スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
もったいながらず
20070126003919.jpg

ノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさんも、
それからもったいないばあさんも、
みんな推進している「もったいない」運動。
自然を、資源を、できる限り再利用、大事にし、
私らの地球を守ろうよ!という…。

ところが、勘違いする私がいまして、全く!
なんと、自分のカラダを、ココロを、動かすことを
「もったいながっている」んですよ、私ったら。
守るのは地球。「もったいない」のは資源のむだ遣い。
自分を必要以上には守るものじゃないし、
「もったいない」のは私のエネルギーじゃない…。

と、自分に言い聞かせるべく、ここで今記事にしてみているわけでして。
なんかね、自分のチカラを出し渋っている自分にコラ!ってしたくて。

年度があらたまる春を迎えようとしている今。
4月始まりで学年が変わるという、
日本の学校教育の中に身をおいた子どもの頃から、
春はずっと大きな節目です。
自分が学校を卒業しても、年度で区切る職業に就き、
退職して子どもが産まれれば、子どもの学校はまた春に区切られ。
そう、いつもいつも春は節目なんです。
そしていつもその節目待ちの今が、少し落ち着かない感じなわけで。
春は好きな季節なのに、弱い季節でもある私。

この春も、子どもの進級、卒業。
そして、私も少しだけ10数年ぶりにちょっとだーけ
社会復帰が始まるのです。こんな私に声をかけて下さる方がいて。
週に1、2回のことなんだけど、私には少し大きな決断で。
できるのかな、私に。つとまるかな、私。…なんてって、
少しワサワサしていたのだけど。

こんなふうに、家族のこと、自分のことで、今は心もとない感じ。
節目本番がくれば、肝も座るのだろうけどね。
お医者でいえば、まだ「中待合」まで呼ばれてもいずに、
「広い待合室」でぼんやり待つような感じなんだと思う、今って。
そう差し迫ってもいないのに、
なんか気持ちも行動もちんまりしちゃっていて。
おとなしくしちゃってて、もうひとりの私が
「つまんないよ、そんなんじゃ」って言ってます。そして、
「節目本番に向けてエネルギーを貯めているつもりらしいけどさ、
 おばかだな、エネルギーなんてものはあふれ出るもんだよ。
 貯金できたとしても、そう大した量じゃないんだよ。
 人間のエネルギーに『もったいない』は、ないと思うよ。
 マータイさんももったないばあさんも、決してそうは言ってない!」
っても言ってます。 

…だよね。
使おう、自分のカラダ。いいじゃない、ふるわせよう、ココロ。
節目待ちの今からの毎日、出し惜しみせずにエネルギーをつかい、
いろんなこと、吸収し、感じよう、と思います。
私にできないことは、私には、まわってこないはずだもの。
確かに大きなイベントが待つけれど、それはそれ。今の毎日は、今の毎日。
節目直前の中待合で待つ段階になれば、
直前でそれは動きづらくもなろうれど、
待合室の今は、まだまだ広くて自由に待ちやすいもの。
せっかくだから楽しもう、と思うわけです。
じっとしてないで、私の中の懸案事項にもちゃんと取り組もっと。
(写真の整理とかね…ギャー!)

あとひとつ、小さな決意。
忙しいと、いとしの右足クン酷使で、不安もあるけれど、
動いてくれることに感謝しながら、仕事をさせてもらおう。
節目の春を過ごそう。
夏も、秋も、冬もやっていこう、と思います。


*画像*
娘ふたりがホットプレートで焼いたホットケーキ。
固めのカスタードクリームをぽてっとのせたら、ゴン太くん風(笑)
バターをくるくるする(こんなの→)がほしくなります…。


関連記事
スポンサーサイト
01/26 01:22 | 「食」 | CM:6 | TB:1
*Akinoさんへ*

えーっ!Akinoさんもなんですかぁ!!??
Akinoさんは、いつもきちんとくらしの中の「食」を見つめ、
そこにエネルギーをゆるやかに注ぎこんで、
上手に昇華されているように見えまているので、少しびっくり。
人間って、ちゃんと丁寧にくらしていても、
自分のことを「まだまだ」って思うものなのかもしれないですね。

>春のエネルギーの助けを借りて

いい言葉ですね^^いただき!(笑)
私も春のエネルギーに助けてもらいながら、がんばろうっと。

カスタード on ホットケーキ、おいしかったです♪
(と言っても、カスタードもお手軽なんです^^;)
私が作るとフライパンなので油少な目でいけるけど、
娘が作るからとホットプレートだったので油はそれなりに。
それでか、カリッとして香ばしかったです。
…って、ミックス粉で作ったホットケーキごとき、
油がどうとか語ってもしょうがないですよねぇ!(笑)
Akinoさんのようにお料理上手になりたいものです^^
*鈴さんへ*

>「時間も体から溢れるエネルギーも、もったいない!
> ムダに流れ出てるだけじゃないか!」なんて

うわ!もったいないばぁさん、ホントそんな感じ~(笑)うまっ!

