スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
おべんと2
撮りためた写真の整理に困り、
デジタルフォトフレームというやつを買い求めまして。

思い出の画像がスライドショーで流れるもので、
子どもたちの変顔やら、思い出のシーンに紛れて、
たまたま、一緒にファイルしてあった、
幼稚園おべんととか、記念日にこしらえた料理とか、
そんな画像も時々折り込まれて流れています。

大したことないおべんとや料理でも、
幕間、というのか、それは箸休め的な感じで悪くないのと、
大したことなくても、枚数がかさめば、
えっへん、かーさん、毎回がんばってたでしょ、と威張れる、のとで、
余裕のある朝なんかに、日々のおべんと、画像におさめ続けることにしました。
で、コチラにも時たまキロクを。

そんなあたしのおべんとづくり、
やっぱり シンプルタッパーガイチバン イメージが湧きやすく、詰めやすい。
ぢょしこおせい、な娘は、
友達に「今日もタッパー?」とからかわれるらしいのですけどね。
よっ、人気者っ。





焼きおにぎり、海苔おにぎり。
厚揚げの煮たの。枝豆。卵焼き。大学芋。
唐揚げ隠れてるかも?
ミニトマト。ブドウ。



DSC06390_20100927151309.jpg

タコライスは人気メニュウ。
フルーツ。



DSC06216.jpg

焼きそばパン。カステラ。
カリカリトーストにクリームチーズとハムレタスをサンドしたの。
もひとつは、クリームチーズとイチゴジャムをサンドしたの。
サラダ。ピックに刺してあるのは、はて、なんだったっけ。


関連記事
スポンサーサイト
09/28 03:31 | 「食」
じかくすること
周りのお人と関わらせてもらいながら日々を送っていると、
お相手のことば、行動に
「ほー、そうくるかぁ」 とか、
「くいつくポイントってそこなんだぁ…」 とか、
ハテナ?、なキモチをもつこと、よくあります。

その場面場面で、自分がどんくらい関わってるか、
こちらにも非があって、とか、なくて、とか、
いろんなケースでね、あります。

お相手にハテナ?、の段階で留まって終わり、ならいいんだけど、
「おかしいだろ、そうくるのは」 とか、
「なんでそうなるかなぁ、まったくぅ」 とか、
お相手を裁く、ような方向に自分の感情が進んじゃって、
あ、いかんいかん、いかんですよ、と思う。
でも、自分の中の正直な情、なのだしね、
どんな思いも、なかったことにはしない、と決めているしね、
ではでは、これをどう“おしまい”にするべか、どうすっぺ?
なんてね、そんなふうで、
ココロん中でぐるぐるし始めることがあります。

あたしの場合は、そういう時
●夫に話して、話しながら自分のキモチを整理する
●何かのヨミモノを読んで、ココロの幅を広げようとしてみる
なんてことをしながら、
なぁんとなく「ぐるぐる」をやり過ごし、スルーし、
解決できたダロウ、と、その時は思う…んだけど、
それはただ、思いこんでるだけ、のよう。
というのは、何かのきっかけで
“同じような感情の「ぐるぐる」”がやってきた時、
あぁ、あの時うまくスルーできてなかったんだ、あたし、
って分かること、よぉくあるから。

その仕組みって、こうだったのか、と思わせてくれたのは、
ズーニーさんの文章 自分のループを抜け出す でした。
「自分のループ」に、納得。
「自分の中のシュレッダー」という解釈に、なるほど。

ズーニーさんの文章、
すぅっとあたしん中に入って、あっという間に溶け込んで、こなれて、消化。
そんな、あたし仕様のとりこみっぷり、吸収っぷりを
アウトプットしてみますと…

あたしが、夫に話すやら、ヨミモノ読むやらして、
自分の中のシュレッダーにかけた思い。
それらって、切り刻まれた、という状態なだけで、
ダストボックスに溜まっているまま。
刻まれてはいるけれど、自分の中に残り続ける。
それは、再び解読すんのが難しいという状態なだけで、
思いの「種」みたいなもんが、残り続ける。ほぼずっと。
そうだよね、だから、人って、そう変わらないんだよ。
「種」みたいなもんが残り続け、
変わらずあるパターンを持ち続けるよ。
そんな「自分のループ」から逃れにくいけど、でもね、方法はあるよ。
先ずは、自分のパターンをたどってみるといいよ。
思いの「種」の正体、根っこにあるもの、が分かるよ。
それをじっと見つめて、あぁ、これだったんだって、
「分かって」みてごらん。
「自覚して」ごらん。
ほぉら、いつの間にか、逃れらんないと思っていた
「自分のループ」の外へ出ているよ。
自分の“ほんとのところの思い”、
「分かる」こと、「自覚する」こと、それだけでいいんだよ。


…ってね、再び自分に言い聞かせるように、書いてみています。
日々のおまじないは、「分かる」「自覚」。ってね。

そういえば、
小さい時に寂しさを強く感じて、
大人になって、その部分の“渇き”にしんどさを覚える、ってことがある、と。
いわゆる、インナーチャイルド、とか、そんな類いの感傷。
それでも、そういう自分の渇いたところを見つめてあげて、
寂しかったね、悲しかったね、って、
きちんと認めて、「自覚して」、「分かって」あげることで、
“次”に行けるんだってね。
同じだね。
“進む”ためには、先ず、自覚すること、分かること、ってね。

ソクラテスが言った「無知の知」になぞらえたら、
無意識の意識、とか、
無自覚の自覚、とか?

