スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ブローチ
DSC06848.jpg

大友Mと訪れた国立。
SAKKA no ZAKKA でニットのくるみボタンのブローチを。
手持ちのピンやブローチを合わせるイメージで、求めてみました。

ちょっとやってみた。
…うーん、マトマリスギタ感。

もすこし、ハズシタ感じが、今は好みなので、
またトライしてみます。


関連記事
スポンサーサイト
06/28 22:20 | 「衣」
ミズタマ


みずたまもよう、みっけ。
…よく行くスーパー、駐車場の屋根は穴あき鉄板なのでした。

しばし足を止めて見入ったりします。
でも雨の日は、この穴んぼから、ぽたぽたぽったり落ちるしずくをよけて、
小走りになったりします。


関連記事
06/20 15:19 | 「住」
ふうとう


封筒、ふたつ。
ふたつとも、『郵便局』で。
ふたつとも、いいなぁ、と思う。すきだなぁ、と思う。


関連記事
06/18 00:00 | 「住」
ディープなところ
TS3U0046.jpg

このところ、子どものあれこれで、こゆーいハナシが続いていまして。
他のお人の気もちの、上っ面、とか、タテマエの部分、
いわゆる、お互いウマクヤリマショウ、な浅い部分ではなくて、
深い深いところ、とか、ホンネの部分、
いわゆる、お互いの駆け引き、牽制、みたいな、
そんなとこに触れてハナシをせなあかんことが続いて、しんどかった。

勿論、みんなで上手につきあっていきたい、という思いがあるからこそ、
そんなハナシをする必要があるんだけれども、ね。

夫とも、しゃべっていると、話題はいつしかそこ。
やっぱり、そこのハナシになると、しんどい。
えぇーいっ!!そんな駆け引き、もうどうでもよろしっ!!と、
全て、うっちゃりたくなってくるぅ。

でも、そのおかげで、確かめることができたんだよなぁ。
あたしが子どもにホントに望むこと。
こんな親ながら、培いたいことのイチバン。

…『感謝できるココロ』。

これがあれば、おベンキョー?スポーツの成績?…くそくらえ
くそくらえ…って、ちっちゃく、うすく、しか、言えないのがナンナンですけど、
でも、『感謝できるココロ』は、全ての大前提。

ここの領域を侵されそうになったら、
あたしだって、黙っちゃいないわよー!かかってごいやぁー!(笑)


*photo*

大友Mと、国立へ。
ゲラゲラ笑って、いいカンジに救われマシタ。
オトボケがかわいいMといると、
あたしのオトボケ隠れキャラだって顔出しまくりで、
そんな自分にも、またゲラゲラ笑って。

この日は最後までオトボケデー。
いつもはそんなことないのに、
帰りの乗り換えの駅、カーンタンに間違えて降りる(笑)
でもそのおかげで、レトロな表示と出会えたのでした。
なつかしいよね、これ。


関連記事
06/17 13:24 | 「子」
ぶんぼうぐやさん
DSC06836.jpg

わたしは、ここんちの空間がダイスキなヒト、の内のひとりです。

ふっと思った。
文房具屋、なんてどうだろう。


関連記事
06/04 14:16 | 「住」
わすれよう
TS3U0032.jpg

前回のやつで、
『忘れること』について、ふたことみことつぶやいていましたら、
早速、是非とも『忘れる能力』を使いたいことがありました。
タイムリー。

あるメールに、夫とわたし、
ふたりで、プリプリっ!と怒りまして。
ふたりで、プンプクプン!とふくれまして。
ふたりで、バッキャロー!的発言も、いっぱいしちゃいました。

『このハナシは、他言しないでおこうね
 ふたりだけでぶーぶー言い合って終わりにすりゃあいいね』
と約束し合って、最後に、そのメール、削除ボタンをピッ。

チョキン、パチン、ストン。もうおしまいね。
さ、あとは忘れるよ。忘れようよ。
ふわり、風に飛ばしちゃおうか。
さらり、水に流しちゃおうか。

おかしなコメントだけど、
久しぶりにすごく腹を立てることになって、
うぉーっと怒ることになって、
『怒る』という感情も、悪くない、と思いました。
日々を営んでいく上で、大事だと思いました。

それは、時々『泣く』いうことをしたくなって、
哀しい映画を借りてきて、涙を流して何かを浄化していくみたいに、
そういうのとおんなじ大事さ、というのかな。

怒ることで、自分のコアな感情に気づけたり、
怒ることで、自分の感情の振り子を大きく揺さぶれたり。

思えばわたし、結構最近まで
自分の中の『喜怒哀楽』感情に、『縛り』を設定していたんだよね。

『喜』・『楽』は、大歓迎。ウェルカムよー、って。
『哀』は、少ないに越したことはないけど、
お人の痛みがわかることにもつながるから、まぁ時々はよろし、って。
『怒』は、×よ。ノーサンキュー。美しくないわ。
自分をコントロールすれば、怒んなくたって生きていけるし、って。

…ぐらいの感じで。縛り。

なんだか、『ホントウノワタシ』というか『ワタシノタマシイ』に
不自由な思いをさせていたなぁ、
失礼だったなぁ、ごめんねぇ、と思う。

人間に生まれさせてもらったのだから、
『人』の『間』で、いろいろな感情を体験し合って、
『人』の『間』で、その思いに蓋をせずに互いに交わし合って、
そうやって学び合っていけばいいんだろう。

…あぁ、そうか、と気づきました。
そのメールのお相手さんも、
湧き上がった感情、伝えたい思いに蓋をせずに、
わたしたちにぶつけてきた、ただそれだけなのね、って。
そのことで夫とわたしの中にも『怒り』の感情、湧き上がって、
直接お相手にはぶつけはしないけれど、
夫とわたしの間で、気もちに蓋をせずに言い合うことができたんだから、
それでよかったんだなぁ。

きっと、これからも、お相手にぶつけることはしないと思う。
あとは、おかげさま、なんとか消化できそうなんだし、
あの時の感情とはもうバッハハーイ!しよう。

『いかる』と打って変換してみる。
『怒る』の他に並ぶのは、
『良かる』・『好かる』・『活かる』・『善かる』・『生かる』。
…オモシロイなぁ。


*photo*

青空に向かって、すっくと逆立ち。お見事。天晴れ!
みんなそろって、足の裏から、おひさまのエナジーチャージ!
小6次女の運動会で、元気をもらいました♪
まっすぐに向かおうとする姿に救われるね。さんきゅう☆


関連記事
06/03 17:31 | 「日々」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。