スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
プール
DSC05465.jpg

映画、プールを観てきたのは先週のこと。

「ことばスクナ」の作品。
「メッセージを押しつけてこない」作品。
「余白の多い」作品、でした。

平日の午前中の映画館で、見事に性別、年齢層がばらけているのも、なんだかよかった。
「語られてない」作品を観たそれぞれの人たちが受け取って帰るものは、
文字通りの“色々”、十人十色なんだろうなぁ、と思いました。
それぞれのアンテナで、
この、ゆるい映画から静かに発信されている電波を受信して帰ったんだろうなぁ、って。

私の受け取ったもの。
短い観賞文を書いてみよう。

チェンマイの地で暮らし、生きる、京子(小林聡美)の選択、役割。
市尾(加瀬亮)には市尾の、菊子(もたいまさこ)に菊子の、ビー(男の子)にはビーの、選択、役割。
本人たちは、それについて多くを語ってないけれど、
洗濯を干し、仕事をこなし、ごはんを作って食べ、飼っている動物にごはんをあげる、
そんな何気ない姿から、確かな、それぞれの役割がみえてきました。
大きくても小さくても、
それが自分の役割だとわかっていてもわかっていなくても、自分の役割をこなす。
それだけですばらしく、尊い、古都チェンマイでの暮らし。

みんな、ことばレベルというより、魂レベルの意志で、
チェンマイのプールのそばを自分の生きる場所としているんだろうな。
さよ(伽奈)もさよで、そんなチェンマイのみんなと触れ合うことで何かを見つけたようで、
これから、“さよらしい”選択をしていくはず、きっと。
そんな顔をして帰国していたなぁ。

私。
今年の春に住まいを変え、今年は仕事をしないんだ、と決めた私。
そんな私にも、映画の中のみんなとおんなじように、
私の選択と役割があって、
それはまた、映画の中のみんなとおんなじように、
はかな気なようでいて強い意志、強いようでいてはかないけど、
それでいいんだよ、それぞれでいいんだよ、って、
そんなやさしい風のそよぎ。

映画館を一歩出たそこには、
ランチタイムの休息で通りを歩いている、IDカードを首から下げるお仕事な人たち。
キリリとした服装(かっこいい♪)のその人たちにも、その人たちの選択、役割があるんだろう。
映画の中の京子たちがいて、IDカードな人たちがいて、私がいる。
それぞれがそれぞれの形で社会とつながり、
それでいいのだ、いやいや、それ「が」いいのよ、とか、
ある意味ワークシェアか?、いやいや、ある意味じゃなくてもワークシェアよ、とかね、
お昼ごはん@スーホルムカフェのスワンチェアに座って考えていたのは、そんなようなことでもあり、
また、注文したエビとアボガドのサンドって、うまいよねぇ、でもあり、
それとか、スーホルムカフェのトートバッグのパープルを連れて帰るかどうか、でもあったのでした。

結局、連れて帰りませんでしたが、落ち着いたいい色です、このむらさきいろ。
HPの画像より実物のほうが、もすこし濃い、スミレな感じ。
この前のぞいた45rpmにも、いいむらさきいろのトートがありました。
薄むらさきが気になる秋です。

おっとっと、脱線。
この映画のゆるさ、やさしさには、こんな脱線こそ、よく似合うかも(笑)

この映画のコピーは、「理由なんて、愛ひとつで十分だ」。
“小理屈こね子”の私、説明のことばが無いほうがよい時に、
あれこれ理由をあげつらいそうになったら、
このコピーに、この映画の空気に、身を委ねようと思います。

印象的シーン、キーワードで覚え書き。
・揚げバナナ
・京子の白ブラウス
・ピクルスを届けた日の菊子のワンピース
・ラストシーンの道の赤
・鳥のさえずり、風、歌


関連記事
スポンサーサイト
09/25 10:26 | 「読」「観」「聴」 | CM:2 | TB:0
*ナマステさんへ*

そうなのね、こっちに住んでるからにはね、公開早々に、と思い、
早速ね、観にいってきたよ。

プールはね、小林聡美さんが、雑誌のインタビュー記事の中で
「『かもめ食堂』にはまだやさしい雰囲気があるかもしれませんが、
 『めがね』はぶっきらぼう、『プール』はかなり不親切です」
と話していたんだよね。
“3部作”についてうまく表現しているかもなぁ、って思った。
ナマステさんの感想も聞きたいので、また機会があったら教えてね^^

「理由なんて、愛ひとつで十分だ」 …
そうなんだよね、「友愛」第一(笑)
「そこに愛はあるのか」ってね。
「愛があれば大丈夫」ってね。

>出来もしないことで負けず嫌いが出て、
>役割が見えていなかったのかも?

ここ、すごくわかる。
獲得する、ことだったり、得る、ことだったり…、
そりゃあ、ほしがってしまうよね、人間だものね、
誰しもキラキラな光にあてられたいよね。

でも、そういうことから脱力したら、
大事なものがぽっかりと浮かび上がって、
これ「で」いいんだ、じゃなく、これ「が」いいんだ、って思えてくるんだよね。
手に入れてないものではなく、
自分の手の中にあるものに、光をあてて暮らしていけたら、と、本当に思うよ。
(これって、わかっているようで、わかってないんだろうな。私。
 いっつもどっかにスッ飛んじゃうんだよねぇ・泣)

>毎度の勝手な解釈すみません。

とんでもない、とんでもない、とんでもない、ない。
私こそ、自分よがりな文章なので、わかりにくいだろうに、読んでくれてありがとう♪
そして、思いを共有してくれてありがとう♪♪
いつもこちらこそありがとう、ナマステさん☆
megさん、もう観てこられたのね、羨ましい~
、「理由なんて、愛ひとつで十分だ」
そう、そう愛・愛なのですよ。
鳩山さんも言ってます「友愛」愛デス。

役割「洗濯を干し、仕事をこなし、ごはんを作って食べ、飼っている動物にごはんをあげる、
そんな何気ない姿から、確かな、それぞれの役割がみえてきました。大きくても小さくても、」

これです、今私が忘れかけていたこと・・・
出来もしないことで負けず嫌いが出て、
役割が見えていなかったのかも?
私は私の分(役割)があるはず。小さいけれど・・・
毎度の勝手な解釈すみません。

megさんいつも有難う!!

お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://meg300.blog72.fc2.com/tb.php/140-96f06861
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。