いて、少し驚いたのでした。
昨日の自分の出来事を、美しいコトバで表してもらった感じで、
こういうのって嬉しいです。思いがけない素敵なギフト、というか。

そういえば、初任給…ならぬ再任給がいただけました。
協力してもらった家族とまわりの人にささやかなささやかなお礼を。
ハンカチ1枚ずつですがね、心をこめて。
自分にも買いました。画像の黒んぼハートちゃんの。


関連記事
スポンサーサイト
02/28 23:28 | 「読」「観」「聴」 | CM:8 | TB:0
*sleepingさんへ*

ありがとうね!sleepingさん。
おかげ様でなんとか1ヶ月やってこれました。
そうですよね、落ち着くにつれて
時間の流れがスピードアップして感じそう。
流れに身を任せながらも、
でも要所要所、埋もれずに地に足つけて過ごしだいものです…^^

「絶対泣かない」…
sleepingさんも!?すごーーーいっ!!なんか感動!
旬を大分過ぎて手にとったので、山本文緒さんの作品では
マイナーな方なのかな、と思ったのですが、すごいな、すごいな。

そうそう、フラワーデザイナーの話もデパート店員の話も、
とても後味よしのストーリーでしたよねぇ。
私、専業主婦(脚本家の妻)の話も好きなんです。
切ないながらも、欲の無い幸せを楽しんでいる感じが。
こうしていろんな人に読まれるこの短編集の魅力は、
オンナが、ヒトが、仕事をしながら抱えるいろんな思いや
自分の弱い部分に対峙し、受容しようとする姿勢…
弱いようでいて強い部分を上手く描いているところかもしれませんね。

長女の卒業…この間、6年生を送る会を見に行く機会があって、
大泣きしてしまいました。
うちの子も、他の子も、本当に成長したなぁって。
sleepingさん、あったかなお言葉、ありがとうね♪
megさん、お疲れ様。一区切りの1ヶ月ですね。再任給いいな、いいな。この後はどんどん時間が経つのが早くなっていきますよ、きっと。

「絶対泣かない」、私もずっと前に読みましたよ~。すっかり忘れていたのですが、megさんの記事を読んで思い出しました。フラワーデザイナーの話とデパート店員の話が印象に残っています。そっか、そっか~。megさんこの本で心を解放したんですね~(^^)。しばし想像。

長女ちゃん、小学校卒業なんですね。おめでとうございます。こちらも大きな一区切りですね。中学生になると、またぐんと世界が広がるんでしょうね。megさん&旦那様の温かい眼差しを受けて、のびのびと成長されることでしょうね~^^。
*鈴さんへ*

鈴さん、いろいろ察してくれたり、
私の気持ちに寄り添ってくれたり、本当にありがとうねぇ^^
自分の生活の、ホントは大したことない変化なのに、
たじろぐ自分を認めたくない時期は、前の記事でも触れたけど、
なんだか自分が自分じゃないようで心地よくなかった…
でも、そんな自分を素直に認めるうちに
ようやく自分のアンテナの感度が戻ってきました。
振返るとこの1ヶ月間は、緊張しちゃうと自分じゃない行動をしそうで、
「緊張しないように緊張した1ヶ月」だったような気がします(笑)
仕事も少しずつ自分のスタンスをつかめてきたような^^
おかげ様です…。

>この本を手にとり「うん」とレジに向かった

まさにまさに!!そうです、「うん」な感じです。
10年位前に書かれたものだから、
時代背景が違った仕事の話だと、ちょっと違うかも…
との思いもありながら、でもやっぱり「絶対コレ」な感じでした。
たくさんの中から手にとった本、その時の気持ち…
同じでビックリな、シンクロ第2段ですね!

再任給、ちょっと嬉しかったんです^^
夫も子どもも友達も随分気にかけてくれたし、
子どもの帰宅に間に合わなくて実母にも世話になったし、
もうホント、まわりの人のおかげなんですよね~。
自分にも買っちゃうところが、自分に甘い私らしいですよね(笑)
*ちゅんさんへ*

ありがとう♪
こんな私がちゃんと職場のお役に立てたかはわからないけど、
おかげ様でなんとか1ヶ月たったよー。
3月、4月もがんばるね。Thank you^^

そう、一番上は来年中学だよー。早いよねぇ…。
私と夫のの母校に通うことになるので、
なんとなく私たちもワクワク♪
そうだよね、ちゅんさんとこもいずれくるよねぇ。
卒園とは違って、小学校の卒業って感慨深いかも…。
*けいちゅんさんへ*

今、客観的に記事を読み返すと、
週にちょっとの仕事を、たかがひと月した程度で、
騒いだ自分が恥ずかしくなってきました(笑)
が、けいちゅんさんの優しいねぎらいの言葉にホロリ…、
ありがとうございまーす!

>誰かの言葉をひょいと掴まえて
>それをじぶんの中の種に

わぁ、素敵な表現~♪
「誰かの言動に刺激を受ける」こと、確かに多い私ですが、
それをけいちゅんさんに素敵に詩的に表現してもらい、
うれしいです^^

ここでのけいちゅんさんの言葉も、
けいちゅんさんのblogでの言葉も、
私に元気をくれたり、奮起させたり、幸せにしてくれる種です…。
megさん、お仕事1ヶ月達成、本当にお疲れ様です。
最初の1ヶ月って、お仕事内容はもちろん、
それ以外の部分でも、新しい環境への緊張感やら、
自身や家族の生活への配慮やら、本当に大変だったと思います。
でも、1ヶ月の区切りに、しっかり「充実感」があるのは、
きっとmegさんにとって良い方向に進んでいるってことだろうなーと・・・↑文章を拝見して、そんな風に感じました。

「絶対泣かない」
私も読んだことがあるんです。
megさんと同じく、帯に書かれていた説明に惹かれたのですが、
それは以前、働きに出ていたときでした。
何というか、違うかも知れないけれど、megさんがこの本を手にとり「うん」とレジに向かった瞬間の気持ちを勝手に想像して、これまた勝手にあの時の自分の気持ちと重ねたりして・・・勝手にシンクロしてました(笑)
その時だからこそ、引っ掛かる言葉とか、響く言葉ってありますよね。

再任給でまわりの方にプレゼント、あったかいなー。
>ハンカチ1枚ずつですがね、心をこめて。
こんな何気ない一言から、megさんのあたたかいお人柄が
ドドーッと大きな波のように伝わってくるんです。
そうか~~1ヶ月たったんですね。
緊張感たっぷりの1ヶ月だったでしょう^^
お疲れ様でした。
でも、充実感たっぷりでうらやましいー!

3月、4月、また忙しい日々になることでしょうね。
ご無理をせずにがんばってくださいね。

ん?おねえちゃん、卒業ですかーー?
おめでとうございます!!!
megさんにとっても今年はひとくぎりの時期なんですね。

私もよく考えれば数年後かぁ。。。!



まずはmegさん お仕事1ヶ月達成オメデトウございます。
それから、お疲れ様です^^
充実感をたっぷり味われたひと月後の感想なのですね。

megさんのブログに遊びに来ていつも思うのは
megさんは誰かの言葉をひょいと掴まえて
それをじぶんの中の種にされている、ってところが
素敵だなぁ、すごいなぁ、と。

いつもの暮らしに、たくさんの種を
(成長させる種だったり、幸せの種だったり)
見つけることが出来ることってスゴイ! と思います。


お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/24-de1df852
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。