スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
きなこあめ
DSC06702.jpg

はちみつをレンジでチン、ゆるくしたものを、とろり、きなこに入れます。
きなこがひとまとまりになるまでまぜまぜ。
まな板の上で、両手でころころ、棒状に。
(昔、油粘土でよく、ヘビ、つくりましたね。)
お好みの、食べやすい大きさに切りましょう。
ほら、滋味豊かなおやつのできあがり。




関連記事
スポンサーサイト
01/28 23:00 | 「食」
すこやかなほうへ
DSC06692.jpg

近頃、あれこれ、
どよよーんとしていた、あたしの周りで起きていた、ある、コト。

そういう時のあたしの対策のイチバンは、「寝るに限る」。
…昼も夜も眠りますよ。
時間の許す限り、眠るのです。

はっ!…そっか。
おとぎ話の眠り姫って、もしかしたらあたしみたいに、
何か眠って忘れたいことがあって眠り続けていたのかもしれないね。

昼も夜も眠ることができる『時間』と『カラダ』に感謝を。
ウンウンと聞いてくれる、夫に感謝を。
周りの友たちからの、『救いの手』に感謝を。

タイムリーに、誘ってくれたり、電話くれたり、
わらかしてくれたり、がんばっている様子を聞かせてくれたり、の友。
救われる。下がっていたものが、上がる。

タイミングの良さに
「なんで、わかったぁ?あたしがどよよーんなこと。」
なんては聞かないけれど、
愉快で、ほんわかで、察しがよく、
あたしにちょうどよい温度の、友の救いの声、手。

そして、どよよーん気分をお清め、お清め、と、
お塩をざざっと入れたお風呂にもつかります。

…湯船の中でふと浮かんだ。はっと思い直した。

元のカタチに戻るように、とか、
あたしが勝手に思う“理想”のカタチにおさまるように、とか、
そんなこと、考える必要なんて、ないんじゃ?
「人間同士だから、誰も悪い人はいないのだから、
 必ずやわかり合える…」なんて勇んで、
あたしに何ができるか?何かしよう!、って、
ソコ、力むのは、違うんじゃ?って。
人間同士だから、なるようになるんだし、
その時はわかり合えないこともあるんだし。
どんなカタチにおさまろうと、
それぞれのお人が、日々を心健やかに送れれば、
それが多分一番よいカタチなんじゃ?って。
そうだよ、それでよし、って。

おかげさま、おかげさま。
ほんと、アリガトウゴザイマス。

コト、そのものも、
昨日、雲の切れ間からほんの少しの光がさし始めました。

この先、どうなろうとも、塩風呂の中ではっと思い直したこと、忘れずに。
みんなにやさしい方へ。
みんなが健やかな方へ。
つらくても、笑うんだよ。笑おっ。
最後はユーモア。
あはは、いひひ、うふふ、えへへ、おほほ。


*photo*
ちひろ美術館での、ちひろの生涯を紹介するコーナー。
額の並べ方、参考にしたい、と思いました。
縦、横、余白、間。
ランダムの美。


関連記事
01/28 01:24 | 「想」
ちひろでまさこさん
DSC06697.jpg

ちひろ美術館へ。大友Mと。
イベント 『ちひろの昭和』と伊藤まさこさんの子ども服 がお目当てで。

静かで広い展示室。
ゆったりと飾られている温かいちひろさんの絵。
窓からは陽の光と緑。

まさこさんが「ちひろさんの絵からインスピレーションを得てデザインした子ども服」は、
展示室の空間の贅沢さに同じで、
良質で、品良く、それでいて柔らかさを持つ、愛らしさでした。

決して主張が強くなく、凛として、お行儀よさを感じるこの洋服たちを眺めながら、
イベント名の『ちひろの昭和』…さながらに、
『あたしの昭和』を思い浮かべました。

お出かけ、外食、人が集うこと、お祝いごと…。
あたしが子どもの頃のハレノヒは、
今よりずっとハレノヒで、日常から隔たっていて。
庶民も庶民な我が家では、こういうお行儀よい服は、そんな特別な日用デシタ。
だけど、あまり着る機会がなくなってくると、
やばい、ちっさくなっちゃう、もったいないよ、と、普段に着ちゃいましょう、と。
でも、子どものワタシは、ちょっと動きづらいのと、
ウールがチクチクするのとで、ヤなのね。
でも、ハレノヒのウレシイ気持ちを包んでくれたその洋服を、ほんとは大っスキなのね。
そんな、甘じょっぱい思い出を。




ニット帽だって、おでこがかゆくてヤだったな。
でもきっと、こんな風に編んでくれたニット帽、
かゆくなくたって、かゆくたって、いつまでも大事で大好きだと思う、子どもは。

いい赤だよね、この赤。
いい一日だったな、この日。


関連記事
01/25 23:57 | 「読」「観」「聴」
かみモノ 2


夫がいただいてきた、富山銘菓 おわら玉天。林盛堂本店さんの。
濃いめに淹れたコーヒーとよく合う、懐かしい甘み、
きめ細やかな口どけ、のお菓子。

この、かわいい版画の包装紙も、どうでしょう、どうでしょう。
3色の色合い。そしてそのバランス。
見惚れてしまいました。

今、黄色のカーディガンがほしいのですがね、
まさに、このこっくりとした黄色、この色目。wanted!


