スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
おべんと5


うどん、大葉としょうがで。つゆはラブレの小ビンに入れて。
豚竜田揚げ、枝豆、ゆで玉子、大学芋。
柿。



DSC06491.jpg

イカと青菜の煮物、さつま芋の甘辛煮、ゆで玉子。
豚しゃぶサラダ。
ブドウとなし。



DSC06437.jpg

鶏唐揚げ、切干しの煮たの、さつま芋天。
りんご、イチジク。

この日は、調理実習の試食があるから軽めに、ってんで、
いつもの「タッパー大盛り弁当」でなく、
ぢょしこーせーっぽく♪

DSC06439.jpg


関連記事
スポンサーサイト
11/30 01:33 | 「食」
クウネル vol.47


クウネルくんカレンダーお目当てで、ひっさびさ買い求めましたクウネル。
読んでみたら、ヨミモノの内容も興味深かったでした。

2日前の土曜の夜、晩ごはんを食べたら、
あたしのまぶたに300Gの重力、即寝しまして。
翌日曜、朝5時半起床、朝風呂の浴槽の中にこのクウネルを持ち込みました。

出会えてよかった記事のひとつが、
「フランス・ジュアール修道院の一日。生活と祈り。」
朝の静寂、浴槽の中の私の心に、響いたことば、幾つか。

シスター・マリー=ベルナールの
「私はずっと社会奉仕の仕事をしてきましたが、
 自分の周りの見えている人しか助けられないと限界を感じていました。
 でも祈りの生活に入ったいまは、その限界がはずされたと感じています。
 神様に祈ることは、すべての他者のために祈ることです。」

シスター・アンヌ=ジョゼフが、紙に大きな円を描いて言ったのは、
「この円周に人間がいて真ん中に神がおられる。
 神に近づこうと努める人間がふえればふえるほど、円はどんどん小さくなり、
 人と人も、もっと近づきあうことができるのです。」

↑の写真は、幼きイエスに口づけをする聖母子像。
サントン人形。
見つめていると、あたたかいものが流れこんでくる感じ。


他のクウネルの記事。
↓こぉんな赤いとっくりセーターに目を奪われましたし、

DSC06534.jpg


がま口バッグ大好きのあたしなので、
↓こぉんなかわいいふたつのバッグに、きゅきゅきゅきゅーんとなっちゃいました。

DSC06536.jpg


でね、修道院のヨミモノで、もうひとつ心に残ったことばがありましてね。
それは、シスター・クリスティーヌの
「祈りの服は黒、労働の服は青。私たちは2種類しか服をもっていません。
 毎朝クローゼットを開けて何を着ようかと悩む必要もないの。
 これは、おおいなる自由ですよ(笑)」

…おおいなる自由。
シスターとは違って、毎日、
何を着ようか、何を持とうか、何を履いてかぶろうか、と、
あたしは、おおいなる“不自由”をかかえているわけで(苦笑)

だけれど、あたしはあたし。
あたしの自由と不自由の中で、
大事なものを大事にし、
誰かのために祈り、
今のご縁の中でできることをしていこう。
ソウ、オモイマシタ。

そして、私もいつかの時代に、
シスター方みたいなお人のお仲間だったか、
シスター方みたいなお人を目指して生きていたか、
なんだか、そんな感じがちょっとする、ってのは、気のせいなんだか、事実なんだか、
ソウモ、オモイマシタ。


関連記事
11/29 18:46 | 「読」「観」「聴」
「おしゃれのはなし。」


この本。
こんなカワイコチャンモデルの本。
私物のアイテム紹介ページがすごくよい。
センス、愛情、意志、みたいのを感じます。

年の差、見た目の大差、あり過ぎなあたしで、
こんなこと、大きい声ではとても言えない。けど言う。

 あたしもそれスキ、いっしょいっしょ。
 あたしもそれ持ってる、いっしょいっしょ。
 あたしもそれほしい。まねしちゃおン。

雑誌PS掲載“私服スナップ”のアーカイブでは、
2005とか2006年のものだって、
ちっとも色あせない「菊池亜希子チャン道」があるのです。

柔らかいアタマやココロ、
それでいて妥協せずにすきなものを選び抜く目と感性。
いいなぁ、こういうコ。

前の本「みちくさ」に続き、
対談相手がリリー・フランキーのあたり、
その対談記事も、きっとあまり手をいれられずに、まんま使ってる感があるあたり、
ヤラレマス。菊池亜希子チャンの魅力倍増。

ゆるりとしたおしゃれ哲学。
「服を着る、っつーのは、自分を心地よくするっつーことだよねぇ」
って、かわいいイラストや写真に話しかけられて、
「そうそう、そうだねそうだね」
って、相槌を打つような本、デス。


関連記事
11/24 00:54 | 「衣」
くちなしのおか


原田知世の歌がとってもイイんだよ、って聞きました。
調べていたら、すんごいかわいいPV、見つけちゃった。
着てるのんは、minaではっ。釘づけ。

見て、聴いて、うっとり。

透き通ってる。
エイジレス。
「らしい」かわい気。

この空気をまとうには、
毎日どんなふうな暮らしを重ねているんだろ。
どんなことを大事にしてるんだろ。


関連記事
11/21 08:29 | 「衣」
おはようのそら


朝、玄関のドアを開けて、赤いポストに新聞をとりにいきます。
先ずは、東の空のおひさまに、ありがとうございます、を。

電柱と電線の直線で、三角や四角ができている空ですけれど、
1日のはじめに、あたしが仰ぐ空です。


関連記事
11/20 22:30 | 「日々」
めいじじんぐう
夫と、新宿まで人間ドックへ行ったのは、10月のある日のこと。
ランチのコーヒーでバリウムを薄めつつ、あたし、提案、
「明治神宮いってみよっか、近いし。」
夫、「のった!」

