スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ちぇぶらーしか
チェブラーシカ

暑くて暑くてしょうがない時季って、
ひところ流行った脳内メーカーで言えば、
「暑」の字が脳の8割がたを占めているような状態だけれど、
ひと雨ごと、というのか、だんだんに涼しくなってくると、
その「暑」が、「思」とか「考」にすりかわってくるように思います。

だからかぁ、物思いにふける、の定番の季節って、秋なのは。
なぁんてね、納得したりして。
秋に物思ふ、のは、うつろひを感じる季節だから、
「あはれ」を感じやすい季節だから、とだけ、思っていたけど、
(ステレオタイプな発想で、はらはら落つる葉を眺めては、
 「はぁ~」とため息をつく、あのおセンチな乙女の図、のように)
秋になると涼しくなって思考が活発化するから、
という、人間の体の快、不快、とか、そういった角度からも、
「秋」=「物思い」になるのかも。
意外と理に適ったことなのかも。

どんだけ自分に興味あんねん、って少々自嘲しつつも、
自分のこと、またぼちぼちと見つめている、そんなこんなの最近で、
つい昨日から今日にかけて、思っていたのは、こんなこと。

実は、昨日の日中、人の集まりの中にいたら、
ちょっとした誰かの仕草から、
あたしってここにいる人たちに、こう思われてんのかな、
あぁ思われてんのかな、と、スパイラル状態におちいり、
ひとりで逃げ出したいような、息苦しいような気持ちになっていました。
…あらら、始まっちゃったよ、疑心暗鬼グセ。

自分に、「オマエって、いいヤツやなぁ!」と、肩を組みたくなる日もあれば、
「そんなチンケな人間やったんか!」と、そっぽ向きたくなる日もあるけど、
その日の夜、ひとりよがりに人の目を気にしていた自分を振り返って、
もう、どう思われてたっていいでしょが、アンタなんて知らん!って、
ご飯つくりながら、自分にプンプンと怒っていました。
疑心暗鬼な自分も、そんな自分にプンプン怒っている自分も、
どっちの自分に対しても、
いいトシこいて、なんだかなぁ、っては、思うのだけど。

ニコニコと肩を組みたくなるような、「いいヤツ」の自分。
フン!もう知らんよ、と、そっぽ向きたくなるような、「チンケ」な自分。
どっちが好きかといえば、勿論「いいヤツ」の方。

だってさ、自分の中のチンケを見っけて、
そういう自分と向き合ったり、認めたり、
叱ったり、なだめたりする作業は、しんどいもの…。

じゃあさ、自分の中が「いいヤツ」一色だったらいいの?

…そうだね。違うね。
「チンケ」な自分が、私の中にいなかったら、断然さびしいよ。

不思議なんだけど、
「チンケ」さにアイソつかしたくなって、いっとき、そっぽ向いていても、
やっぱり放っておけなくて、仕舞いには向き合っちゃう。
自分の中の「やらしい」「ずるい」「ちっさい」ところ。
煩悩のあれこれ。

しんどいけど見つめてみて、心の奥のホンネ、きいてやって、
「あぁ、そうだったのね、そんな気持ちだったね」と共感してやっているうちに、
不思議と、そのチンケもいとおしく思えてきて、
よしよし、ずっと仲良くつきあっていこうな、って思える気がします。

そして、こんなふうに
「チンケにそっぽ→歩み寄って理解→やっぱり仲良し」を重ねていくと、
わずかだけど、チャリン!と心の中に貯金がたまっていくような感覚が。

たまっていくものは…
許し、といえばいいのかなぁ。
自分の愚かさを許し、
周りの人の間違いを理解して、許すための、想像力、みたいな。
ふところのひろさ、みたいな。
そういう経験値があがっていく感覚があります、ごくごくわずかに。

…あれ?
最後は「許し」とか「想像力」とか、なんだかおっきく出ちゃってるし、
結局は、チンケなところがないと寂しい、とか言っちゃって、
いいぞ、自分のチンケー!みたいになっちゃいました。
言い訳になっちゃいました(苦笑)

チンケの言い訳?
おっ、韻ふんでる!
(って言ってる場合じゃなくね?)
私って、自分に甘いよねぇ、とつくづく思うのです…(汗)
(こうやって、自分の食欲をも甘やかしそうな予感の秋で、ヤバイです。)


*photo*

5月末に訪れた恵文社の「カナカナのかわいいロシアに出会う旅」の展示販売で、
チェブラーシカのおもちゃを。
キャラクターものにはあまりはまること、ないんだけれど、
チェブラーシカは好きです。
↓が、その展示スペースで、床の上にちょこん、まんなかあたり。

