スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
もったいながらず
20070126003919.jpg

ノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさんも、
それからもったいないばあさんも、
みんな推進している「もったいない」運動。
自然を、資源を、できる限り再利用、大事にし、
私らの地球を守ろうよ!という…。

ところが、勘違いする私がいまして、全く!
なんと、自分のカラダを、ココロを、動かすことを
「もったいながっている」んですよ、私ったら。
守るのは地球。「もったいない」のは資源のむだ遣い。
自分を必要以上には守るものじゃないし、
「もったいない」のは私のエネルギーじゃない…。

と、自分に言い聞かせるべく、ここで今記事にしてみているわけでして。
なんかね、自分のチカラを出し渋っている自分にコラ!ってしたくて。
関連記事
スポンサーサイト
01/26 01:22 | 「食」 | CM:6 | TB:1
さいきん
20070121162515.jpg

松の内があけても、しばらくぼーっと過ごしたのだけど、
先週は、急に予定が埋まりました。
いろんな用事(学校や子どもの部活や町内)があったり、
新年だし会おうよ、的にいろんな人と会って、いろんなハナシをしたり。
お正月が家族や夫婦で割とゆっくりしたものだから、
先週のような濃さで時間が流れると、あらためて実感します。
いつも、自分たち家族がいろんな分野の集まりに身を置いて、
それぞれに関わらせてもらって暮らしているのだということを。

ニュースでもいろんな事件が報じられましたね。
年が明けてからまだ20日程の間に、本当にいろんなことが。
それらの事件について私なりに感じていた時間も、
「濃い先週」の出来事のひとつ、と言えるかも。

例えば、老舗の洋菓子屋さんの問題についても、少し考えてしまった…。
その洋菓子工場にもいろんなジジョウがあったのだろうと思うからね、
そこらへんについては、何も言えないけれど、
私がそこから何かメッセージを受け取るとしたらなんだろな、
と考えました。

商品のバリエーションが豊かな日本で、
消費者として何を選択していくか、ってことかな。
・たくさんある商品の中から、
 安心できる材料で、きちんとつくられているものを選択する
・それにはそれなりの金額がかかるものと理解し、意識をもって選択する
・その価値と作り手の思いを感じながら、大事にありがたくいただく
少なくとも私は、そういう選択をしていこう、と思いました。
消費者の目線ととニーズが企業を育てていくんだろうな、と思うから。
長年愛されてきている会社なので、がんばって再建してほしいものです。

あとね、その洋菓子屋さんに関してもうひとつ。友達に聞いた話から。
その友達の知り合いは、その洋菓子屋さんのフランチャイズ店の
店長さんらしくて。お子さんが小学生と中学生だそうで、
学校で「お前んちって…」となんだかんだと
イヤなことを言われるんだとか。あぁ…。
聞いて思いました。
正義感をもって、騒いで暴いて責めるのは簡単なこと。
でもね、どんな人にも、ご家族だとか、その人の暮らしだとか、
もあるわけで。何でも十把一絡げにせずに、
そういうウラっかわの部分にも思いを配る想像力を持ち合わせていたい、
そう思ったのでした。
物事を平面的にとらえるのではなくて、多角的に、というか。

と、少しぼやけたコメント、ふたつばかり。さいきんのことから。


*画像*
evony ivoryのリネンニットエプロンワンピースは、
色・素材・形…ダイスキなテイストです。毎日でも着たいです。


関連記事
01/21 16:33 | 「衣」 | CM:6 | TB:0
けんたろうんちのおべんとう
20070118223107.jpg

ケンタロウんちの食卓を注文、届きました。

読みました。
文章も私のツボをつきまくっており。
ケンタロウの小さい頃の食卓にまつわる思い出が書かれて、
そんな古い写真も本のところどころにあって、
メニューも再現され、レシピも載っていて。
しかも、stylingまでがケンタロウで、そのセンスを感じました。
ケンタロウという人はタダモノではありませんね。ヤバイです。
(ちょこっとだけ、私の4歳上の兄に重なるんだよな。
 丸刈りとヒゲとタレ目と料理人なところ。
 兄はこんなに有名な人ではありませんが。)

