スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
気づきの2月
961488768c9911e3b6f312f6ed7cc065_8.jpg

節分も立春も過ぎて、東京にもどっすんと雪は降れど、
もう春のはしっこに立っているのだねぇ。

久々に、のこりもんじゃない昼ごはんをいただこう。
切っただけ、焼いただけ、なんだけど、豊かなきもちになりました。

そういうゆとりフルな時間や一日もあるけれど、
そりゃあやっぱり、折れる日、しおれる日もあって。

でもね、そんななかにあった時、
ひざをポン!とたたいて気づけたこと、あり。

湯船のなかで気づけたそれは、ものすごくものすごく当たり前のことだったよ。
マイナスのこころのまま、時間を過ごしてもなーんにも変らない、ということ。
まるで、空気みたいに近くにいる大事なヒトやコトの大事さに、
はっと気づけたときの新鮮さとありがたみにも似た気もちが、
ぷあーっと体に満ちていった。
なんで今までこういうふうにしてこなかったのだろうね、あはははは、と、
気づけたことで軽くなって、笑いがこみ上げた。

わたしのような、センギョウシュフという職業は、
生きていくのにとても大事な作業で日々が埋められているけれども、
センセーショナルな出来事も起こりにくいし、
スケジュールに過密さはあまりないことから、
マイナスごころを他のことで上書きしにくい。更新しにくい。

でもさ、しょんぼり感に浸ったって、
しょぼくれた原因をあっちこっちから眺めていじくりまわしたって、
大して状況は変わらないわよ、変わらない。
人生は長いようであっという間。
だったらそう、同じ時間だもの、
好きなことし、楽しいこと考え、過ごしましょうよ、ってね、思ったわけなのです。

それと合わせてもひとつ、ひざポン!で気づいたこと、ありまして。

今日のお昼ごはんみたい小さな幸福感だとか、
いろいろなサイズ、いろいろな分量で、あぁ幸福と思うわたしの日々。

幸福ってうれしいけど、少しこそばゆい。
ありがたい、と思う片方で、
いいのかな、いいのかな、申し訳ない、って思いがぷかぷか浮かぶ。
人生、プラマイゼロっていうし、プラスを使い切ったら、
あとはマイナスしか残ってないかもよ、という不安も浮かぶ。

こういう気もちはあまりよろしくないね、と、なるべくソッコーでしずめる。
どうしたら、そんな気もちがぷかぷかしないか。

あぁそうか、プラマイプラだっていいんだわ。
余ったプラスは、誰かのお役にたつように使わせてもらおう、そうだよ、そうだ。
わたしがプラマイマイ、のときだってきっと、
プラマイプラのひとのプラスをいただいて、助けてもらってるはずだもの。
えぇやん、プラマイプラ!
ブラボー、プラマイプラ!

応用編メモ。
このふたつの合わせ技。
①マイナスごころに傾いたとき、そこから突破するために、    
 遠慮せずに楽しいことをどんどんする。
 プラスにこころを傾けていく。
 幸せを受け取ることに、後ろめたさなど持たないで。
②そうやってあたたかな気もちになれたら、それを小さくでも拡散させる。
 豊かなこころをシェアする。
 やさしさのバトンを次のひとに渡す。 
 
わたし限定色の強い気づきなので(みなさんはすでにお気づきのことだと思うので)、
盛んに発信はしないけれど、
ひと月にふたつも、これからの人生を変えていきそうな、ひざポンの気づきができたなんて、
えらいわ、わたし、と自分をほめて育てるトシオンナ4度目。


スポンサーサイト
02/15 21:48 | 「想」
わかるやつだけわかればいい
sora.jpg

あまちゃんは、
早あま、朝あま、昼あま、遅あまと、多ければですが日に4回、
泣いて笑っていました割に、別段あまロス症状も出ず。

ですけれど、あれからずっと、花巻さんの名言を抱えて暮らしています。

「わかるやつだけわかればいい」。

わたしの腹の…、そうね、丹田あたりにずっといて、
何かを選ぶとき、決めるとき、そういうときにぷほっと浮かび上がって、
そしてまたわたしの腹の中にかえっていくような心地。

いいの、いいの、
わかるやつ、は、わたしひとりでもいいの。究極のハナシね。

わかってほしい人数は、年々減ってきている、たぶん。
楽チンだ。自由だ。
と空を仰いでバンザイ!な気持ちの一方で、
いや待てよ、これは"こわいもんなしのオバチャン"化ではないかと
その加速にエンジンブレーキを効かせてもいるのですがね。

18の長女が時々、
自分の「好き」と「認められたい」気持ちとをせめぎ合わせて
窮屈そうにしているのをみると、
しょっぱく、切なく、みずみずしく。
今はたくさんたくさん胸をきゅーとさせて、
都度都度、そのふたつの気持ちの間でうまく折り合いをつけて、
徐々に徐々にこっち側の楽チンにおいでね。


11/02 08:34 | 「想」
kちゃん


友が天に召されました。
大学時代の友。
長いこと患っていました。
いつも前向きでした。笑顔でした。
雨の中の弔問の人の多さが、kちゃんとkちゃん夫婦の人徳を物語っていました。
最近では心が弱り、そういう自分を責めることもあった、って。
そりゃそうだ、kちゃん…。

命尽きるまで、込めて生きたね。
すごいことだ。
生き様、ありがとう。

そっちはどうかな、kちゃん。
こっちは変わりないよ。
ただ、ぼーっとしていると、哀しみの水位が上がりそうなので、
せっせこ手と足を動かして、懸案のあれこれを片しているよ。
お線香を焚いているよ、日に何度も。

いつか、そっちで会おう。
それか、またどこか、あっちで会おう。
何度も何度も、ありがとう。


10/23 00:06 | 「想」
template design by takamu
Copyright © 2006 meg All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。