スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
minaをめぐって


巡ったのは、mina perhonen 白金台店、すぐそばの arkistot、 青山 piece。
大友(大学時代の友)ミッキィとともに。

ミッキィの情報集めと、土地勘にすっかり身を委ね、
minaワールドに酔いしれることができた、青山、白金散歩。

ミッキィと楽しすぎるおしゃべりをしながら、
あたしの住んでいるトーキョーの街とは空気が違う、
トーキョーのまんなからへんの街並みを歩きました。

てくてく歩いて、
あたしの黒のショートブーツがトーキョーの道路を踏みしめて、
歩みを進める毎に、多分ぼんやり、でも確信、していったこと。

『電車に乗れば、いつだって訪れられる、この街も、このお店も。
 そういうバショに住み始めたんだわ、あたし。』
…敢えてことばにするとしたら、そんなこと。

ご縁があったから、ココに住んでいて。
ありがたいことに、周りのお人に恵まれて。
おかげさまで、根っこをおろし始めていて。

そんな、思いいっぱい、胸いっぱい、だったからか、
この日、3つも巡った割に、ココロ動いて買い求めましたのは、ハンカチ1枚。
jerry beansの 大粒ちゃん。
(縁取りは3色ありましてよ。)

個人的には、アーカイブの服やバッグを置いてある arkistot が
イチバンワクワクしました。
mina時代、とか、ちょい昔のテキスタイルが好きだったりするので、
お宝探し的楽しみもあるし、
2Fには布やらテープやらレースやら、
…に加えて内布のカラーも選べるミニバッグオーダーもできて、
塑性高め、カスタマイズな空気が、ヨカッタでした。


TS3U0002.jpg


*photo*

上;女子(!)の身だしなみグッズと一緒に、持ち歩くお楽しみ。
  黄色のは、6年前から愛用、jinaiバザー残りものティッシュケース。
  あたしに似たクチビルさんは、チビ手鏡。
  笑いすぎて涙流した時のパンダ目チェックには必需品。

下;白金台店は小さなビルの3Fにアリマシタ。
  1Fは、Sally Scottデシタ。
  階段を上がると、かわいいチョウチョのモザイクタイルと、
  minaしてるラグが迎えてくれて、一気にテンション増。


関連記事
スポンサーサイト
11/11 00:20 | 「衣」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。