一番好きな頁はp33。
だってね、なんつったってアルミ箔!アルミ箔なんですよ、奥さん!
もう泣きそうになりました、懐かしさで。

だってね、このお弁当以外のページは、
レトロさの醸し出し方もちょっとオシャレ風なわけです。
ランチョンマットの柄とか北欧系な昭和だったり、
チーズケーキのお皿はグレー×白の水玉なんだし、
お茶漬けも渋い色のニットコースターみたいのんにのっかってるんだし、
もうね、すばらしい。かわいい。
そんなオシャレなstylingの中で、アルミ箔。アルミ箔なんです。
昭和なお弁当は、こうじゃなきゃ!ってね。
「敢えてアルミ箔」の、このお弁当にはもう釘付け。

今でこそ、おにぎりをかわいく包むセロハンや、
カラフルなおかずカップ、しょうゆ入れ、ピックなんかがあるけれど、
ひと昔前は、アルミ箔、緑のバラン、つま楊枝とかね。地味。
私も、よく遠足に持たされたのは、ゆで卵を殻のままアルミ箔に包み、
そこに塩をつまんで入れてあるもの。
むいた殻をつい広げてあるアルミ箔に入れちゃうんだけど、
そうすると、塩を付けて食べる時、殻までくっついちゃって、
ガリ!となって、ゲッ!ってね(笑)

母となった私、ちょいといいお母さん気取りで、
ポップに、カラフルに、と子どもの弁当を作ろうとしてしまうけど、
見た目ばかり重視で、つい便利な冷凍食品も使ってしまうもの。
しばし反省していました。

素っ気無くて、無機質で、地味な感じのアルマイト弁当箱や、
アルミ箔だからこそ、
ごまかさずにしっかり「おかず」を作って、きちんと詰めようと、
昭和の母たちはしたのでしょうね。
勿論、私らの世代でも、
ちゃあんと手をかけてお弁当を作る人はいるけれど。
子どもらが大人になって私という母を思い出す時、
泣けるような温かい温度と共に、私を思い出してもらえるような、
そんな母になりたいものです。

何せ、こういうあったかくてダサいもの、ダサ目のあったかさには、
腰砕け、完全ノックアウト!です。
「オシャレ」「トレンド」「ハイセンス」…勿論目指したいけれど、
その反対方向な、気の抜けた感じ」「質実さ」がほっとして好きな自分も
大事にしたいと思うのです。



関連記事
スレッドテーマ [ グルメ … お弁当 ]
01/18 23:54 | 「読」「観」「聴」 | CM:2 | TB:0
いきている…
20070115231049.jpg

爪切りで爪をパッチンと切る時よりも、
2ヶ月前にドアで挟めた小指の血豆が
少しずつ少しずつ押し上がってきているのに気づく時の方がずっと、
「爪が伸びていること」を実感できる感じがします。
それは亀の歩みよりゆっくりだけど、爪の伸びに、
「あたしって生きている」と実感できたりします。

当たり前に爪が伸びていると思ってこれまできたけれど、
この血豆チャンのおかげで、
「自分の爪の伸び」をいとおしく思うことができました…
って言ったら大袈裟かな(笑)

子どもの時に身長が伸びることも、成長という変化だけど、
大人になって伸びが止まることも、「もう伸びなくなった」という変化。
おばぁちゃんになって身長が縮むことも、骨の老化という変化。
成長期の成長ばかりじゃない。
人間は、生き物は、止まらず、絶えず、変化し続けていくんだよねぇ。
今、という時を刻みながら、変化して、生きる…。

暖冬の一日。
秋晴れのような日だったからか、今日はそんな空想モード。
こんなことを、いつかも考えていたような。

…思い出しました。
bump of chickenの曲「supernova」を聞いていた頃。
(視聴デキマス→ 

*****************************************************************
「supernova」

熱が出たりすると  気付くんだ 僕には体があるって事
鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事

君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の大事さは 居なくなってから知るんだ

伸べられた手を拒んだ その時に 大きな地震が起こるかもしれない
伸べられた手を守った その時に 守りたかったのは自分かもしれない

君の存在だって もうずっと抱きしめてきたけど
本当に恐いから 離れられないだけなんだ ラララ

人と話したりすると 気付くんだ 伝えたい言葉が無いって事
適当にあわせたりすると 解るんだ 伝えたい気持ちだらけって事

君の存在だって こうして伝え続けるけど
本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ ラララ

僕らの時計の中 ひとつだけでもいいから
本当を掴みたくて 本当を届けたくて

歳を数えてみると 気付くんだ 些細でも歴史を持っていた事
それとほぼ同時に 解るんだ それにも終わりが来るって事

君の存在だって いつでも思い出せるけど
本当に欲しいのは 思い出じゃない今なんだ

君を忘れた後で 思い出すんだ 君との歴史を持っていた事
君を失くした後で 見つけ出すんだ 君との出会いがあった事

誰の存在だって 世界では取るに足らないけど
誰かの世界は それがあって 造られる

君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の存在は 居なくなっても ここに居る

僕らの時計は 止まらないで 動くんだ ラララ
*****************************************************************


