スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
プール
DSC05465.jpg

映画、プールを観てきたのは先週のこと。

「ことばスクナ」の作品。
「メッセージを押しつけてこない」作品。
「余白の多い」作品、でした。

平日の午前中の映画館で、見事に性別、年齢層がばらけているのも、なんだかよかった。
「語られてない」作品を観たそれぞれの人たちが受け取って帰るものは、
文字通りの“色々”、十人十色なんだろうなぁ、と思いました。
それぞれのアンテナで、
この、ゆるい映画から静かに発信されている電波を受信して帰ったんだろうなぁ、って。

私の受け取ったもの。
短い観賞文を書いてみよう。

チェンマイの地で暮らし、生きる、京子(小林聡美)の選択、役割。
市尾(加瀬亮)には市尾の、菊子(もたいまさこ)に菊子の、ビー(男の子)にはビーの、選択、役割。
本人たちは、それについて多くを語ってないけれど、
洗濯を干し、仕事をこなし、ごはんを作って食べ、飼っている動物にごはんをあげる、
そんな何気ない姿から、確かな、それぞれの役割がみえてきました。
大きくても小さくても、
それが自分の役割だとわかっていてもわかっていなくても、自分の役割をこなす。
それだけですばらしく、尊い、古都チェンマイでの暮らし。

みんな、ことばレベルというより、魂レベルの意志で、
チェンマイのプールのそばを自分の生きる場所としているんだろうな。
さよ(伽奈)もさよで、そんなチェンマイのみんなと触れ合うことで何かを見つけたようで、
これから、“さよらしい”選択をしていくはず、きっと。
そんな顔をして帰国していたなぁ。

私。
今年の春に住まいを変え、今年は仕事をしないんだ、と決めた私。
そんな私にも、映画の中のみんなとおんなじように、
私の選択と役割があって、
それはまた、映画の中のみんなとおんなじように、
はかな気なようでいて強い意志、強いようでいてはかないけど、
それでいいんだよ、それぞれでいいんだよ、って、
そんなやさしい風のそよぎ。

映画館を一歩出たそこには、
ランチタイムの休息で通りを歩いている、IDカードを首から下げるお仕事な人たち。
キリリとした服装(かっこいい♪)のその人たちにも、その人たちの選択、役割があるんだろう。
映画の中の京子たちがいて、IDカードな人たちがいて、私がいる。
それぞれがそれぞれの形で社会とつながり、
それでいいのだ、いやいや、それ「が」いいのよ、とか、
ある意味ワークシェアか?、いやいや、ある意味じゃなくてもワークシェアよ、とかね、
お昼ごはん@スーホルムカフェのスワンチェアに座って考えていたのは、そんなようなことでもあり、
また、注文したエビとアボガドのサンドって、うまいよねぇ、でもあり、
それとか、スーホルムカフェのトートバッグのパープルを連れて帰るかどうか、でもあったのでした。

結局、連れて帰りませんでしたが、落ち着いたいい色です、このむらさきいろ。
HPの画像より実物のほうが、もすこし濃い、スミレな感じ。
この前のぞいた45rpmにも、いいむらさきいろのトートがありました。
薄むらさきが気になる秋です。

おっとっと、脱線。
この映画のゆるさ、やさしさには、こんな脱線こそ、よく似合うかも(笑)

この映画のコピーは、「理由なんて、愛ひとつで十分だ」。
“小理屈こね子”の私、説明のことばが無いほうがよい時に、
あれこれ理由をあげつらいそうになったら、
このコピーに、この映画の空気に、身を委ねようと思います。

印象的シーン、キーワードで覚え書き。
・揚げバナナ
・京子の白ブラウス
・ピクルスを届けた日の菊子のワンピース
・ラストシーンの道の赤
・鳥のさえずり、風、歌


関連記事
スポンサーサイト
09/25 10:26 | 「読」「観」「聴」 | CM:2 | TB:0
しゅくだいとおまもり
DSC05408.jpg

43になったのは、8月の終わり。
生まれさせてくれて、生んでくれて、ありがとう、
父さん、母さん、神様。
共にに生きてくれて、一緒に学び合いをしてくれて、ありがとう、
だんなさん、子どもたち、まわりのみなさん。
あたたかいお便りや贈り物も、ほんとにほんとにありがとう。
深謝。

