スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
じもんちゅう
ガラス

古いサッシ窓のガラス。
だいどこの流し正面にある、北の窓の、です。
昭和の家の、こんなところがすきです。

なべかまを、水筒3本を、ゴシゴシと洗いながら、
いろんな四角たちが織り成すこのガラスの模様を、眺めています。
時には、うっとりと。
時には、ぼーっと考え事をしながら。

ぼーっと考えていること、例えばこんなこと。
仕事、も含めて、私のこれからのこと、とか。
大げさに言うなら、
40を過ぎ、折り返した感のある今後の人生、どう生きるか、みたいな。

私の心に、部屋が幾つかあるとして。
「自問の部屋」なんてのもあるとして。
その部屋の扉、久しぶりに開けて、考えています。

その自問部屋、の中に、また更に小部屋。
「私が好きなこと」と書かれた扉です。

ただ、この小部屋は、長いこと開けられずにいて、
居心地があまりよくない、というのか…
うーん、かっこつけて部屋で例えたけど、これじゃぴたっとこないな、むむむ。

というか、好きなものを考える思考回路が、
好きなものを自問する思考の道筋が、
私の中にできてない、感じです。
そ。そういう感じ。
ここんところは、そういう習慣が、ほとんどなくきていた、って。

おさなごを育てる、というのは、
できる範囲で、だけど、相手に応じる、というのか、
自分の呼吸やリズムを合わせること、と私は思っていて、
私の場合、3人分の子育てで10数年、
合わせる、応じる、受ける、ことに
慣れてしまってきたのかもしれないです。

(じゃ、その10数年以前は、「受け」な人生ではなかったのか、
 と問われれば、それはそれで流されてきたように思えなくもないし、
 確固たる自信はないのだけどね、へへへ。)

ここ10数年で、私のもとにめぐって来て下さった立場やお役目や出会い。
もうそれは、ただただ、ありがたいありがたいご縁に他ならない…。

だけど、だけど。
さぁ、これからは!と思うのです。
そんなありがたいご縁の数々に、
「今度は自分の方からめぐり合ったるどー!」と。
そんな「探し当てた感」のあるご縁も、
むこうからきて下さったご縁も、
同じように大事にしながら、亀スピードだけど、前に進もうと思うのです。

もちろん、子育てに終わりはなく、まだまだ母親修行は続くのだけど、
手をかける分量より、見守る分量が増えた、うちの3人たちなので、
そろそろ、自分探し。
で、どっちに進もっか、あっちとこっち行きつ戻りつしてみようか、と、
自問している今、というわけで。

一方で、贅沢だぞ、自分!っても、思っていて。
自問の扉を開けて、「私が好きなこと」を探索できるなんて、
たくさんのお助けのおかげ様で、どうにかここまでこれているから。
見えるチカラ、見えないチカラに支えられているおかげ様。

堂々巡り、答えも出ぬまま、出さぬまま、
私の好きなことはなんだろ、って、
ふっと考える時間をもてるありがたさ、かみしめかみしめ、
もう少しさまよってみます。


関連記事
スポンサーサイト
04/22 18:41 | 「住」 | CM:14 | TB:0
ちかごろのこと
ameens ovenのパン

【先月末のこと。】
Akinoさんのところで教えてもらった、ameens ovenでパンを注文しました。
届いて感激。
魂が宿る食べ物、をいただく時、このうえない幸せを感じるものですね。
この、パンのずっしりとした重みは、
ameens ovenのミシマさんのパンづくりへの想いの重み、と思いました。
『パンって小麦の粉をこねて焼いたもの』
…当たり前のこのことを、噛むごとに感じられる、
私の好きなタイプのパンでした。


【1週間前のこと。】
起きて、いつものように、ぼーっとしながらだいどこで朝食をつくる私、
この日の朝は、なーんかやーな空気をしょっていました。
少し前に仕事で、「あれでよかったのかな」「ベストだったのだろうか」と
何度もその日の自分の対応を振り返った日があって、
えぇい、寝ちゃえ、と、その夜はおしまいにして、
もう忘れてしまっていたのだけど。
数日後の朝になぜか突如、その日の気持ちが蘇った、というわけでした。
…急になんでまた?
①自分を省ること、事後の自分の対応、起きたことから受け取るべきこと、
 のどれか、いえ、もしかしたらどれもが不十分だよって、
 もっと反省しなくちゃだよって、そう気づかせてもらうため?
②そうやって、失敗かも…と思う不安感、恐れ、が再び蘇ってきても、
 そこをクリアして、必要以上に引きずらない練習をさせてもらうため?
③ただ夢見が悪い朝だっただけ?
…②と解釈することにしました。
(①としたほうがいいですかね。自分に甘いでしょうかね。)
最近の私の課題は、
『恐れ』を自分の中からできる限りなくす!なので、それに絡めて、
必要以上に考えすぎることは、『恐れ』を抱くことにつながる、と考えました。
何か、誰か、に『恐れ』を抱くと、その何かや誰かに『愛』をもてない…。
これを、以前どこかで読んだか、感じとったか、で、
やっと今、その意味を理解しつつあるところです。


【5日前のこと。】
桜咲く堤防の道を散歩、
子どもたち3人とも、部活などで出かけていて、夫とふたり。
7分咲きの桜の、ピンクのトンネル。
やわらかな春の空気。
堤防をどんどん歩いても、前みたいに痛くない私の足首。
おばかな話、子どもの話、仕事の話、将来の話。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
何かあったら、ううん、何もなくても、
この時間の淡い色たちを思い出して、がんばろうと思うのです。
自分らしく生きていこうと思うのです。


【今日思っていたこと。】
夕方みた、再放送のドラマ、「恋ノチカラ」。
ふかっちゃんって、ほんとにかわいい。
大きめプリーツのチャコールグレーのスカートもかわいい。
水色のピンも、水色のマフラーもかわいい。
って、あわわ、それが言いたいんじゃなくて、
(それも是非注目!で、言いたいことだけど)
オバチャン、もう、ガツーン、パンチくらったのは、
ふかっちゃんが元彼からのプロポーズを断る決断をした時のことば。
「自分の居場所を決める。
 必要とされるか、されないか、が大事じゃない。
 自分が好きだから、自分がそこに居たいから、という気持ちが大事。」
ってなふうのことば、おおよそで。
私も確認、自問してみる…、特に自分の仕事の面で。
今、居る場所は、どっちだろう。
もし、前者で選んでしまった場所でも、好きになるならそれでよしなのだし。
…なぁんてね、リアルタイムでドラマを見ることが少ない私は、
再放送のある夕方に、いろんなドラマをみて、
あーだこーだ想ったり、大泣きしたり、大笑いしたりすることが多いです。


関連記事
04/11 01:01 | 「日々」 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。