散歩。
中年夫婦、ぺちゃくちゃ、しゃべりながら、散歩。
ほどなく明治神宮、到着。




鳥居をくぐるよ。



DSC06468.jpg

木々と光にあふれる北参道を歩いたよ。



DSC06471.jpg

こんな光に、出会えたよ。
樹木たちに宿る精霊。
光の精。


DSC06473.jpg

本堂の方に入って行くと、神宮建造にまつわる展示コーナー。
展示されていた1枚の写真を、写真におさめてみたよ。
神宮外苑にある聖徳記念絵画館、の写真かな。
シンメトリーな建物も美しそうだけど、
3人のお帽子お洋服姿と、手をつなぐ後ろ姿に、たまらなくにっこり。
ずぅっと眺めていたくなる後ろ姿。


…ありがとうでした。
…こうやって10月のある日を振り返ったら、
 この日1日もありがたい1日だったことを思い出しました。


関連記事
11/19 01:50 | 「日々」
ロクシタンの


11月のアタマに、ひとつ懸案事項をクリア。
大友Iのお子に使ってもらえたら、と、
うちの子サイズアウト秋冬もの、荷物をこさえて発送すること。
…やっとこさ送りました。

やっとこさ、てのばっかだな。
こんな感じばっかだな。
だらっと、ゆるっと、してるので、
ぎりぎりっと、ばたばたっと、しちゃうのね、いつも。
いかんね。

そ・し・た・ら・ば・っ!
こぉんな失礼なあたしに、Iったら、ウレシイ贈り物を。
ロクシタンセット。
眺めて、香って、塗って、幸せ。
特に男前なチューブのハンドクリームに、ぐぐっとキテマス。てんきゅぅ☆

今日は、歯医者の予約、16時、キャンセルです。
何か急用ができたわけではないけど、キャンセルです。
歯医者さんには大変ご迷惑おかけしますが、キャンセルです。
そういう気分の日です。スンマセン。

「直感で動こう」キャンペーン、開催中ですからね。
最近、こんなです。
だから、誰かの「直感」キャンペーンにより、自分がキャンセルされる側になった時も、
オーライっ♪ってしようと思います。
お互い様、ね。
いろいろある、よね。


関連記事
11/17 16:41 | 「日々」
おべんと4


鶏肉ゆず胡椒焼き。キンピラゴボウ。
ブロッコリー、ミニトマト。みかん。



DSC06510.jpg

ひき肉とナスとブロッコリーの甘味噌炒めごはん。
ちくわ磯部天、ゆでオクラ藻塩和え。サラダ。
缶詰フルーツ(朝のフルーツヨーグルトに使った残り)。



DSC06477.jpg

クリームチーズとハムとレタスのカンパーニュサンド。
カンパーニュのチーズトースト、ピザトースト。
食パンのシュガーバタートースト。
サラダ。ブドウ、缶詰ミカン。
今日は、mitsouさんの蚊帳ふきんでおべんとを包んでみましょ、と。

DSC06487.jpg

鮮やかっ!なピンク。存在感。
チャイナピンク、という名前のカラー。


関連記事
11/13 08:05 | 「食」
minaをめぐって


巡ったのは、mina perhonen 白金台店、すぐそばの arkistot、 青山 piece。
大友(大学時代の友)ミッキィとともに。

ミッキィの情報集めと、土地勘にすっかり身を委ね、
minaワールドに酔いしれることができた、青山、白金散歩。

ミッキィと楽しすぎるおしゃべりをしながら、
あたしの住んでいるトーキョーの街とは空気が違う、
トーキョーのまんなからへんの街並みを歩きました。

てくてく歩いて、
あたしの黒のショートブーツがトーキョーの道路を踏みしめて、
歩みを進める毎に、多分ぼんやり、でも確信、していったこと。

『電車に乗れば、いつだって訪れられる、この街も、このお店も。
 そういうバショに住み始めたんだわ、あたし。』
…敢えてことばにするとしたら、そんなこと。

ご縁があったから、ココに住んでいて。
ありがたいことに、周りのお人に恵まれて。
おかげさまで、根っこをおろし始めていて。

そんな、思いいっぱい、胸いっぱい、だったからか、
この日、3つも巡った割に、ココロ動いて買い求めましたのは、ハンカチ1枚。
jerry beansの 大粒ちゃん。
(縁取りは3色ありましてよ。)

個人的には、アーカイブの服やバッグを置いてある arkistot が
イチバンワクワクしました。
mina時代、とか、ちょい昔のテキスタイルが好きだったりするので、
お宝探し的楽しみもあるし、
2Fには布やらテープやらレースやら、
…に加えて内布のカラーも選べるミニバッグオーダーもできて、
塑性高め、カスタマイズな空気が、ヨカッタでした。


TS3U0002.jpg


*photo*

上;女子(!)の身だしなみグッズと一緒に、持ち歩くお楽しみ。
  黄色のは、6年前から愛用、jinaiバザー残りものティッシュケース。
  あたしに似たクチビルさんは、チビ手鏡。
  笑いすぎて涙流した時のパンダ目チェックには必需品。

下;白金台店は小さなビルの3Fにアリマシタ。
  1Fは、Sally Scottデシタ。
  階段を上がると、かわいいチョウチョのモザイクタイルと、
  minaしてるラグが迎えてくれて、一気にテンション増。


関連記事
11/11 00:20 | 「衣」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。