スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ファスナー


お出かけの友。
上からfogポーチ、MUJIポーチ、長財布、ななめがけバッグ。

ファスナーづくし。
あ、わたしはチャックとも言いますがね。
ファスナーって、チャックって、美しいです。ザ・直線美。
凸と凹がうまく合わさって、かみ合って、人生のよう。

やること山積みのこの時期に、
逃避でぼんやり、ファスナー眺めていたのですが、
そういえば、ミスチルの曲にもあったよね、「ファスナー」。
色っぽさがすきな曲。
スガシカオと歌っているバージョンのも、よいです↓




関連記事
スポンサーサイト
12/19 05:52 | 「衣」
きょうのブローチ


寒いから、元気イロ。
寒いから、元気ウサギ。

*****
昨日の地震、吉祥寺のビルの6F、本屋にいました。
311と、それ以降の日々のこと、よみがえりました。
あの日あの時、わたしは自宅に、長女と数人のお客さんで居て、
昔の職業の刷り込みで、わたし以外のみんなを守らねばという使命感で。
余震続きの落ち着かない日々は、
震源地に近いみなさんこそが言い知れぬ恐怖のさなかにいるのだから、
わたしごときで恐怖だなんては思ってはいけないのではと、
恐怖の感じ方、遠慮気味で過ごしました。
そんなふうで、恐怖を感じ切らないままにしてしまったからだと思うのだけど、
後々その影響がガツン!心と体にしっかりやってきて。すこし大変だった。

だから、今回はちゃんと。
『こわかった。家族と離れて不安だった。すんごくこわかった。』

…そして、いまいちど、備えているモノとコトを見直してみないとなぁ。


関連記事
12/08 12:06 | 「衣」
夜中パン
pan.jpg

パソコン作業はきらいじゃないのです。
が、広報委員業で、ここのところ、日がなパソコン、ワード。

あー、がしがしと手を動かして、何かをつくりたいと思った、無性に。
大げさだけど、くらしを営む自分、みたいなものを実感したい。

そして、夜中、パンを焼きました。
あんパン、クリームパン。不格好。


関連記事
12/06 21:38 | 「食」
東京蚤の市
tokyo nominoichi3

東京蚤の市へ。
電車に揺られて夫婦遠足。
会場は競輪場。
競輪場って初めて。
そういう意味でもわくわく。

この日を記しておくとしたら、のキーワード。
古いもののやさしさとヤレの美とあたたかさと色味。
おしゃれパン屋、おしゃれカフェ出店、パンにスープにおしるこにチャイ。
色づく木々。
目の当たりにした競輪走路の傾斜角度。
古いものずきさんたちの、同じ匂いのするファッション。
脱力イラスト、ニシワキタダシさんのスタンプラリー。

蚤の市、特段お目当てがあったわけじゃあなく、
ふらりと向かったので、持ち帰ったものはなーんもないけど、
しゃべって、歩いて、食べて、笑って、食べて、の、
のんびりの、ゆるくて楽しい時間が戦利品。


関連記事
12/04 19:09 | 「住」
on-doc.に行く
on-doc.jpg

原田知世チャン、伊藤ゴローさん、ふたりの朗読と歌の会、
「on-doc.(オンドク)」ツアー。

信頼すべき高感度アンテナの持ち主、大学友Mから、
東京でライブがあるよ、の情報。
11月の半ば、品川の教会。
もちろん、行きましたとも。

もう、言うまでもなく、うっとりほれぼれの時間。
(と言いつつ、前半の朗読の時、
 知世チャンの透明ボイスと、
 ゴローさんのしっとりギターに心地よくなりすぎ、
 Mもわたしも途中、寝た、うかつにも・笑)

後半の歌。
FINE、ノスタルジア、くちなしの丘…
拍手のみのアンコールに応えて、時をかける少女。
時をかける少女は、10代のわたし、フラッシュバックで涙ぽろり。
くちなしの丘、ノスタルジアは、
なんというか、わたしの心も体も喜んで、沁み入って、高揚して。






ゴローさんのギターも、曲によって、
音色、表情、見える風景…、
きれいに弾き分けられていて、
ふわりと別世界にいざなってくれる。

ライブの風景はこんな感じで。
この画像はスタッフさん?が撮ったものかな、
一番後ろのほうからステージを眺む画。
ステージ、右が知世チャン、左にゴローさん。
品川教会のGLORIA CHAPEL、
前後20列ほどある席、わたしたちは17列目に。
わたしと友Mの後頭部らしきもの、みっけ。


*photo*
on-doc.のプチパンフをそっと置きましたのは、
色合いにひとめぼれ、TWEEDMILLのストール。
ほぼ毎日、はおってお出かけ。ルン!


そしてこっからは、ビッグオマケバナシ。
ライブ終了、席を立ち、
楽しくて興奮しすぎで、なんでその話をしていたか忘れたけど、
わたしがMに「マザーウォーター」のDVDを観たって話をしていた、まさにその目の前を、
小林聡美チャンが横切る!という…。(感涙)
しかも、その後ろには、
光石研サン、もたいまさこサンがいらっしゃった、という…。(歓喜)

すごくない?
すごくなくなくない?

映画にうといわたしがほとんど観ている、PRADISE CAFE系映画…
そのテッパン出演のビッグ3、勢ぞろいだよーーーっ!(叫)
しかも、おさんかた出演のマザーウォーターの話をしている、
まさにそのさなかにだよー!
すてきシンクロ!

すきなひと、すきなおとに触れに行ったら、
思いがけず、ベツのすきなひとたちにソウグウ…。
たった数時間のうちに、訪れて満たされた濃厚な幸福。


関連記事
12/01 00:01 | 「読」「観」「聴」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。