スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
とるにたらないじぶん
田口ランディさんの日記 とるにたらない私について考える を読みました。

内容…
ある思想、ある哲学があって、
それは自分が理解できない世界ではないのに、
むしろ自分と同じ方向を向いているのに、
その世界にのりきれないのはなぜか、
一緒には祈れないのはなぜか、と。
祈りと「私」のうちっかわ、について、綴られています。

ランディさんの文章から、あたしがうけとったこと。
ごく簡単にまとめますと…

『私の祈り。
 かけがえのない私でもあるが、とるに足らない私でもある、その私が、祈る。
 私には私の祈りがある。
 それで、いいんだよ。それぞれで、いいんだよ。』

でしょか。
更に、深くうなずいたところを抜き書きしてみますと、


 世の中は「あなたは唯一無二のかけがえのない存在」ということを
 あまりに強調しすぎているかもしれない。
 それはそうなのだが、かけがえがないほうばかりを大切にすると、
 なぜか祈りというものから遠くなることに気がついた。
 とるにたらない自分であることの肯定こそが、祈りと契りあっている。

 

 そんなに幸せでなくても、そんなによい人でなくても、
 とるにたらない存在であっても、それはそれでいいではないか……。
 下世話で、あくどくて、混とんとして、
 みみっちいこの世界でもそれはそれでいいではないか……。
 こんな自分でもいいではないか……と、思えないと、祈りは厳しい。
 自分を越えた高尚さの先にある愛や平和は、しょせんきれいごとだからだ。



…らへんです。
読ませてもらって、
わ、つながってる、
お、つながったやん、って。
出たっ、つなげたがり。出たっ、リンク好き。

っつーのは、まさに数日前に感じたこと。
クウネルの、修道院に関してのヨミモノを、興味深く読んで、
クウネル vol.47 で、ちょろり、書いたのでした。

神に近いシスター方は、シスター方の道を歩まれて、
俗と欲の中でゆらゆらと生きるあたしは、あたしなりの道を歩んで、
それぞれでよいのだ、
それぞれの立場で祈るのだ、と、そう思ったばかりなのでした。

(ここにもそれぞれの道、お役あり、だって思った。
 ランディさんは、深く、的確に掘り下げて、巧妙に表現するお役。
 あたしは、それを読ませて頂いて、深くうなずき、感銘をうけるお役。
 世の中うまくできてる、できてる。)

もひとつね、つながった、つなげた、のは、
ランディさんの文章の、ここんとこ。


 だんだん年をとって、五〇にもなろうという今になって、
 冷めながらノリノリという、難しい技ができるようになってきた。
 どこかで冷めつつも、それなりに愉快にやれる。
 というのは、自分というものを否定しなくなったからだと思う。
 冷めている自分を好きになったので、逆にノレるようになったのである。不思議なものだ。
 自分のダメ出しをしなくなれば、どうでもよくなることが多いということに気がついた。



最近かな、あたしも似たようなこと思ったなぁ、そういやそんなこと、なんてって、
自分の書いたもんを読み返しましたわけでして。
そしたら、2ヶ月前に書いた じかくすること に、再会しました。

こちらのは、山田ズーニーさんの文章から、
自分に正直になり、ちゃんと自覚をすることの大切さを感じた、
…的なハナシをしてるんですが、ね。
つなげたがり、シンクロと思いたがり、ですので、
『自覚すること』『自分を肯定すること』がもたらしてくれる変化…、
あん時もすごいと思ったよね、
今回もそうだよね、やっぱりすごいんだね、って、
おんなじだ、つながった、って。
そういうことにしちゃいますか(笑)

自覚、とか、自己肯定によって、
ズーニーさんの場合、自分のループを抜け出せてしまったり、
ランディさんの場合、冷めながらノリノリ、ができてしまったり。
予想しがたい変化、効果をもたらしてくれるもんですね。

自覚、も、自己肯定も、
さらり、少ない文字数でおさまることば。
自覚、も、自己肯定も、
自分のコントロールでしょーよ、簡単簡単、と、いともたやすそうですけれど、
ランディさんもそれ相当の年月をかけてそうなってきたこと、
文書から伝わってきます。

今回のつながり発見の巻、の意味は、
つながった、つながった、言うて喜んでるそこのあなたっ!…ってことなんでしょう。
メッセージ、届いてますよーっ!…ってことなんでしょう。
そのメッセージとは、

『難しくてもなんでも、ただそこに向かい、
 正直に、自分を否定せずに認めて、自覚していくこと、を
 努めてやっていったほうがいいよ』

ってこと、なんでしょう。

ありがたいね。
前のズーニーさんの時にうけとったメッセージとおんなじこと、
今回、ランディさんからうけとり直せたのですもんね。
書きっぱ、想いっぱ、になっていたことを、あらためて想い直せたのですもんね。

かけがえのないあたしを大事に、
とるに足らないあたしを愛して、
あたしなりの方法で、誰かとあたしのために祈ろう、願おう。


関連記事
スポンサーサイト
12/01 22:10 | 「想」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。