恵文社2


関連記事
スポンサーサイト
08/23 00:57 | 「住」 | CM:4 | TB:0
なつやすみ
ハート氷

夏には夏の、お盆にはお盆の、とばかりに、
お墓参りに行ったり、実家でご飯を食べたり、などして過ごす他にも、
せっかくの夏休み、やっぱりどこか、行楽っぽいお出かけがしたい。

でもね、大きなお買い物(必要に迫られて車の買い替え)をしたのは、
夏のはじめのこと。
それを機に、大蔵省の私から、家族に「倹約令」が出ていまして。
遊ぶにも、テーマはズバリ、「お金をかけずに楽しく」。

それならやっぱ、日帰りアウトドアかな、と、
久しぶりにたけくらべ広場へ。

川で遊んで、キャッチボール。
とんぼとりして、フリスビーして。
炭酸ジュースも今日は解禁、がぶがぶ飲んじゃう。
昼寝もすれば、おやつもつまむ。
お肉ジュージュー、たらふくたいらげる。
(前日に閉店間際ねらって買っておいた半額お肉、心置きなくたーんとお食べ!)
帰りはスーパー銭湯でひとっぷろ。
極楽、極楽。

タープの下で寝そべっていたら、
芝生の上に落っこていた保冷用の氷が、おや、ハート。
そうね、愛があれば大丈夫、ってことよね。


関連記事
08/18 21:52 | 「日々」 | CM:4 | TB:0
めものーと
note_20080806173516.jpg

メモ魔、というと大げさ。
メモりたがり屋、ってほどでもないか、
メモしておかないと忘れん坊、って感じか(笑)

しょっちゅう、ではないけど、
我が家のちょっとした行事の時の備忘録として、
スケジュール手帖とは別に、
こんなA5とかB6くらいの小さめのノートを。

子どもが寝た後、コーヒーに甘いもんとかつまみながら開かれる、
夫婦会議の議事録でもあって、
去年の子ども会のお役の時の、クリスマス会のゲーム案、とかね、
あーでもないこーでもないと話した跡が、
古いノートには残っています。

7年前にこの中古の家を購入した時のことも書いてあって、
資金捻出のこと、不動産屋さんとの打ち合わせ内容、
引越しのこと、越してから買わなきゃいけないモノリスト…とか、
なつかしいです。

Arneの年間購読のオマケの赤いのが詰まったので、
今度は、一番右のツバメノートにしました。

↓の本を本屋さんでパラパラしたら、
情報の切り抜きは、メンディングテープで張り止めるとよい、と書いてあり、
メンディングテープとはさみも合わせて持ち歩こうと思います。
確かに、目立たないし、上から字は書けるし、いいかも。

90149176.jpg


関連記事
08/06 17:45 | 「住」 | CM:4 | TB:0
どうってことないいちまい
馬乗り

なんでもない日の夜に、
なんてことないテレビを見る、長男と二女、の図。

よくある日常、よくある場面だけど、
デジカメを持ち出して、後ろからパチリと切り取ってみました。

ほんと、どうってことないこの場面。
だけど眺めると、ひとり、くすっとしてしまいます。

それは、
母親似のがっしり体型の妹を支えて、
家族イチ体脂肪の低い兄は重いだろうに、
なーんにも言わないところに。

それは、
妹が、「お兄ちゃん、乗っていい?」と聞くでもなく、
兄の背にごくごく自然に乗っかったところに。

それは、
テレビをみるなら、
ほんとはもう少し下がってみてほしいところだけれど、
この時は声をかけないでいる自分に。

兄も妹も母も、それぞれが、
静かに黙って、
そっと寄り添って、
温かみを感じて、
じっと守って。


関連記事
08/06 00:37 | 「子」 | CM:6 | TB:0
わたしはげんきです


『おちこんだりもしたけれど、 私はげんきです。』

なんでしょね、この魔女宅(魔女の宅急便)のコピーが大好きで。
久しく会っていない遠くの友のこととか、近くのみなさんのこととか、
だれかれとなく思い浮かべては、このことばをよぎらせています。
おかげさまで、つつがなくすごしています。
ありがとう。

それにつけても、このコピー。
「おちこんだり」、の「だり」から、思いはかることのできる、
主人公キキの経験の奥行き、深さ、みたいなもの先ず感じ、
いろいろなことがあっても、今はげんきにしていて、
いろいろな経験があったからこそ、げんきでがんばることができている、と、
今度は力強さのようなものが伝わってくる…。

私はこの21文字から、そんなことを思い、
そして、それをこの21文字に表した糸井さんを天才と思うのです。

このコピーも好きなら、
画像の、AKANEYAさんのアイスコーヒーも好きで。
パッケージもかわいけりゃ、味もよし、なのです。
この、ムトウさんのお友達には、カトウ(加糖)さんもいたりするのです。


関連記事
08/05 01:15 | 「日々」 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。