スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ぶんがくのちから
20070301181244.jpg

昨日は2月の終わりの日。
仕事が始まって1ヶ月が経ちました。
今週の月、火、水の3日の出勤をこなし終えた昨日、
仕事場からの帰りの車の中で、
言い知れぬ充実感をひとりかみしめていました。
(毎日終日勤務でがんばるみなさん、甘ちゃんなこと言ってゴメン!)
 
今年度最後の子どもの参観、PTA総会の日でもあり、
(長女は小学校を卒業なので)3人の参観をまわるのも、
学校の役員業もこれでひと段落だと思ったら、
ますます達成感のような、ひとくぎり感のようなものがこみあげてきて、
どういうワケか活字に触れたくなり、本屋へ。
子どもらを私の実家に預けてあったのをいいことに。

選んだのは、山本文緒の「絶対泣かない」。
「専業主婦から看護士、秘書、エスティシャンまでの15の職業のなかで、
 自立と夢を追い求める女たちの人知れぬ心のたたかいを描いた、
 元気の出る小説集」と、説明されていました。
《非現実でありながらも、そう遠くはない場所》へ
トリップできそうな気がして、手にとったのでした。

本屋さんを後にし、ミスドへ。
家ではないどこかで本を読む…そういう気分でした。
(たまに、そういうことがしたくなります。)
抹茶チョコのオールドファッション(期間限定だそう)とカフェオレ、
ミスドってこんなに美味しかったかな、と思いました。
おしゃれサン気取りで、ボサノバが流れるようなcafeで本を読む…
ってことも考えたのだけど、何しろ今日の気分はミスドだったのでした。
いろんなカップルやいろんなグループやいろんなひとりの人が混在する
雑多な雰囲気の中に、自分の身を溶け込ませたい、というのか。

期末試験で勉強し合いっこする男子高校生たちの隣の席での読書は
意外にすすみ、フラワーデザイナー、体育教師、デパート店員、
漫画家、営業部員、専業主婦、と6人の女性に会いました。
…みぃんながんばってるんだな。

そうそう、その翌日、つまり今日の午後、
この日の読書にプチシンクロがありました。
学校の図書ボランティアの講習会に出たのですが、
講師の先生がおっしゃったコトバ。
「人間は、暮らしの中でいろんな理不尽な思いを抱えます。
 でも、(読み聞かせを含め)本を読むことで、自分の心を物語の中に
 解き放って、その抱えたものをリセットできる。
 これこそが、文学のチカラだと思います。
 文学が人間にもたらす、大きな働きのひとつなのです。」

抱えたのはたまたま理不尽な思いではないにしても、
6つのストーリーの中に、心を解き放つ体験を昨日したばかり私に、
このコトバはドンピシャリ響いて、少し驚いたのでした。
昨日の自分の出来事を、美しいコトバで表してもらった感じで、
こういうのって嬉しいです。思いがけない素敵なギフト、というか。

そういえば、初任給…ならぬ再任給がいただけました。
協力してもらった家族とまわりの人にささやかなささやかなお礼を。
ハンカチ1枚ずつですがね、心をこめて。
自分にも買いました。画像の黒んぼハートちゃんの。


関連記事
スポンサーサイト
02/28 23:28 | 「読」「観」「聴」 | CM:8 | TB:0
にしおぎめも
東京は西荻を訪れたのは2週間前のこと。
なんてことない写真たちだけど、
忘れないようにメモしました。


関連記事
02/24 23:36 | 「日々」 | CM:4 | TB:0
かさかさ
20070219164437.jpg

少し前の晩、家族で見ていたTV、一番弱い親子愛モノ。
「アレ、おかーさん、いつもいっぱい泣くのに今日はあまり泣かないね」
と驚く息子。…あぁ、確かに。
うっすら涙にじむ程度で、動いていない自分のココロ。

少し自覚はあったのですがね。
フツーに毎日を暮らせてはいるので、そこから目を反らしていた。
でも、やっぱり心地よくないな。

ココロが少し渇いている感じ。かさかさ。
ちゃんと笑っていなかったり、ちゃんと泣いていなかったり、
ちゃんと怒って…は、いるか、子ども達に(苦笑)。
ココロの振り子の振れ幅が、いつもより狭くなっている感じ。

今回ばかりは、「いいよ、いいよ、それも私だもの」とは
甘やかしちゃいかん…そんな気が。

自分に少し発破をかける。問いかける。

「ほんとうは大して忙しくないんじゃない?
 忙しいと思いこんでいるだけじゃない?ちょっと情けない。」
「何から、そんなに自分を防御しているってわけ?」
『そわか』が足りないのかも。」
「ほら、毎日、たくさんのご褒美を頂いているよ。
 決して忘れないで、決して。」

…ほんとだ。ありがたいよ、ご褒美たくさん。
…ほんとだ。何でそんなに武装しているんだ、私。
…ほんとだ。掃除も笑いも感謝も最近おサボりだ。

数ヶ月前、何かのTV番組で養老孟司氏が言っていたコトバが
あれからずっと私の中に残っている。
「ココロがカラダを制御していると思っているかもしれないけど、
 ココロはカラダの一部なんです。
 先ずはカラダを動かしなさい。」