さて。
おかげさまで健やかに迎えたバースデー。
「ステキナヒト」になるために、自分の中にどんなキャンペーンをおこうかと考えていましたら、
うまい具合に「これからの宿題」が見つかりました。

それは、「暮らしのおへそ」をきっかけに。
いつも立ち読みばかりで、vol.8も、パラパラで済ませるつもりが、
先ずは表紙デザインにやられ、
中をのぞいたら、大好きどころの方々、今回はたくさんで、鼻血ブー。

00004183_d.jpg

その中でも、「宿題」につながったのは、
田口ランディさんのインタビュー記事でした。
一部を抜粋。

*********************************************************************************
(前略)

そして、ランディさんは、
ネイティブアメリカンが残したというこんな言葉を教えてくれました。

“私たちが、自分のなかにある、ふたつの対立するものを統合することが、
 世界に対する貢献である”

「こういう考え方ってすごくいいなと思ったんです。
 私が私の問題を解決し、私のなかでバラバラになったり、
 対立しているものを統合していくこと。
 そのことが、社会に対する貢献になる。
 そう考えるようになったら、ものの見方がずいぶん変わりました。
 世界と自分が見えないところでつながっているというリアリティをもちたいと、
 すごく思うようになったんですよね。
 そのためには、自分のことに注目する必要がある。
 自分の問題をちゃんと解決していかないといけないんです」

私たちは、やりがいだったり、何かを成し遂げる実感を、外へと求めようとします。
けれど、自分がここにいる意味は、自分のなかで作りだすもの。
そう教えられた気がします。

(中略)

自分のなかに当たり前にあることと相反するものを、受け止める。
拒絶反応起こしながらも、それを消化し、今までもっていたものと溶け合わせてみる。
それがランディさんの言う“統合”の第一歩なのかも。
自分と異なるものを受け入れる勇気をもちたいと思わずにはいられません。
*********************************************************************************

…「私が私の問題を解決」、かぁ。
…「そのことが社会に対する貢献になる」、かぁ。

真理の中の真理、究極の真理、
これ以上の真理はないかも、と思いました。
風が吹けば桶屋が儲かる、のような、複数論法のたとえとは絶対に違う、
聞いた瞬間に、アタマというより理屈というより、
ココロで、魂で、理解ができてしまう感じ。

広義でとらえれば、と前置き必要なのか不要なのかはわからないのだけど、
以前に私が聞いたタクシー話を、思い出しました。
ズーニーさんの負の連鎖の話も、思い出しました。

そして何よりシンクロしたのは、
自分の中の異なる思いのせめぎ合い、に触れた2こ前の記事
つながる。つなげる。つながり。

2こ前の記事中の私のように、
自分の中に自分でで芽生えさせた思いふたつがあって、
そのふたつが相容れずに立ち止まってしまうこと、あります。
また、意図せず、誰かのことばや思いと、自分の気持ちとが、相対してしまい、惑うこと、あります。

でも、ランディーさん記事を読んで、

「立ち止まったりしても、惑ったりしても、いいんだよ
 自分で自分の問題を解決するのに、時間がかかるなら時間をかけていいよ
 その時々で解決できればそれでいいよ
 自分とガチで向き合うこと、大事だよ」

と言ってもらえたような気がし、更に、

「もし今、自分の中でせめぎ合っているものがあるなら、ちゃんと解決していこうよ」

と、問題を解決しないまま留まっている私に、宿題をくれた気がしたのでした。

あとね、同時に「お守り」ももらったよ。
ことばのお守り。
「私が私の問題を解決する。そのことが社会に対する貢献になる。」
道に迷ったら、唱えよう、このことば。
しばらくは、このことばを抱きしめて、前に進もう。


関連記事
09/14 16:08 | 「想」 | CM:5 | TB:0
ひさびさ、きるもの
DSC05437.jpg

おかいもの。
ふらり立ち寄ったR by 45rpmで、重ね着に便利そうなキャミを。

首まわりの縁どり、切り替えから下はシルクで、
マットなシルバー、ふわふわ、しなしな。
カーデやジャケットの裾から、
そのエアリーなふわふわがいい感じに主張してくれる着丈で、
敢えてちょっとかちっと目のジャケットと合わせたくなります。
ひと粒パールのネックレスや、華奢なシルバーのアクセサリーと一緒に、
っていうのも、どうでしょう。

やさしい服を身にまとって、
やさしいひとになれたらいいな、と思います。


関連記事
09/10 12:25 | 「衣」 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。