関連記事
01/24 13:17 | 「住」
プリクラ
DSC06661.jpg

お正月、家族での千葉スポーツ合宿1泊の帰りには、
ららぽーとに寄って、人混みを 買い物を楽しみました。
女子組でプリクラも撮りました。

あたしの周りで最近、
ちょっとばかりおだやかじゃないことがあって、
一緒に考えさせてもらっています。

「人として、言わない方がいいこと」
「でも、ためこまずにはき出してしまった方がいいこと」
「修復」 「冷静」 「許し」
「今のあたしの立ち位置で、できること」 「献身」

日に何度も、ぐるぐると考えて。
ため息もついて。

だからと言って、日々のあたしのお役、自分の持ち場、あれこれ、
おろそかになるのは、誰も喜ばない。あたし自身も喜ばない。
いつもどおりに自分らしく、だわ。
先ずは自分のごく近く、目の前の大事なものを大事にしたい。
いざ、あたし出動、となった時のためにも、
地に足をつけておくのです。

ついついぐるぐる考えちゃうんだけれど、
「さっ、切り替え、切り替えぇっ!」って、声に出して、
また声に出せない時は心ん中で叫んで、
キリリ切り替えていこうと思います。
1日の中で何度でも、切り替えよう、と思います。

元気出してやったほうがよいことは、
元気出してやっていこう。
…プリクラでも眺めて、高機能美白効果&8割増しのあたしに、むふっとして。
…ヘンガオのあたしに、コイツすきやわぁ、とジコマンに浸って。
…娘たちと超楽しそうなあたしに、にっこりして。
ファイっ!


関連記事
01/21 09:15 | 「日々」
きょうのむなもと


高円寺で求めました、古着ワンピ。
みどり具合。
刺繍。

生地の感じが、ジャージーなので、
普段づかいに、デニムと合わせて、のつもりで求めました、が、
思ったよりインパクト強め。
+デニムで日常着、より、
+ブーツでワンピスタイルでお出かけ着、としてが出番。

今日は夫と新宿で待ち合わせ。おデート。
昼ごはん食べて、夫の誕プレを買うのです。
リクエストはネクタイ。
一緒にえらぼ、の約束だったから、なかなか行けんかったからって、
あわわ、もう2週間も遅くなってごめぇん。

ネクタイを2本。
1本は、カンシャヲコメテ。
1本は、アイヲコメテ。


関連記事
01/19 22:05 | 「衣」
コーヒー


大学生の時、オトナ気分、セノビ半分で、口にし始めたコーヒー。
例えばあの頃のミスドのグラニュー糖は、
ガラスジャー傾けて、テッペンのおちょぼ口から出すやつで、
それを、いつまで傾けてんねん、って突っ込まれるくらい、
どばーっと加糖していたあたしでした。
飲み干したカップ最後に見ると、思いっきり砂糖溶け残っとるがな、ってくらいに。

いつからだろうね、
ブラックが美味しいと思うようになって。
深煎りがスキ、とか、わかってるふうなこと言うようになって。
今日みたいに、『そうだ、美味しいコーヒーを頂きにいこう』って、
ふらり、ひとりでコーヒー屋さんを訪れることが多くなって。

変わるね、人って。
不変ではないね。
ひとところに留まってはないものだね。

少し前のあたし、その前のあたし、かなり前のあたし、その時その時。
どれもいとおしく思おう。
喜びも悲しみも、善も悪も、光も闇もね。


*photo*
MAMMOTH COFFEEのコーヒー、抜群に美味しくて、
「同じもの、おかわりお願いします」と、毎回。
空間、食器が、シンプル×シンプル×シンプル=美。
ゆるいBGMに混じって聞こえる焙煎機の音、香り、好きだな。
いい塩梅でリフレッシュにいざなってくれる。
福井友Cちゃんのおうちを思い出す、いつも。音と香りの記憶。


関連記事
01/18 18:12 | 「日々」
ことしも


年賀状、やっとこさ、年明けに投函。おそっ。

それぞれ、遠くのあの方、近くのあの方に、
“あたしの去年”をお知らせがてら、
ひとことずつ数行のお便り、したためさせていただきまして。

そんなして、賀状を書き書き振り返った“あたしの去年”…。
『うちの4人』をフレーフレー!ってポンポン持って応援して、
『うちの4人』のくっつけ役だった1年だったなぁ。

世代的に忙しい夫、
小・中・高にまたがるお子たち3人、
それぞれに忙しくて、いろいろ上がったり下がったりもあって。
生活リズムもズレズレのバランバラン、
だけど、心までバランバランにならんよう、
あたしがベラベラと、その人以外の家族の状況、情報をしゃべりまくって、
「あぁ、とーさんもがんばってる」って聞けば、
「よっしゃ、あたしも、おれも、がんばるかっ」なんて思うかな、とかね、
それぞれの大事な時、踏ん張りどきには、
みんなで協力体制をつくれるよう声かけする、とかね、
あはっ、あたしはいつも、口がメインの、応援、くっつけ役でしたがねっ・笑。

あたし自身がココロ元気ていて、4人を応援できて、
その4人がココロ元気でいてくれることで、
4人の周りの誰かを元気にできたり、幸せにできたりしてくれることがあるなら、
それはあたしの、ちっさな社会貢献。
ココロ元気のウレシイ波紋。

あたしの守備範囲は、あたしに相応、狭いもんだけど、
自分の持ち場、しっかり守っていこ。
さ、ことしもがんばってくよーっ。


*photo*

元旦から1泊。千葉の白子海岸の宿へ。
そこんちの私有体育館で、元旦からバドミントンやらキャッチボールやら。
行く途中の九十九里、久々の海に大喜び、大はしゃぎ、
…の『うちの愛すべき4人』を私がパチリ。
priceless な思い出。


関連記事
01/07 13:03 | 「想」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。