スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
めりくりのひ
クリスマス07 2

我が家もクリスマス、でした。
ほーりーないと!

いろいろなサイトやblogのあちこちに
「皆さんも素敵なクリスマスを♪」なんて書いて下さっていて、
勝手にうれしがって、あったかくなっていました…。
おかげさまで、我が家も5人揃って楽しく。

夫が何度も
「○○(中1長女の名前)とこうやって一緒にクリスマスできんのは、
 あと数えるほどしかないんだよなぁ…」とか、
「megが無事に退院できたから、
 こうやって5人揃ってクリスマス迎えられるんだよなぁ、よかったなぁ」とか、
「ほら、おまえら、おかーさんが退院してきてくれたから
 こうやっておいしいごはん、食べられンだぞ、感謝せーよ」とか、
繰り返し繰り返し言うので、ありがたかったり、ちょっとくすっとしたり。
よーっしゃ、そんな夫クンには、
張り込んだビフテキ(昭和語)のお肉、私のひときれあげちゃうっ!
子どもらデコレーションの生クリームケーキも、
大サービスでおっきく切ってあげちゃうかんねー。

家族のこういう思いって、誰かひとり、が言葉にしてくれるのがいいのかも。
そして、その誰かの言葉に、他のみんなは大げさに反応せずに
にっこり笑うくらいか、
「もぉーそれ、何度めぇ?(笑)」なんて突っ込むくらいが、なんかいい。
みんな気持ちはおんなじで。
でもちょっとだーけ、一瞬だけ、確かめ合えたらうれしいかも。

そんなこんなで夜が更け、
サンタさんはうちの3人の子どもたちにも、
英文のお手紙と、それぞれのプレゼントを届けてくれたのでした。
一番興奮していたのは、中1長女で、
「私の部屋の窓が少し開いていたから、私の部屋から入ったんだよー!」って。
2歳のクリスマスと同じ表情で、同じように手足をバタバタさせてたのが、
可笑しくて、かわいかったデス。


関連記事
スポンサーサイト
12/26 01:37 | 「子」 | CM:12 | TB:0
とうひ
白山陶器楊枝入

わさわさ、そわそわ。
世間様が一気に年末に向けて急加速してる気がするのは、
私だけかなぁ。

世間様が慌しければ慌しいほど、
その波にのまれてしまわぬよう抗ってみたくなるのも、
私だけかなぁ。

と、格好つけてみても、所詮、
ウサギとカメのウサギ。
アリとキリギリスのキリギリス。
最後に慌てるのだけどね、わはは。

洗顔した後、肌に入れ込んだ化粧水の水分、
逃げぬようにと最後にDHCバージンオイルでフタをする時。
右手で右の頬、ではなく、
左手で、右手の頬を上から下に、
右手で、左手の頬を上から下に。
そうやって逆の手で頬を撫で上げると、
誰かに施術してもらってるようだなぁ、
「フシギキモチいい」感覚だなぁ、と発見。

自分の中ではすごいと思う発見でも、
人様に話すと、ちっぽけに「ふうん」で会話が終わったり、
話す途中に自分でも「どうでもいいことだ」って気づいてしまったり、
そんなことってあって、
これはまさにその類だろうと思ったり。

クソがつくほど忙しくしてなきゃなんないこの時期にね、
そんなぼーっとしたこと考えて遊んでいる私です。
いつもこの時期、逃避。

明日はやっと美容院を予約。
チリチリボンバーにしたい。
グリングリンにクルンクルンにパーマあてるつもり。
一生トライ、一生チャレンジ。


*photo*
白山陶器のとり型ようじ立てにやっと出会えました。
わーいわい。
少ない陶芸の経験だけど、
以前に、手びねりで小さいピッチャーをつくったことがあって、
今までは、不恰好なそれに楊枝を。
このとりさんには、楊枝、ぎゅうぎゅうにさすより、
このくらい、少し、が素敵。


関連記事
12/21 01:50 | 「住」 | CM:10 | TB:0
そだてる
鏡

そろーり、と友は言い、しずしず、だと私が思う…
のは、私の今の歩きぶりや、行動。

先週おかげさまでギブスが外され、
それから、運転再開するなどしてます。
1ヶ月半ギブスに守られていた足…
いきなり働いてもらうとなると、負担もあるようで、
労わりつつ愛でつつ、でも動くのがリハビリのようなもの、と動いています。

そんなこんなで、嬉しそうにお買いもんに。
雑貨屋さんへも。

鏡を買いました。
常々、パソコンまわりに
いつでも自分の顔をのぞける鏡がほしいと思っていたところ。

ずっしりと重い、アンティーク風のコノヒト。
まだまだ木の欠けや塗装の剥げもなく、
アンティークに「風」が付く感じで、
安っぽい感じがしなくもないのだけど。
実際安いし。
(…と、まるで古いものに詳しい人みたいなコメント。
 ほんとはね、テキトーに言ってます、ごめんなさーい!)