関連記事
スレッドテーマ [ 小説・文学 … つぶやき ]
01/15 22:58 | 「日々」 | CM:4 | TB:0
かがみびらき
20070111223556.jpg

鏡開きでした。
「武家の風習が始まりの行事ですから、
 餅を切るのに切腹を連想する刃物は使わずに木槌などで…」
とは言うけれど、思い切り包丁でザクザク(笑)

なんでかといえば、いつもお鏡さんをカビさせてしまっているので、
今年はそうならないようにと、透明のエージレスパックのまま
お飾りさせてもらったのです。当然、カビなし、割れなし。
そして、その固さは、トンカチで割るには少しやわすぎ、
包丁に体重をのっけて、えいっと切るに丁度よい固さだったのでした。
どれもこれも非・常識で、面目ない…(汗)

味付けは、家族の好みで、大根おろしとあずき。
おろしはびしゃびしゃの甘め。
美味しく、ありがたーく、神様のお下がりをいただきました。

今日は1月11日。今日という日についてちょっと。
関連記事
01/11 22:25 | 「食」 | CM:4 | TB:0
おっとたんじょうび
20070110141202.jpg

夫のBirthdayが少し前に。
大したことはできませんが、リクエストに応えて、
タコライス+オニオンクリームスープ、デザートにロールケーキで夕食。
ロールケーキは、生地、焼き上がりが薄めでガッカリ。ゴメンよぉ。

課題だな。次、がんばるぞ。
このキモチが冷めないうちにと、
Amazonでくるくるロールケーキを注文しました。
ブックレビューは「頁が前後がして読みにくい」とか「甘め」とか、
賛否両論だったけれど、イメージすることも大事、と。
あんなくるくるなかわゆいのが作ってみたいよなぁ。

プレゼントは、子どもらから絵と手紙やお手製ミサンガ、
私の兄と母からニットキャップ。私からは財布。
気に入って使ってた黒の財布、スナップがあまあまになり、
同じものを、のリクエスト。
DINOSで買ったのが数年前。
やはりDINOSにはもうなかったけど、
楽天で色違いのチョコ色のを見つけられました。ヨカッタ。

こだわるところはこだわる割に、雑でえー加減な私。
今日だって、ブーツを左右色違いで履いたまま、買い物に出かけ、
スーパーの駐車場で微妙なヒールの高さ違いで気づいた。わはは。
迷ったが何も買わずに引き返す。(迷うなよ。)
こーんな私にも、夫はいつも優しくて。
おめでたい誕生日、特別な感謝を。ありがとう!!
それ以外の毎日も感謝、ありがとう!


関連記事
01/10 14:13 | 「食」 | CM:6 | TB:0
おしょうがつ
20070106103727.jpg

2007年があけました。
今年も、がんばったり、がんばらなかったり…な私ですが、
あらためましてヨロシクです。

元旦からヤラレタものが、この新聞広告。資生堂の。
ブラボー!ビューティホー!
2005年末から続いているこのコポーレートコピー、
「一瞬も一生も美しく」は、ホント、
思わず「ハイ、がんばります」と誓ってしまいます。
日産の「モノより思い出」と同じ位すばらしいメッセージで。
何より、この写真のデザインでいこうと企画した人、天才!
このベビちゃん見てると、母乳もよおしそう(笑)
そしてこのオンナの人、足の指先から襟足から何から何まで、
惚れ惚れです、同性として。

年末は大掃除を早めに(雑に)終え、
子どもらは夫実家へ一足先にお泊り。
私たちはお昼まで寝ていたり、おなかがすけばゴハン食べにいったり、
銭湯に行ったり、お気楽なオトナ二人の年末を過ごし、大晦日から合流。
元旦からは夫両親と海の宿、海月にカニ三昧の1泊。
生まれて初めてタグ付きのカニ。さすがに美味しかったです。
贅沢な味覚。もったいない、ありがたい、もったいない。

あぁ。今、ちょっと思ってしまった。迷ったけど書く。
関連記事
01/06 11:39 | 「日々」 | CM:4 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。