スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
女子高生返り
kyoto1.jpg

先週末の京都旅の目的はふたつあって、
ひとつめは、高校の同窓会・近畿支部に参加すること。

同級生のすんばらしいがんばりで、成功裏に終わり、
その後、京都に詳しい友達に案内してもらいながら京都散歩。
買い食いしたり、おみやげを物色したり、鴨川で写真を撮ったり、
それはそれは陽気で愉快で楽しい「オトナの修学旅行」でした。

二次会、三次会…と飲み会時間もたーっぷり。
翌日のふたつめのお楽しみがあったので、宿泊も。
一日目の朝から、二日目の朝まで、ずっと一緒できた高校の仲間たち。
永年の仲良し友とも(いいトシこいて)きゃぴきゃぴやって、まさに気分は女子高生。
楽しかった!

楽しかった…のだけど、
日曜、東京に戻ってからのわたし、あれれ?なカンジでした。
どうした?なんだか調子つかめず。

月曜。とにかくぼーーーっと。
ソファーでぼーっ、椅子の上で体操座りでぼーっ。

火曜。いかんいかん、カラダを動かそ!調子戻そ!とばかりに、
掃除や洗濯や料理をいつもより丁寧に。
それでも、アタマん中は自分じゃないみたい。
おいおい、わけもなく涙までにじんできた。

どうしたんだよ、わたし。

考えていたら、ぴたっとくる答えが浮かびました。
赤ちゃん返り、ならぬ、女子高生返り。

高校の仲間と、長い時間過ごせたことで、
あの頃の楽しかったこと、たくさん思い出せてハッピーだったけど、
どうやら、あの頃しんどかったこと、も思い出した。
そこらへんの、しんどかった面にバックし、
フォーカスしてしまったカンジ。

今でこそ、ぐらつきにくくなった足元。
ゆらゆらしにくくなった心。
だけど、高校生の頃は、常にぐらぐら、ゆらゆら。
加えて、見せかけの自信。一喜一憂。不安定。弱さ。せつない心。

今回は、そんな「昔のわたし成分」の中でも
ネガティブ部分をとりこんでしまったことによるアレルギー反応、なんだと思う。
少しだけ強くなってきているわたしの中の抗体が反応した。
二日間のぼーっは、たぶんそんなだと。

こうして理由を想像できて、
そして昨夜、高校生の時みたいな泣き方で少し泣いて、
ちょっとだけ楽になった。

水曜の朝を迎えた今、今日から少しずつやっていこうと思ったこと。
せっかく現れてくれた高校生のわたしを、
よしよしつらかったね、と理解して、
いいんだよ、それでよかったんだよ、それにしてもがんばってたね、と
認めて、持ち上げてやろうと思う。
それまでは自分のなかに在ってもらって、
その作業を終えてから、
会えてよかったよ、ありがとう、ばいばい!って見送ろうと思う。


*photo*
京都の隠れスポット、
寺町通、錦天満宮の「ビルに突き刺さった鳥居」


関連記事
スポンサーサイト
10/31 08:40 | 「想」
京都へ
kyouto.jpg

週末、京都にショート旅。1泊。
ちょこっとお役目があっての京都ゆきだけど、
夫は残念、仕事なので、我が家代表、無力ですがわたしひとり向かいます。

1日目、会いたかった、話したかった、たくさんの友達と集い、
そこでお役目も果たし、楽しい時間を過ごす。
2日目、故郷の友と合流、日帰り京都散歩。

きっと楽しい。楽しくないわけがない。
想像しだだけで、"楽しみ値"の飽和量を超えている。どうしてくれよう。

待ち合わせ時間を決めたり、
あそこ行こうよ、ここよさげ、なんてメールでやりとりしたり、
寒いのかな、何着ようかな、ってやってたりする時間から、
もう楽しい旅ははじまっています。


関連記事
10/26 06:03 | 「衣」
寝違えと正解と
sajilo clove

思ったことふたつ。

ひとつめ。
背中を寝違えまして。
かがんだりねじったりするとイテッ!ってなるので、
「姿勢がいいひと」になっています。
家事をしていても動きがスロー。
いつものザッパなわたしにはない、丁寧な所作。
時間はかかるけど、丁寧にモノを扱うことは気持ちのいいことです。

ふたつめ。
迷っている家族に意見や判断を求められたわたしはよく、つい正論を口にします。
どうするのが正しいのか、を話していると、そのうち、
「あれれ、これは意見としては正しいけど、相手にとっては本当に"正解"なのかな」
という思いに至ってきます。
正しくなくても、少しズレていても、誰かに迷惑をかけても、
「それが"正解"」っていうことがあると思うのです。