先日、現実のお医者の「広い待合室」では、
ぐーーーすかぴーと寝ていて、
看護士さんの声で慌てて起き、よだれをふきました。
「…megさぁーーーん」の語調から、それまでに何度も
呼ばれてたんだってのもわかりました(汗)
そんなに度胸ある待ち方もできるはずなのに、
ホント、このふわふわな感じ、なんでしょう。春はいつも。
地に足ついていない感じがヤで。
それで今回書くことで、自分を戒め。めっ!(笑)
おうちを、くらしを、より素敵にしていく鈴さん。
エネルギーの上手な使い方、見習わせてもらいます<(^ ー^)

私の復帰…何も正規の職員で毎日バリバリ働くわけでもなく、
大騒ぎするほどのことでないとわかりながら大騒ぎ(笑)
専業主婦暦も長かったからもあるのだけど^^;

>きっとこの復帰は、すごく大きなプラスになるのではないかと

ありがとう!!何よりのエールです(泣)がんばるね^^
*ガジェットさんへ*

ガジェットさんはアメリカに10年近く…そして帰国。
今度はだんな様が生まれ育ったお国を離れて日本へ…。
ご夫婦で新しい生活のスタートですね♪
住環境までもがガラリと変わって、私などに比べたら、
大きな大きな節目を迎えられる今春なんですね。

>まだか、まだかとセカセカと何もせずに待っているような気がします。

この言葉から想像するに、楽しみにしてらっしゃるのかな^^
準備など、現実的な手続きをひとつひとつ済ませながら
一方で期待や楽しい計画…!
「広い待合室」の長椅子で姿勢よく座り、
ニコニコ微笑んでいるガジェットさんを想像しています♪

>megさんはハートでエネルギーを使っているのかもしれませんよ。

なるほど…。昨日までの自分を、
そんな風に解釈してみるといいかもしれないですね。
そして、こうして考える機会を得た今、その今からは、
しっかりカラダも動かそうと思います。バランスよく^^
でも、不思議。カラダは動かずとも、考えているだけでも、
おなか、すきますよねぇ。
やっぱりエネルギー使っているんですね(笑)
(って、そういう問題じゃないですね^^;)

子ども達の新しい春を、私のちっぽけな変化を、
「素敵な人生のイベント」と言ってくれてありがとう!!!
そうですよねぇ。
「段取り8分」ともよく言います。しっかり段取りをしておいて、
ココロのゆとりをもって、子ども達の成長に感謝し、
喜んであげたいと思います。
「暦の上で節目として輝く」…いい言葉ですね。
母として、小さな存在ながら仕事に携わる者として、
日々を大切に暮らそう、そう思いました。おかげ様。
ガジェットさん、ありがとう♪
私もずっと「自分のエネルギー」を
もったいないもったいないと、貯め込んでいます。
これじゃいけないはずなのに。
megさんを見習って、それから春のエネルギーの助けを借りて、
私も少しずつ動き始めなくてはっ。

ホットケーキがおいしそう。
お手軽なはちみつやメープルシロップになりがちですが、
カスタードクリームもいいですね。
ワクワク、ウルウル、ソワソワな春。
そうですよね、いつだって春には何かと一区切り。
私はいつも「広い待合室」で不安にかられて
何も手につかなくなるタイプです。
ホント、もったいないばあさんが傍に居たら
「時間も体から溢れるエネルギーも、もったいない!
 ムダに流れ出てるだけじゃないか!」なんて
叱られちゃいますね。
体や気持ちが区切れる状態になくても、
必ず節目はやってきてしまい、新しい流れに
スムーズに乗るのか、軽く溺れつつ乗るのか、
そんなこと、その時にならないと分からないのに・・・。

>出し惜しみせずにエネルギーをつかい、
 いろんなこと、吸収し、感じよう、
ホントに、そうした方がどれほど未来の自分のためになるか・・・。
ホンットにそうですね。胸に響きます。

megさんの社会復帰、心より応援しています。
深い考えと、広い視野をお持ちのmegさんですから
きっとこの復帰は、すごく大きなプラスになるのではないかと、
人生の後輩がエラソーに申し訳ないのですが
ホントにそうに違いないと思ったのです。

>私にできないことは、私には、まわってこないはずだもの。
今日はコレ、すごくガツンときました。




4月始まりの生活、megさんのブログを読みながら私自身にも「自分にコラ!」でした(笑)。

帰国のため今春から、私たち夫婦の暦も4月始まりの生活になるんです。アメリカ生まれ、アメリカ育ちの主人には、きっと慣れない生活のリズムになるのかもしれません。私もアメリカ生活をして早10年近く経つのですが、9月始まりの異国にいても4月の桜に春を感じ、その春に新しい始まりを感じる私は、やっぱり日本人なんだなって思います。

でも、きっと沢山の「日本」を忘れている自分がいる事でしょう。生活や習慣がガラリと変わるこの4月。今の私も「広い待合室」で待っている状態なのかもしれません。私の場合は、まだか、まだかとセカセカと何もせずに待っているような気がします。

私事になってしまいましたが、megさんの社会復帰、子供さん達の進学、とても素敵なイベントだと思います。そんな素敵な人生のイベントは、「待ち時間」である今この瞬間、毎日の何気ない生活を大切にしているからこそ、暦の上で節目として輝けると思うのです。megさんの家族ブログ、読ませて頂いてとても暖かい気持ちになりました。きっと自分では分かっていない所でも、megさんはハートでエネルギーを使っているのかもしれませんよ。

私もエネルギーを渋らせないで、この「待ち時間」を大切にしたいと思います。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/18-6b1bd499
* トラックバック *
チョコミントのランチョンマット
去年の暮れに「かぎ針編みでモチーフ小もの」っという本を買ってから、作り始めたランチョンマット2枚。同じパターンを30個も作って、それを繋げて、後は両端のピコットだけ!っという所で2ヶ月近くも放置してしまいました。。。。。。私の悪い癖。。...
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。