スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
じこまん
DSC05545.jpg

ごはんをつくる。
ひと手間かけるとやっぱり美味しい。
野菜の面取り、切り方、素揚げ、塩、とか、そんなこと。
でも手抜きもいっぱいする。
こっそりの手抜きもあるし、あからさまな手抜きも、言い訳と一緒にする。
「美味しい」と言われれば素直に嬉しい。
でも、美味しかったら自分で先ず「うまっ」とか、先に言う。

洗濯や掃除をして、気持ちいい。
ちょっと、ラクチンに、少し、楽しみながらできるよう、アタマも使う。
ホコリが目についたら、さっと掃除できるよう、ペーパーモップの定位置を変えてみる。
ほうきのかけひもは革ひもで、釘も、アイアンのぶっといの、とかね。
はき終わってほうきをかける時、ちょっと嬉しかったり。

着るもの。
毎朝、何を着ようか考える。今日はどんな気分かな。
この初夏からは白シャツばかり着ている。
ガーゼ、ブロード、麻、オックスフォード。
襟はあってもなくても、ボタンを1こか2こあけて。

買い物に出る。
たまに、好きな花屋さんで花を少し買う。
コーヒーはぜいたくすることもあるけど、見切り品もかごにたくさん入れる。

子どもと。
いってらっしゃいとおかえりを言って、
送り迎えも時々して、保護者としてのもろもろもする。
週末に試合があれば、体育会系の血が騒ぎ、熱く応援もする。

夫と。
時間と睡魔の許す限り話す。触れ合う。議論もする。
この時間が、それぞれのリセットになることを、
互いのエネルギーの交換のし合いになることを、
ココロ、カラダ、タマシイは知っている気がする。

深い、浅い、近い、遠い、いろんな距離の人と、友と、
いろんなご縁の人と交わる、つながる、考える、楽しむ。

ソファーで、ベッドで、昼寝も時々。
ひとりの昼ごはんは、買い物に行ったついでに調達したりも。
かんぴょう巻きと鉄火巻きとこしあんぱんとか、そんなの。
炭水化物ばかりだなぁ。

…これが私の毎日です。

誰かが喜んでくれたら、嬉しいし、
誰かにほめてもらえたら、そりゃあ嬉しいし。

確かに、誰かに認められたら嬉しいんだけども、
「それならおまえさん、
 誰かに認めてもらえなかったら、自分を認めてあげらんないのかい」
ってこと。
ここ。ここに、私の意識がフォーカスしている、最近。
誰かの評価が大事なんじゃなくって、先ずは自分で自分を認めよう、って。

ただね、
自分が自分を認めていれば、それでもうよいの、という、
自分勝手なような、閉鎖的なような匂いを漂わせたいのじゃあなく、
何より自分が自分を認めて、そこから広がろう、はじめよう、という、
ゼロ地点の土台固め、みたいな…
意識したいのはそんなこと。

先ず、自分が選択したことを楽しんでいるかどうか。
先ず、自分の気持ちはどうか。欲しているか、いないか。
先ず、自分が自分を認めているかどうか。
「自己満足」しているかどうか。
…そこを先ず自分に問おう。

楽しんでいなかったり、
欲していなかったり、
認めていなかったり、
「自己満足」していなかったりしたら、、
楽しむように、欲するように、認めるように、満足するように、
自分をコントロールしたり、軌道修正したりしよう。

そうやって先ずは、
自分で、その時その時の自分に誇りを持つこと、ありき。
そこから、発する。広げる。進んでいく。

ジコマン、自己満足、って、
内輪的な、
謙遜する時に使うような、
開いているか閉じているかといえば、閉じているような、
そんなイメージだったけど、
自分に満足するって、とっても大事なことだよねぇ。

同じ角度から照らすと、
ジコチュー、自己中心、ってのも、ある意味悪くないとことばだと思えてくる。
確かに「あのヒト、ジコチューよねぇ」と言われるようなヒトを、
私は、まぁ、そういうヒトもアリかもなと思ったり、
逆にちょっと羨ましいと思ったりしてきた理由が、少しわかった気がシマス。


*photo*

赤いチリトリ、高光俊信さんの。
昨冬、ecokaから我が家に。
古めかしいものの赤い色って、魅力的。
といっても、これは古いものではないけれど。


関連記事
スポンサーサイト
10/16 00:32 | 「住」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。