自覚すること、分かること。
これをキーワードに、やってみるよー。
そんなこと、思っている9月の終わりだよー。
秋の入口のはずなのに、すんごく寒いんだよー。
フリースとレッグウォーマーとひざかけにくるまれてるよー。


関連記事
09/27 10:10 | 「想」
がらソックス
DSC06395.jpg

ANTIPAST のハイソックス。
こんな柄、こんな色の取り合わせのソックス、どうでしょか。

足元。
ロールアップしたデニムから、キュロットから、長めの丈のスカートから、
柄をちょい見せして、
または、くしゅくしゅっとさせて。
サボ、ビルケンなんかと。

トップス。
緑や水色やピンクのカーデとリンクさせて、
または、ノーリンクで、
白シャツでソックス主役にしたり、
または、チェックやボーダーもってきて、にぎやかしくテンションあげちゃったり。

どうでしょね?そんな感じ。

*新宿に2日続けて行く予定があり、伊勢丹でひとめぼれ、
 でも、その日はガマンしてみる。
 ひと晩、クールダウン。
 翌日再会してみて、やっぱり、と思い、買い求めました。
 今回は、そんな買い求め方。


関連記事
09/24 01:06 | 「衣」
TOILET
DSC06394.jpg

TOILET、観てきました。

かもめ、めがね、と続いたけど、
柳の下のドジョウはそう何匹もはいないだろうし、
小林聡美も出ていない、ってので、
まぁ、ちょうどよい期待度。ニュートラル。
待ち望んだ、かもめ、めがね、とはちょっと違って、
大きくワクワクもせず、かと言って斜めに見ているわけでもなし、
ゆったりな構えのあたしのこの感じ、
いいじゃん、いいじゃん。
気になるのは、
レディースデーで混雑、なので、
左右両側ぴったり、見知らぬレディース、ってことくらい。

そんなフラットなスタート位置から、
あたしは結局、どんどん大森ワールドに引き込まれました。
兄弟3人が、母の死をきっかけに暮らすことで、
言葉通じぬままにバーチャンとふわふわと触れ合うことで、
自分と向き合って変わってゆく様に、
泣き、笑い、ほろり、くすり。

この映画のコピー、みたいな位置づけの、
モーリーの名言「欲求に理由を求めるのは無意味だ」シーンでは、
ココロの中のあたしは、
スクリーンのモーリーに駆け寄って抱きついて、
モーリーのもしゃもしゃアタマを、
「このぉー♪いいヤツだねぇ。さすがだねぇ。ありがとねぇ」って
更にもしゃもしゃに撫でまわしましたよ。
ヨカッタ、あのシーン。

こっそりの感想。
誰も持たない、マイナーな解釈、だと思うのだけど、
この映画の「音」たちって、
ストーリーがクレッシェンドしていくのに
大事な役割だったんでは、と。

B.G.Mのない静かな情景で、
静かなんだけど、静かなのに、「いろんな音」を聴き逃すまい、と
つい耳を澄ましてしまい、
そうやって集中して「音」を聴こうとする毎に
作品の世界にしっとり入り込んでいく感覚。

その「音」は、バーチャンのため息、だったり、
しずしず歩く靴音、だったり、
割り箸の袋をちぎり、箸を割る音、餃子を食む音、だったり、
そして、トイレの流水音だったり。

そんな静かめの音たちに、
中盤ではカタカタって古いミシンが踏まれる音が加わります、
そして、エアギターのロックなサウンドも加わりました。
そぉしてぇっ!
モーリーの、情感こもる、
それでいて軽やかなリズムのピアノで、絶頂っ!クライマックスぅ!
…なんてな。
音、で起承転結、的な。
こんな、あたしのオリジナル解釈、どうでしょう。


DSC06386.jpg

展示してあった、モーリーのスカート。
公式HPなんかで、この柄モンたちを目にしていても、
そん時は、どーも思わんかったのが、
映画を観終わった途端に、たった2時間で、
この柄モンたちに、もんのすごい愛着湧きまくるんですから、
見るだけで、モーリーを思い浮かべて泣けてくるんですから、
映画のチカラってすごい。


関連記事
09/22 02:24 | 「読」「観」「聴」
あきふゆは
DSC06413.jpg

この秋冬、縁や出会いがあったら買いたいものリスト。
◎定番風できちんとした感もあるけど、
 どこかに遊びや「今年」がある、ショートコート
◎さし色、さし柄の小物
◎カーゴパンツ
◎黒のショートブーツ、イメージはつま先ツンな男前風