これから私と過ごす時間で、
ちょっとずつ古いものに育てていきます。
というか、鏡の中で老いていく私と一緒に
いいアジ出していきましょうとも!


関連記事
12/17 01:48 | 「住」 | CM:2 | TB:0
ほんやさんへ
クウネル&暮らしの手帖

えっちら、おっちら。
今日の小雨降る夕方に、
フードかぶって片足ギブスでこそこそチャリこいでいた、怪しいオンナ、
それは私です。

ギブスって、ペダル踏めるんかなー、
とりあえずは小屋の手前にある小学生の長男のチャリで試しとけーって、
先ずは家の前の道でくるくるっと、コドモ用チャリで試しこぎしていたのは、
まぎれもなく、40オンナの私です。

どうしても、是が非でも、行きたくなったので、
本屋さんへチャリで行ったわけで。
買わずにやり過ごすつもりだったけど「やっぱ買おっと!」と思い立った本…
2冊ばかり、急にほしくなったので。

それというのは、
「別冊 暮しの手帖・わたしの好きなインテリア雑貨」と
「ku:nel vol.29」の2冊。

わたしの…の方に、小林聡美さんが出ていて、
「軒先園芸」を眺める姿と、北欧風でレトロ柄なスカートが印象的。
ku:nelの付録のカレンダーもかわいいです。
あと、ku:nelの後ろの方のページに、
Plantationの白いシャツがあって、大き目の襟にメロメロ。




↑本屋さんでは、これも迷いました。
「かわいくておいしい」。
渡辺有子さんと伊藤まさこさん、
大好きなふたり…。
かわいい箱やパッケージの「おいしいもの」が紹介されていて、
あぁ、取り寄せたいぃぃぃ、って思いました。


雑貨好きの恋する雑貨たち

↑迷ったのはこれも、で。
「雑貨好きの恋する雑貨たち」。
いろんな雑貨本とか、インテリア本とか、すてきblogで見かける、
おしゃれ暮らしの常連サンちがたくさん出ていましたよ。
ほれぼれ。


プリン

先週かな、お昼ごはん食べにいきました、夫と。
ここのプリンはやっぱりおいしいです。
まるでグルメblogerさんの画像みたいに、
珍しく美味しそうに撮れたので、のっけてみます。


関連記事
12/07 18:25 | 「読」「観」「聴」 | CM:8 | TB:0
めがね、みました
めがね4

めがね、観てきました。

なんというか、ね。やっぱり、空気感。
かもめ、とはまた違う空気の。
どちらも好き、私は。

帰ってきた夫に「どうだった?めがね」と聞かれました。
多分聞かれるだろうと予想して、
帰宅前に答えを用意しようとするのだけど、できなくて。
案の定聞かれました。が、咄嗟にも答えられなくて。
どうしたら、どんなことばなら、あの空気の心地よさが上手に伝わるのかなぁ。
「私、もう1回観てもいいよ。いや、むしろ観たい。
 一緒に観にいく?」
って言いました。
…ま、これが感想ってことで(笑)

ことばにできないけど、
例え、ことばにできたとしても、なんだかもったいない感じ。
薄らいでしまいそうで。

あ、枝葉の部分の感想なら、いくらも言えます。
例えば、もたいまさこの丸襟ワンピがチャーミングだった、とか。
例えば、「赤」がよかった、とか。
例えば、瓶ビールを薄いガラスのジョッキで飲むの、
私もまねしてみたい、どこのジョッキだろ?とか。
例えば、サントラを買うほど、それぞれのシーンの音楽にほれた、とか。
 (サントラ、ほんっと、いいです。毎日聴いてます。)
例えば、飯島さんのごはんは、やっぱりおいしそうで、
例にもれずおなかがなった、とか。

ふわーっとしてる映画なのでした。
今も思い出して、ふわーっとなってます。


関連記事
12/05 22:48 | 「読」「観」「聴」 | CM:4 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。