スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
たいいん
おたま

帰ってきています。
ただいま、です。
完治まではまだかかりますが、日々のこと、ゆるゆるこなしています。
おかげさまです。
ありがとうございます。

ここまでこれたのも、みなさんのおかげ、と。
深謝。
入院前、あちこちご挨拶などして、
如何に自分がたくさんの方に支えられて暮らしているか、を
思い知ったものでしたが、
入院中、退院後、更なる実感…です。

私が幸せ者だということを、
どれだけ恵まれて毎日を過ごしているかということを、
しっかり自覚しなければいけない、そう思いました。

人にはそれぞれ「幸せの守備範囲」みたいなものがあって、
私は、私自身の「幸せの守備範囲」の中で、
もういっぱいいっぱいのことを
今回していただいているのだろうと思うのです。
だから、自慢、とか、おごり、とか、そういうことではなく、
ただただ、与えて下さったものに感謝を、そういう気持ちです。
本当に、本当に、みなさん、ありがとう!

2週間と少しの入院。
帰ってきて、我が家のトイレに入って用を足し、
いつもどおりにウォッシュレットのボタンを。
我が家と病院では、ボタンの位置が違うのだけど、
無意識に病院のボタンの位置を探す私の手。
それは、数日続き、今も意識しないと間違えてしまうこともあり、
2週間ちょっと、は、
人の長い習慣を変えるに十分な日数だということがわかりました、
トイレ事情からそんなこと(笑)

人生においてはわずかな時間のようでいて、
意外に重みをもつ時間だった入院の日々。
規則正しい生活、家族と離れて寂しかった経験、不自由さの体験、
他の入院患者さんや看護士さんとの触れ合い…。
それらを通して、今の私なりに受け取ったものはあるけど、
ここらへんの細かな要素は、忘れまいと力んで刻む、というより、
40代のはじめに「やさしくないけど、そう厳しくもない風」に吹かれたなぁ、
って、そんな程度でさらりと流したい…。

一方でさらりとは決して流すつもりがないのは、
今回の「手術、入院、治療を通しての気づき」を最も濃く彩る、
支えてもらっている有難み、感謝のきもち。
これを私の中に、いつも思い出せるような位置に置いてくことは、
易しいことではないのか、努力次第で可能なのか…どうなのでしょう。
流しそうになったら、忘れそうになったら、
ちゃんと思い出させてくれる出来事が起きるのでしょうか。
メッセージが届くのかもしれませんね。
これまた、ありがたいことですが、できるだけ忘れないように、私。

本当に、日々感謝。
みなさん、どうもありがとうございます。
いつもありがとうございます。


*photo*
数ヶ月前に買った、木のおたま、ふたつ。
おでん、煮物、豆腐…。
お鍋の中で、大皿の上で、やわらかいものをやさしくすくってくれます。
炒め物なんかにも結構使っているのですが、
年季の入った、いい色には、まだまだ、まだまだ。
おばあちゃんになるまで、ツカイマス!


関連記事
スポンサーサイト
11/26 16:10 | 「住」 | CM:16 | TB:0
にゅういん3
モチーフ編み

私の足は、健康な人のそれと同じように治るわけではないけれど、
痛みはなくなります。やった!

足が治ったら、やりたいことはいくつかあって
・また走ってみたい。
 (カラダもつくっていかないとね。またジムに通いたいな。)
・子どもとスポーツ、楽しみたい。
 (へなちょこだけど、相手してもらお、子どもらに。)
・夫とどこまでも散歩したい。
 (たまには早起きしようか。)

Q.いろいろ、わくわくしちゃってますが、
  そういう具体的なことのほかに、
  私が大事にしなければならないこと、大事にしたいことはなんでしょう?
A.誰かのために、ってこと?

正解。
よいこな回答ですが、
だって、神様に、そして周りの人たちの支えで、治してもらった足だものね。
入院、あと1週間ほどになったら、そんな気持ちになりました。


*photo*
入院中、せっせこ編み始めました、かぎ編みのモチーフ。
なかなかね、楽しいです。
目標、ひざかけ。
(11/26 画像、ぼけぼけだったのでさしかえました。)

関連記事
11/14 23:31 | 「日々」 | CM:15 | TB:0
にゅういん2
手術は無事に終わり、術後5日が経ちました。
痛みもほとんどなくなりました。本当におかげさまです。

まだ体重をかけてはいけないので、けんけんしながら
歩行器(U字形のアレ)や、松葉杖でフロアをびゅんびゅん駆け回っています。
あ、びゅんびゅんは大げさだし、第一、危ないですね(笑)
つい体育会系な動きをしたがるカラダ、いけません、いけません。
年齢層高いと思って、若ぶったりして、ね(笑)

4人部屋の方は、お隣さんが57歳、前の方は76歳と80歳くらいのおばさま。
おしゃべりしたり、売店ツアーと称して、4人でおカイモンにでかけたり。
(3台の車椅子、私の歩行器でエレベーターも売店もコミコミです・笑)

入院生活…
ひとつの部屋、カーテンのしきり1枚で、
お里も世代も違う者同士が、ある日を境に寝起きを共にする、というのは、
何度経験しても不思議な感じがします。
貴重な経験です。
リラックスも必要で、気配りも必要で。
普通の初対面よりも、自分をオープンにするスピードがぐっと早くて。

おかげ様なことに、何不自由なく入院生活を送っていますが、
こうしてパソコンもできるのだし、
家族ともいつでも連絡がとれるのだし。
でもね、ホームシックがない、と言ったらウソになる…。
やっぱり寂しいな、って。
会いたいな、みんなに、って。
それは夕暮れから夜にかけての、たそがれ時のやってきます。(あかんぼ?)

昨夜ちょっと、もがいてました。
こんな私のために、みんなも我慢してがんばっててありがたいことなのに、
あかん、こんなん駄目やん、って。
感謝だ、感謝!って。

「寂しさ」に「感謝」のおもりをのっけて、押しつぶそうとしたり、
おしくらまんじゅうのように
「感謝」の圧力で「寂しさ」を押し出してしまおうとたりして、
あがいていたのですが、やめました。
なんか違う、と途中で思って。

寂しさは寂しさとして、きっちりひたって。
感謝は感謝として、しみじみ感じて。
ふたつの気持ち、どちらかにどちらかをかぶせないで、
別々に純粋に、それぞれを味わおう。
寂しい時は、寂しい、って思えばいいじゃん。
寂しい、って言えばいいじゃん。
なかったことにせずに。
甘えて誰かに迷惑かける、ってことではなく、
ちゃんと自分の中で寂しい気持ちを認めよう、って。

…「あぁ~ん、さびちぃよぉ~。ぐすん。」

期限付きの、しかもたった数週間の、急でもなく予定の手術入院。
そんなんで、こんな弱音はくとは自分でも思ってなかった、というか、
トシ重ねた分、強くなってるはずだから、
もっともっと楽しめると思っていたけど、
意外によわっちかったのでした、私。
すんません、すんません。
まだまだです、41のあたし。

でもね、ほんと、自分の中で、ここで、
カミングアウトしたら、すごく楽になりました。
よしよし。

明日は、夫がきてくれるし、
まだ読んでない本もあるし、
かぎ針編みもやりたいし、
友からの花はきれいに咲いているし、
弱音をはける、ココもあるのだし。
女子バレーもがんばってはるし。(にわか奈良弁)
ね、私も、もう少しがんばります。
みててね(笑)


関連記事
11/10 19:59 | 「日々」 | CM:8 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。