それでもこのシーズンは、基本的には
「持っているもの 生かそ見直そ」季間
にしようと決めています。
(↓指先そろえた手、おでこにあてて敬礼のポーズで)
宣誓ーっ。

買いたいモノ宣言も、買わない宣言も、
誰にもね、敢えては言うようなことではないわけですけどね、
でも、そんなことをこっそりと自分に約束しています。

「持っているもの 生かそ見直そ」キャンペーン、
先ずやってみましたのが、
10年来のオツキアイ、斜めがけ四角PORTER。
ほんのちょいカスタマイズで、アフターが↑

◆経年、すべりが悪くなったファスナーの持ち金具に
 レザーのひもを付けて引きやすくしてみました。

◆もともとの斜めがけ用のレザーストラップを
 夫からの誕プレの、↓このAmpersandがま口のハンドルにとっかえてみました。

DSC06378syou.jpg

四角な10年選手チャン、斜めがけだと肩がこるからって、
ずっと置いてきぼりにしちゃっててスマン。
これなら、ギリで肩掛けも可。

また違う表情で再会できてヨカッタ。
今後ともヨロシクどぉぞ。


関連記事
09/19 15:29 | 「衣」
たべらー
今日のお昼のこと、
朝ごはんの残り、麵と麺が既にひっついてるうどん玉に、
生醤油たらり、ゆずすこパッパして、
ラジオかけて、新聞読みながら、食しておりました。

FMから流れるは、コブクロのしゃべり。

かたっぽが、「食べるラー油」がスキ、あれはうまいよ、って話題。
おれんちの近くのスーパーじゃ、おひとり様1個ってなってる、って。

そしたら、かたっぽ、つっこむ。
(↓関西弁でおたのしみください)
「っていうか、売れてる、売れてない、は、おれはどーでもいいのよ。
 ネーミングよ。
 『食べるラー油』って、ナニ?…『食べるラー油』って、ナニ?
 ラー油て、もともと食べてるやん。
 食べる以外にナニがあるの?
 潤滑油として使う?…肌に塗ったりする?
 ラー油…もともと食べてるやん。
 それが、『食べるラー油』て。
 …ナニ?」

…爆笑でぶっとふき出たうどん3本ほど。
うまいこと、新聞の菅さんの顔にのりまして。
降参。完敗。ごもっとも。


関連記事
09/17 12:13 | 「日々」
すきなかんじとか
DSC06379.jpg

スキ。
頂いた肉まんじゅうのお箱が包まれていました包装紙の絵柄。
維新號(イシンゴウ)、というお店でした。
この後、何かに使うかもしれないし、使わないかもしれないし。
とっておいて色あせてしまうかもしれないんだし。
だけど、スキ、と思って、
カメラにおさめておこ、と思って、
そうやって、ココロがふるふるっと小さく動く、あたしの“スキ”。

書いていて、スキ、なのは、
漢字、「躾」。シツケ。

「身」と「美」の組み合わせに、背筋ピン!な素敵な字面。
しつけ糸、ってのも、ひと手間、手仕事、な響きで、丁寧な、趣き。
でも、シツケってことばの本来の意味や、あたしんちのシツケ、ってなってくると、
上から目線な匂いが漂いすぎて、ちっともスキじゃなくなるっていうか、
一足飛びに苦手領域、っていうか。
「躾」は、漢字の字面限定で、スキ。

もひとつ、スキ。
ふたつの「じあい」。
「自愛」もいいし、「慈愛」もいい。

ペンを走らせながらお相手を想って、「ご自愛ください」ってしたためると、
書いている私までほわわわぁんと幸せになれます。
自分を愛して、自分以外も愛して。

「慈愛」って、「慈」も「愛」も、じわぁっとちょうどいい温度の漢字。
あったかい×あったかい、の組み合わせ。

訓読みの、イツクシム、だって、
ウツクシイ、を想像して、ホントにキレイなオト。響き。スキ。


関連記事
09/13 17:41 | 「想」
ぞろめ
DSC06372.jpg

ご近所洋菓子店のチーズケーキに、ロウソク。
はい、アタシ。
またヒトツ、オネイサンにりまして。いえいっ。
ザ・ゾロメっ!いぇいぇーいっ。

今年も健やかに迎えられた誕生日。
なんとありがたいこと。
この世にむかえてくれた両親に感謝を。
ワタシの命を繋げてくださっている方々に、
ワタシとご縁を結んでくださっている皆様に、深謝。
おかげさまです。

頂いている愛情と幸福と優しさ、
ありがたくありがたく受け取って、味わって、あったかくなって。
それをまた、家族やまわりのお人に渡していこ。
「HAPPYバトンリレー」に参加させてもらお。
そんなゾロメサンで在りましょう、と、ユルい誓い。


DSC06358.jpg
Hちゃん、Mちゃん、サンキュね。 


DSC06376.jpg
Cちゃん、コドモタチ、メルシーっ!


DSC06378.jpg
Yくん、アリガト。


DSC06360.jpg
Yくん、ウレシカッタ。


関連記事
09/02 09:08 | 「日々」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。