先ずは掃除かも(笑)
汗かいて掃除して、とっちらかった部屋を片付けようかな、と思います。


*画像*
黙って咲くサクラ。
黙ってエネルギーをくれる。
春がくるね。


関連記事
02/18 05:39 | 「日々」 | CM:6 | TB:0
とうきょうへ
20070217152006.jpg

建国記念日のあった3連休に、
私たちの仲人さんを囲んでの会があって、東京へ。
子どもは夫の実家でお泊りで、夫婦ふたり、2泊でいってきました。

昨夏に、自分の用事で上京した時は日帰りだったので、
今回は少しゆっくりできました。
中野に宿をとり、学生時代から住み、こよなく愛した街、
今も愛する街、西荻へ。
数ある古道具屋さんをのぞきながら、ぶらぶら散策。

ふたつの嬉しい再会がありました。

なんのアポもなく、突然連絡した学生時代の友ミッキィ。
会えた時のために、かわいい娘ちゃんに小さな小さなお土産を用意、
会えなかったら会えなかった、だと思いながらも、
きっと会えるような気がしていたから不思議。
不届きモノの私たちに、ミッキィ夫妻ったら
あったかく「あがっていって」と。(サンキュー・泣)
娘ちゃんとは確か初対面だよな、と思うのに、
にぎにぎしたかわいい小さな柔らかい手の感触から、
突然やってきたオバチャンに少しココロを許してくれているのが伝わり、
優しくてかわいくて、両親譲りの大らかちゃんなんだろうな、と、
そんなこと感じた束の間の逢瀬。

ミッキィのすばらしいマンションを後にし、
三月の羊
に寄って軽く腹ごしらえ、
また数件アンティークショップを巡ったのですが、
その時に嬉しい再会のもうひとつ。

20年前によく通ったSouth Ave.(サウスアベニュー)というお店、
大学の、仕事の帰り道、よくふらりと寄ったものでした。
改装して新しくはなっていたものの、
オーナーさんの変わらぬ笑顔がそこにあり、しかも、
私のことを覚えていてくれました、すごい。
(そっか、7、8年は通ったもんなー。)

その頃のサウスは、今とはちょっぴりだけ品揃えの方向が違って、
昭和や大正の着物の品揃えが豊富で、成人式用に、卒業式の袴に、と、
オーナーさんに一緒に選んでもらったのでした。
美味しい茉莉花茶を何杯も注いでくださり、御馳走になりながら、
いろんな話をしました。
私が古いモノ好きなことはよーくご存知なので、
「今は地方でも皆さんがんばってますよ。
 私もこの仕事を始めたのは、30代後半だったの。
 いろんなことやってみたらいいのに」と。
経営のノウハウみたいなことまで教えてくださりました。
ありがたいこと。
オーナーさん、相変わらずショートが似合って、カッコよくて、
全然変わっていない…。めざしたい、私も。

で、サウスから我が家にお嫁にきたのが、画像のちっさなあのコ。
とってもかわいい。
もともとどこんちのコだったのかわからないけど、
きっと寒いところなんでしょうね。
北陸へようこそ、です。(もしかしたらおかえり、か。)
オーナーさん、このコがいなくなるのがちょっぴり寂しそうでした。
その分、うちでかわいがってあげよ。


関連記事
02/17 12:49 | 「住」 | CM:4 | TB:0
ふたたびかもめ
cm_prephoto1.jpg
Pascoの超熟のCMでサチエに再会。
荻上直子監督やカメラマン、スタッフも映画と同じ現地スタッフで、
ロケもヘルシンキの「カフェ・スオミ」で、というホンモノのかもめ!

あの「いらっしゃい」がまた聞けるのもウレシく、
私の中のかもめ熱が再び上昇中です。
原作本やパンフをまた繰ってみたり、サイトにちょこちょこ訪れたり。
ココで何度もムービーが見られるので、つい見ちゃってます。
DVD買おうかな。

なにがこんなにスキなのか。
なににこんなにヒカレルのか。

いつもの解析癖で見つけたくなるけれど、
スキなものはスキ、ヒカレルものにはヒカレル、でいいのでしょうね。
敢えて言うなら…
「あったかくて、ぶれずにいて、シュール」な感じかな。
って、やっぱりほりさげモード(笑)


関連記事
02/15 18:26 | 「読」「観」「聴」 | CM:2 | TB:0
しごとすたーと
20070205163234.jpg

仕事が始まっています。
職場は違いますが、夫の仕事で東京から他県に越すまで
続けていた仕事です。

私ごときの、週2とか週1とかそんな程度の仕事だというのに、
夫も、子どもらも、気にかけてくれたり、復帰を喜んでくれたり。
友達も、あれこれメールをくれたり、マブ友に至っては、
「再スタートおめでとう♪これで汗を拭き拭きがんばってね」の
あったかメッセージが添えられた、タオルハンカチを贈ってくれました。
…恐縮っす。(涙)

週2とか1とか、とは言え、責任のある仕事。
今は、新卒のあの頃のように、がむしゃらではないけれど、
パワーもないけれど、初々しさもないけれど(笑)、
いい感じに力を抜いて、いい具合に周りに気配りして、
やっていこうと思っています、感謝しながら。


*画像*
明日から仕事だー!という前日にあちこち買いモン、買ったものの一部。
急須。マグツリー。スープカップ2個。
急須はヒビが入ったので新調。
スープカップも、取っ手が割れたので新しいのを。MUJIのを。

必要だけど、仕事に全然関係ないものばかりだし…。
別に仕事始まってから、仕事のない日に
買いに行ってもよかったのだし…。
今思えばね、この前日、緊張していたんだろうな、私。
買い物や何かで気持ちを反らしたかったんだろうな。
こんな、私の強くない部分が、ちょっとだーけ、
いとおしかったりします…、ワハハ。


関連記事
02/05 18:20 | 「住」 | CM:10 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。