*photo*
カレーが美味い。内装すてき。
西荻窪 sajilo clove 。洗面所のスイッチ。


関連記事
10/23 16:04 | 「想」
コーヒー
slope1.jpg

コーヒーのウンチクは一切語れないし、
大きなこだわりもないですが、美味しいコーヒーが好きです。

わたしの住む小さな街にも、
コーヒースタンドがオープンしまして、ガッツポーズです。
うれしいことこの上ないです。
シンプル空間でコーヒー楽しめます。
コーヒー豆も、風味抜群のビスコッティも買えます。
なんてすてき。

美味しいコーヒー飲みたーい、と思ったらすぐに飲める幸せ。
すぐに淹れられる幸せ。


関連記事
10/21 14:57 | 「食」
説明会に


夏の頃から、高校の説明会やら大学の説明会にあちこち。

そうそうお気楽に、ルンルン足取り軽く行く場所ではなく、
少々の気合も要るし、たくさんの親子の中のイチ親子として座ると、ちょっとした緊張感。
その割に、説明会中うとうととオチルこともあるけど。

T.P.Oも大事なら、
ルンルンじゃない場所に行く時こそ、気持ちをアゲルことも大事。
chiclin blue とも言われる青のブラウスに、鳥ブローチ。
わたしのアゲアイテムたち、たのんだよ。
帰りは解放感と、持続力のない刹那的ヤル気で、奇妙なハイテンション。


関連記事
10/18 23:51 | 「衣」 | CM:0
うつろふ
bentou.jpg

長女のお弁当。
8cm四方ほどのちっさな容器にごはんとおかず。
今日は、蒸し鶏、焼ウインナー、さつまいもカリカリ焼。

現役体育会系女子だった夏までは男子並みのドカ弁だったけれど、
部活を引退するやいなや、本人希望「量減らしてもらっていい?」。
(わたし希望「そろそろ自分で作ってもらっていい?」。)

あっというまに弁当箱の隙間が埋まる、プチ弁の今、
せっせせっせ、ボリューミィなドカ弁をこしらえていた頃がなつかしい。
…時はうつろうのだなぁ。
あれから秋が来て、もう冬です。



関連記事
10/18 00:59 | 「食」
哲学のふせん
文房具屋さんでついつい買ってしまうもののひとつに、付箋があります。
この付箋も、出会ったらきっと。



fusen1.jpg

こんな楽しいものをつくる作家さんは、三澤水希さん。
画像をお借りしました。

商品名が「哲学のふせん」。
名前もいいです。

お取り扱いは、京都にふたつ、吉祥寺にひとつ。
来週訪れる京都で出会えるか、よく行く吉祥寺で出会うのか、
どっちが先か、京都vs吉祥寺。
よーいどん!


関連記事
10/17 18:08 | 「住」 | CM:0
愛おしい


福岡のお土産、夫出張で。
千鳥屋のチロリアン。
昭和の菓子のクリームパピロのようで、
グリコのクリームコロンの長いののようで。

パッケージのレトロ感も、
コーヒーに合うなつかしい味も、ハッピー度高めだけど、
何より箱を開けた時に、ふふふ、となりました。

何がふふふかって、この、イチゴの赤ののんき加減。
もしもぉし~、1本、隣に遊びに行っちゃってますけど~。
なんて、最高にハッピーで愛おしい!

なんでも、秩序だっていればいいってもんじゃない。
なんでも、きちんと割り切れればいいってもんじゃない。

字余りや、不完全や、無秩序や、
惜しいようなちょっとの不足や欠けも、いいものです。
親しみやあたたかみや微笑みが生まれてきて、愛おしくなります。


関連記事
10/15 16:10 | 「日々」 | CM:0
朝の月はきれいだね


台風一過の朝。
いつもよりたくさんの落ち葉。
いつもよりスナップきかせたホウキ持つ手。
いつもの倍かかって掃き上げて家の中に入ると、
通学で早朝に家を出た次女からメールが届いていました。

「朝の月はきれいだね」

5:54に届いた、このたったひとこと。
わたしがメールを見たのは6:40。

くー、残念。
落ち葉の量に翻弄されても、空気の澄んだ空くらい仰げよー、わたし。
せっかくつながっている空なのにオンタイムで共有できず、
がっかりしつつ返信を打ちました。

「ずっと落ち葉を掃いていて一緒に見られず、あーんザンネン。
 Mはきれいなお月さまがおがめてよかったね。
 まだ半分しか開いていないめんたまで、
 月の美しさに気づけるなんて余裕じゃん(笑)
 これからも、その美しいものを美しいと思える感性と、
 その心のゆとりを大事にしていってほしいなぁ。」


関連記事
10/01 08:13 | 「子」 | CM:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。